ニュース

その他ニュース: 最新の記事

その他ニュース: 月別アーカイブ

 
[2006.05. 5]

K バレエカンパニーの『ジゼル』公開リハーサル&ダンサー会見

 去る4月25日、間もなく開幕するK バレエカンパニーの『ジゼル』(2001年初演、演出・再振付:熊川哲也、舞台美術・衣裳:ピーター・ファーマー)の公開リハーサルが、小石川にあるK バレエのスタジオで行われた。

『ジゼル』は、K バレエにとって旗揚げ2年目の、最初の古典全幕バレエの独自プロダクション公演であり、熊川哲也は『ジゼル』に感動し、英国の舞台美術家ピーター・ファーマーを迎えて、最初に演出・再振付を手掛けた古典全幕バレエであった。
今回は、2003年以来3年ぶりの再演である。

  アルブレヒトを踊るのは熊川哲也、タイトルロールは初演時にも共演したヴィヴィアナ・デュランテ。さらにジゼルを康村和恵、荒井祐子、松岡梨絵が踊る。ま た今回初役の荒井祐子と主役デビューとなる輪島拓也(東京文化会館)、荒井と芳賀望(大阪フェスティバルホール)、そして松岡梨絵とスチュアート・キャシ ディ(オーチャ-ドホール)が初めてのパートナーを組んで踊る。

公開リハーサルでは、楚々として引き締まった荒井祐子と、しっかりした姿体の輪島拓也が踊り、エリック・ピックフォードに踊りの細部の指導を受けた。

リハーサル後のダンサー会見で、康村和恵はドレスデン歌劇場バレエ団に在籍した際には『ジゼル』の主役に抜てきされたが、芸術監督のデレヴィヤンコ版 だったこと。荒井祐子はジゼルを踊るのは初めてだが、幸せな第1幕と不幸な第2幕の違いを心で踊りたい。松岡梨絵は純粋な少女と死後のウィリーという違い の中で感情を表すのが難しい。輪島拓也は熊川から2週間ほど前にアルブレヒトを踊ることを告げられ「気合いを入れて踊るように」と言われた、とそれぞれが 『ジゼル』の舞台への想いを語っていた。
(5月13日より6月20日まで全国公演)



荒井祐子

松岡梨絵

康村和恵

輪島拓也