ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

Re:BourneのCurtain Raiser(リ:ボーンの前座公演)が無事に大成功で終わりました!!

『Sleeping Beauty(眠れる森の美女)』のアジアツアー、シンガーポール公演を終え、いよいよ Re:Bourneの前座公演のためのリハーサルが上海で始まりました。

1609mami07.jpg

カンパニー・メンバーは1週間お休みでバリ島などに行っていましたが、私とソフィアはリハのために上海に入り、ロンドンからはケリーが参加し、3人で約6分の作品を創りました。
まずは、私たち3人だけのリハです。ミーティングでは、どんな内容で進めるか。初日のワークショップの前半でキャラクターがある人、演技ができる人をどうやって見つけるか。
また、それぞれのシーンで参加者にダンスを創ってもらいますが、どういう指示を与えて、導くか。レパートリーの振りも少し入れるのでどこにどうやって入れるか。などを話し合って決めました。そして3人で幾つかのシーンの振りを創りました。
今回は、初めてのアジアでの Curtain Raiser(リ:ボーンの前座公演)でもあり、また子供たちではなく大人の参加者ということで、いろいろと初めてづくしでした。
参加者は総勢30名ほどで、車のデザイナーさん、弁護士、エンジニア、ホテル勤務、主婦など、お互いを知らない同士の中でのリハでしたが、楽しく、チャレンジされていました。まずは、土曜日、日曜日は10時から6時までと長いリハーサルをしました。
土曜日の午前中にウォーミングアップ、キャラクター作りのワークショップをし、ランチ休憩の時に役を決め、午後から早速シーン1のリハをしました。
土曜、日曜は6時間半ですが、皆さん働いていらっしゃるので月、火、水は2時間半だけで、木曜日にはテクニカルリハと本番という時間数が少ない中でのリハでした。
その上、英語なので中国語の通訳さんが間に入るのでそれにも時間がかかり、ランチは1時間半は必要と言われ、お国の違いでの中でのリハでしたが、皆さんとにかく熱心でした!!
シーン1は、5つのグループに分かれ、私とソフィア、ケリーとで指導し、最後の1時間は忘れないように何度も踊ってもらいました。というのも、次の日は、シーン2を創らないといけないので、シーン1を練習する時間がないからです。

1609mami08.jpg

2日目は、長いダンスシーンですが、なんとかギリギリ創り終え、レパートリーの振りも覚えてもらいました。
1日目に、後ろの方でちょっとしか踊らない方が物足りなさそうな顔をされていて、2日目の午前に来られなかったので、主催者側に「あの方はとても良いものを持っていらっしゃるのでシーン2でセンターに必要です。午後からリハに来てもらうように言ってください。」とお願いし、午後から来てもらい、重要なパートをお願いしました。その後はリハが終わっても練習されていて、しっかりされている方だったので、最後は目を輝かし大満足の表情をされていました! それを見られてとても良かったです。
30人の参加者で、3つのシーンがありますが、なるべく平等に前でも踊ってもらうように位置を変えたり、踊れなくてもジェスチャーやシンプルなアームスの動きで前に来てもらったりと私たちも工夫しました。
3日目は、2時間半だけで皆さん仕事帰りなので疲れていて、最初にシーン1とシーン2を通しましたが、半数以上の方が忘れていて、でも時間がないので、そのままですぐに新たなシーン3に入りました。
シーン3は、マーチのように歩いたりと構成で見せるようにしていたのですが、これが!振りを教えたり、自分たちで振りを作ってもらうより時間がかかり、次の日も使ってやっと終わりました。
最後の日は『ザ・カー・マン』や『くるみ割り人形』でおなじみのアランもロンドンから来ていたので、ソフィア、ケリーにアランが参加して2時間半、最初からクリーンアップをしたそうです。私は、この日は舞台出演日だったので、参加できませんでしたが、前日までに創り終わっていたので、ビデオを撮ったのをスタッフのメンバーに見せて気になることを伝えていました。
いつもの Curtain Raiserは、参加者が平等にワークショップを受けられるように、作品ももっとアブストラクトでストーリーはなんとなく、あるような感じ、例えば、最初のシーンは眠るシーン、2番目のシーンは夢の中の踊り、3番目のシーンはナイトメアなどです。でも今回は、メインの二人姉妹、5名の妖精とキャラクターも決め、最初から最後までストーリーが繋がっているようにしました。もちろん、アンサンブルの方の方がたくさん踊れるようにしました。

1609mami06.jpg

びっくりしたのは、表情が良いこと! 皆さん怖がらず、いろいろな役を表情豊かに演じていました。
当日は、プロのスタッフさんから舞台上での注意や照明合わせ、場当たりやカンパニーメンバー、マシュー、エタにも最後の通しを見てもらったりと朝から盛りだくさんでしたが、皆さん初めての大舞台に立つという感じより、わくわくされてとても素晴らしかったです!
お国柄で違ったのは、携帯はスイッチを切ってください。リハでは使用しないでください、袖には持ってこないでください。と言い続けても、ほとんどの人が携帯を舞台袖に持ってくるので、最後は、袋に入れて預かりました !^^;
上海ではポケモンゲームはなくても携帯はポピュラーでした。

1609mami01.jpg

大舞台でのパフォーマンスを終え、そのまま席についてもらい、『Sleeping Beauty』を観劇してもらいました。
皆さん、同じ舞台でプロのダンサーたちが同じ音楽で踊っているのを観て感激されたと思います。(もちろん、違う振りや内容です。)
今までに劇場に来たことがない方も、友人や家族が前座公演に出演するからと劇場に初めて来る方もいますし、参加者もプロと一緒に一つの目標を持って素晴らしい経験ができ、大舞台にも立てます。
イギリスや、アメリカでは子供たちが対象でしたが、今後は上海だけでなくアジアツアーの時もワークショップだけでなくこういう前座公演ができればな。とRe:Bourne側は思っています。
さて、上海ではまだワークショップがダンススタジオで二つあります。ソフィアとケリーは無事に前座公演を終えてイギリスに帰ったので、私とアランで指導します。その後は北京でもRe:Bourneのワークショップがあり、最後は東京でも開催されます。

そしていよいよ東京公演です!
下記が1週目の私の出演する予定日です。
今回は、演技が主のキャラクターの役で4幕だけ若いダンサーたちと一緒に踊っています! ぜひ、劇場にいらしてください。
9月14日(6:30pm〜)、15日(6:30pm〜)、17日(12:30pm〜)、18日(12:30pm〜、5:30pm〜)

1609mami02.jpg 1609mami03.jpg
1609mami04.jpg 1609mami05.jpg