ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

ブロードウェイミュージカルを学ぶインテンシブ、TBE山梨が今年もパッションあり、刺激ありの大成功でした!

今回は、山梨の航空学校にある「ウイングシアター」の会場をお借りして宿泊付きで開催となり、それこそアメリカのサマーインテンシブや映画でよく見るサマーキャンプのように集中して、全国の同じようにミュージカル俳優を目指している仲間たちと寝泊まりをする形で行われました。
やっぱり、通われる形式より、宿泊付きの方が全体の伸びが良いというか早いですね。

1805_TBE18004.jpg Photo:Natsumi Tokuyama

朝9時から始まり、ダンス、芝居、ヴォーカル、ダンス&ソング、モノローグ、歌の解釈など教わり、5時に終わって、脳も体も疲れて満員電車に重い荷物を持って帰り、次の日までに覚えないといけないセリフや歌詞などを復習して、また朝早く通勤電車に乗って来るより、歩いて5分で宿泊地に着き、新しい仲間と食事して、寝るまで一緒に英語の歌やセリフを確認したり、読み合わせをしたり、ダンスの得意な人に振りを聞いたりとできるので、次の日に練習してきたな、それもたくさんしてきたな、というのが良く分かりました。
アダルトコースも皆さんお仕事をお休みして3日間受けてくださいましたが、それぞれの情報交換も宿泊先であって、ここでの経験はレッスン以外の収穫もあったみたいです。
指導者たちもアダルトコースの方たちとは子どもを教える時と違い、お互いが理解できる言葉を使って指導できるのでやりやすく、短期間にプッシュできた。と話していました。
講師陣では、演技で指導していることをヴォーカルでもダンスでも別々のこととしてではなく、生徒たちが繋げて考えられるようにミーティングし、私のクラスでも演技で学んだことを踊りにも入れるように指導しました。演技、ヴォーカル、ダンスの三つのことが「物語を伝えるためにある」ことを意識してもらいました。
もしTBEが学校なら1年かけて、あるいは数年かけて指導できますが、私たちは年に6日間だけなので、生徒たちが一番大事なことに気づく、あるいはそれぞれのスタジオで学んでいることにプロの世界ではどう使うか、必要かをできる限りこの短い期間で指導します。

1805_TBE18196.jpg 1805_TBE18273.jpg
1805_TBE18293.jpg

ゲストは昨年のホリプロの社長に続きゴージャスで、演出家、振付家でもある謝珠江先生でした!
模擬オーディションの審査員として参加し、フィードバックも丁寧にしてくださいました。本当にチャーミングでパワフルで素敵な女性です!
劇団四季時代の私の16歳の時の初舞台(リハーサルの時は15歳です。)『ハンス』(アンデルセン物語)で謝先生の振りを踊れて、楽しくて仕方がなかったのを今でも鮮明に覚えています!
受講生たちはラッキーでしたね!

次はニューヨークで夏に行われます!
開催日:7/30〜8/12。お申込み締切は6月末。
1週間コースと2週目のスタジオパフォーマンス付きもあります。(2週目だけを選ぶことは出来ません)
詳しくは英語のホームページをご覧下さい。
ホームページ:
https://www.thebroadwayexperience.com/new-york
日本語のお問合せ先:tbenewyork@gmail.com

1805_TBE18512.jpg Photo:Natsumi Tokuyama

最後に私がニューヨークでコンテンポラリー・ダンスを指導している、Hariyama Balletの生徒たちがラトビアの国際バレエコンクールでコンテンポラリーを踊り、銀賞を二人も取りました!
一人は1位なしの2位です! もう一人は、一番人数が多くレベルも高かったそうですが、2位を受賞したそうです!
初めてのコンクールのためにソロを振付けさせてもらい、指導もさせてもらいましたが、私にとっても嬉しいスタートとなりました!
コンクールはあくまでもダンサーとしての経験の一つで、賞を貰っても、貰わなくても、そのために練習したことは必ず身についているので、次のステップにし、常に「踊る事の楽しさ。」を忘れないでもらいたいと思います。
私は東京コンクールしか出たことがなく、小学生の時にグループでの参加はバレエも現代舞踊も入賞しましたが、中学生の時に参加したバレエのソロでは落ちました。それでもプロとして40代になっても仕事がいただけ、ダンス、舞台だけで食べていけてバイトをする必要がなかったので、とてもラッキーです! こういうプロもいるということでコンクールが多い時代ですが、自分に集中してそれぞれの道を見つけてくださいね。

1805_IMG_5408.jpg 1805_IMG_5409.jpg
ラトビアで入賞した生徒、森重淳
1805_IMG_0844.jpg 1805_IMG_5410.jpg
ラトビアで入賞した生徒、中村玲那