ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

今、ソウルにいます!

本当に人生何が起こるか分かりませんね。
まだ、皆さんには話していなかったのですが、NAカンパニーが「エキサイトなニュース! Mami Tomotaniがマドックス役でマシュー・ボーン “Sleeping Beauty” に戻ってきますよ!」とツイッターやフェイスブックにアップされていたのですが、(リハーサルも始まっていなかったので)私も慌てて報告させてもらいました。

mami_IMG_5046.jpg

2月頃、怪我人が多く、急遽マシュー・ボーンの『Sleeping Beauty』に出演して欲しい。来週にもロンドンに来てください。とオファーがあったのは以前ここでも話しましたが、ニューヨークでの振付やTBE東京の仕事などがあったので、丁寧にお断りし、すぐに他のダンサーが参加したので、私は全然『Sleeping Beauty』のことを考えていませんでした。
ただ、昨年の秋から Re:Bourne の方からコンタクトがあり、『Sleeping Beauty』のアジアツアーで舞台に出演するメンバーと一緒に参加し、私は各国の子供たちにワークショップし、可能な国では、子供たちが1週間ほど稽古して、大劇場で『Sleeping Beauty』の前座公演を披露する計画がありました。その講師として準備、ミーティングはしていました。
ところが、急にまた怪我人が出て舞台出演のオファーが来ました。もちろん、カンパニーも私が Re:Bourne のツアーをするのは知っていたので、私とNAカンパニーとRe:Bourneの三者で3週間ほど話し合い、スカイプも何度もして、Re:Bourneの仕事もできるだけさせてもらう方向で、舞台の出演回数を減らしてもらう交渉をし、出演することを決めました。
かなりの勇気が必要でした。
この年で、若いカンパニーメンバーが多い作品に参加すること、体が大丈夫か、Re:Bourneの講師だけでツアーを回ったほうが良いのではないかと・・・
マシューの作品は、毎回同じメンバーではありません、作品ごとメンバーが変わります。この作品は3年前にアメリカツアーで参加していたので、半分以上のメンバーは知っていて、「真実はいつもツアーの美味しい時だけ来られて良いな!」と言われています。一番ハードな最初のリハーサルやたくさん手直しがあるロンドン公演、寒いUKツアーをしなくて良い、という意味です(笑)。だからこそ出演しないのですけど、たまたまここ数年は毎回、ツアーの最後の方に呼ばれていました。感謝しています。

 
mami_IMG_5081.jpg mami_IMG_5110.jpg

さて、リハーサルがソウル公演中に始まりました。カンパニーもとても親切で最初のリハは2時間だけのスタートで、体力、集中力、時差ぼけなど考慮してくれ、助かりました。たったの3ヶ月しか演じたことがないのですが、ところどころは体(筋肉)が覚えていて、私もびっくりです。:)

mami_1607.jpg

若いダンサーが私に親切に教えてくれるのですが、だんだんカウントが速くなると、 リハーサル・ディレクターが「真実にはもう少しゆっくりカウントして教えてあげて、真実は覚えたらすぐに舞台で表現できるタイプだから。」(笑)と・・・また「踊ってあげて、それを真実がビデオに撮れるし、撮っている間休めるから。」と・・・はい、とても親切に年配扱いされています。(笑)
ダンスカンパニーでは、35歳以上がいるのは珍しく、大体30代前半で独立したり、他の道に行くのが普通なのですが、ミュージカルや芝居などと同じで、このカンパニーは年配の役も時々あるので、私たち40代が戻って一緒にパフォーマンスをすることも出来ます。
今回は、4幕だけ20歳以上若いダンサーたちと一緒に踊らなければなりません。そこは自分一人で受けていますが、私の体が動くので、頑張って、楽しみながら踊らせていただきます。
ただ、衣装が・・・前回はロングドレスだったのに、今回はショートスカート! 他のメンバーから「真実は何を着るの?」と聞かれ、前回のドレスでしょう? と答えたら、それは他のメンバーがもう着てるよ。「エッ!?」
すぐに衣装さんに聞くとミニスカートを用意していると!「それだけは勘弁してほしい」とお願いしましたが、絶対似合う! と強制的に衣装合わせがありました。衣装合わせの時に鏡がなく、まだ自分で見ていないのでとても恐ろしいのですが・・・
でも、ここまで書いて思いますが、今の時代40代でもたくさん、素敵に踊っているダンサーは多くなりましたよね! 頼もしく、私も頑張ろう。と励みになります。
素敵な振付をしてくれるコンテの踊りなどが広まって良かったです。
では、Re:Bourneのワークショップもあるので全部出演しませんが、東京公演を是非観に来てください。
とっても美しい物語で、豪華なセット、衣装です。マシューならではのチャイコフスキーの音楽の解釈で、イギリスの昔の時代に戻ります。ユーモアもあり、ドラキュラなどゴシックな世界もありと、有名な話でも最後は素敵な驚きもあります。
マシュー・ボーン『眠れる森の美女』は9月14日(水)~25日(日)までです。
http://mbsb.jp/

東京での、Re:Bourneのワークショップを開催されたいスタジオや学校の皆様は、どうぞ下記にお問い合わせをしてください。東京での前座公演はプランはあったのですが、無しになったと聞いています。もしご興味がありましたら、” curtain raiser” にも興味があることを伝えてみてください。
どうぞよろしくお願いします。
Francesca Moseley
Producer and Project Manager
femoseley@gmail.com

最後に、テレビで『眠れる森の美女』が紹介されるそうです。私は、2日目のリハ中で、振りを教わっているところを撮影されています。お時間がありましたらご覧ください。
●7月24日(日)BS-TBS 10:00am- 10:30am

mami_IMG_5049.jpg mami_IMG_5059.jpg
mami_IMG_5063.jpg
mami_IMG_5071.jpg

【テレビ情報】
●100年の眠り、100年の愛 〜「眠れる森の美女」×英国バレエ界の鬼才
●2016年7月24日(日)あさ10:00〜10:30
●BS-TBSにて放送予定

■番組概要
目覚めたら21世紀、そしてヴァンパイアー
現代バレエ界屈指のヒットメーカーにより、
全く新しいおとぎ話となった「マシュー・ボーンの眠れる森の美女」。
英国バレエ史上記録的大ヒットとなった話題作の魅力を
9月初来日を前に、日本を代表する演出家 宮本亜門がいち早く観劇し、徹底解説。
また、”天才演出家””天才振付家”と呼ばれるマシュー・ボーンの創作現場ロンドンを訪ね、
本人に直撃するほか、メインキャストにも創作過程についてインタビューを敢行。
マシュー・ボーンのクリエーションの秘密に迫ります。
 


【公演情報(東京)】
マシュー・ボーンの『眠れる森の美女』
●9/14(水)〜25(日)
●東急シアターオーブ
●演出・振付=マシュー・ボーン
●出演=ニュー・アドベンチャーズ
●開演時間=14日18:30、15・21日13:30と18:30
 16・20・23日13:30、17・18・24日12:30と17:30
 22・25日12:30、19日休演
●お問い合わせ=ホリプロチケットセンター 03-3490-4949(平日10:00〜18:00/土〜13:00/日祝・休)
ホリプロオンラインチケット http://hpot.jp/
公式HP http://mbsb.jp/