ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

TBE(ブロードウエィエクペリエンス)の後半も『ビリー・エリオット』のワークショップ、模擬オーディションなどびっしりでした!

まずは、全員参加の『ビリー・エリオット』のワークショプですが、ジュリアン先生が歌を指導します。スピード感あり、歌詞の意味に気持ちを込めて、すぐに英語の歌詞も覚えるように要求していました。
その後、カーマン先生から、どれだけ早くスイッチを入れて感情を入れられるか、またすぐにスイッチを切れるか。というテクニックなど指導されていました。

1605mami01.jpg Photo:Natsumi Tokuyama

「バブルから出たら、そこは寒い世界、表して。」「はい、バブルに戻って。普通のニュートラルに。」と指導をうけたのですが、外に出てそれぞれの課題の感情はすぐに表せますが、元に戻った時にスイッチをオフにするのは難しそうでした。また、「外に出るときも、常に用意していないと。」と言われていました。
これは、役者がいろいろな役にすぐに入れること、激しい感情を使ってもすぐに自分に戻れる事、終演後にひきづらない訓練にもなるそうです。
ビリーの歌でオーディションがうまくいかず、帰ろうとするときに「あなたは、ダンスを踊っているときに何を感じますか?」と聞かれ、「言葉でうまく表せないけど、感じる、抑えられない何かを。中から湧き出すエネルギーがある。心、体の奥深いところに火がついて燃え出し、鳥のように飛び出してきて、僕には抑えられない何かが動き出す、エレクトリィシティーみたいに!」(直訳ではなく、簡潔に言うとです。)とありますが、TBEの生徒さんの中には、歌いだす時に感情が高まって泣き出す子もいます。すぐにカーマン先生が「はい、スイッチオフ」と歌と演技の一緒の稽古で言っていました。
もちろんそれ以外にもいろいろとテクニックを教えていましたが、是非、来年のTBEを受けてください。どんなことにも役に立つことでした。

1605mami05.jpg Photo:Natsumi Tokuyama 1605mami07.jpg Photo:Natsumi Tokuyama

その後、ベンと私が振りを付けました。もちろん振りを考えていたのですが、ジュリアンとカーマンの流れから、せっかくそれぞれの個性、ビリーの気持ちが出てきたから、それを使える動きにしようと、急遽、演技のクラスの4つの課題を全員にそれぞれの動きにしてもらい、そこからベンと私とで選んで、たまには変えて繋げて演出しながら長いエネルギッシュな複雑なソロができました! 
そこには、全員でなんとも言えない、それこそ言葉では言い表せない「エレクトリシティー!」が出来上がりました!!
その後は、ウエストエンドのビデオ鑑賞をしてもらいましたが、本当はオリジナルのビリー役のリーアムにメッセージを特別にお願いしていたのですが、TBEの時期に間に合わず、実を言うと先週私に届いたので、TBE受講者だけに見られるようにするつもりです。
ビリー役のリーアムは、彼がマシュー・ボーンのカンパニーに入り、私もUSAツアー、昨年も彼が主役の『シザーハンズ』で、私がベグ役(シザーハンズを引き取るお母さん)で共演したので、TBEの若い頑張っている受講者にメッセージをお願いしました。もちろん、一緒に『Sleeping Beauty』でメインのドミニクにも日本公演が9月にあるので、その宣伝を兼ねてメッセージをお願いしました。
さて、その後も朝から夕方までレッスンがあり、私も『雨に唄えば』のダンス&ソングをレベル2のメンバーに傘を持って、それぞれ公園に集まる演技から、アームスを少し前にして、肩を少し前に出す、ジーン・ケーリのスタイルで踊る稽古、しかもレベル2なので、歌も普通は歌詞を覚えて、ダンスも覚え、構成も1クラスでするのは大変なので、メロディだけなのですが、今年はできるかも、ということで歌の担当の鈴木亜由子先生がハーモニーを指導しました。もちろん、全部、たったの2クラスで覚え、仕上げるというスピードです。
ベンもハミルトンのナンバーなどそれぞれの講師陣が後半はプッシュしていました。

1605mami03.jpg Photo:Natsumi Tokuyama 1605mami04.jpg Photo:Natsumi Tokuyama

今年は、レベル1のメンバーもダンスと歌の模擬オーディションの経験をし、よく頑張ったと思います。ダンスも歌も『Once in Ireland』からでした。模擬オーディションは、30分で振りをその場で覚え、すぐに4人ずつ並んで踊ってもらいます。歌も、それぞれ課題に渡された歌を一人ずつジュリアン先生と鈴木先生の前で英語で歌いました。
レベル2の模擬オーディションは『パリのアメリカ人』からでした。両レベルとも、とても良く頑張ったので、次の日のプレゼンテーションに披露することになりました。リハーサル全然なしでも見学者の前でよくパフォーマンスしていました!
 
もう一つ、素晴らしい出来事は、TBEから今年は劇団四季の『リトルマーメイド』を観劇に行きましたが、素晴らしいパーフォーマンスを拝見して、その終演後にメインの皆様が現れて、特別にTBE受講者達に質疑応答をしてくださいました。子供たちからたくさんパフォーマーになるための質問がありましたが、途中で切れることもなく、最後まで丁寧に答えてくださり、子供たちもとても感動していました!
面白く司会をしてくださったのは、私が15歳で四季のオーディションを受け、研究生に入った『ウエストサイド・ストーリー』の時、同じ様に劇団四季に入団された荒川務さんです。『キャッツ』でも一緒に演じていたので、とても懐かしかったです。

1605mami06.jpg 1605mami08.jpg

最終日の日曜日は、プレゼンテーションを尚美ミュージックカレッジのバウホールで、たくさんの応援の中、無事に大成功で終わりました!
関係者の皆様、尚美のスタッフの皆様にはとても感謝しております。
いよいよ、この夏のニューヨークで行われるTBEの募集が始まりました!!
世界中の子供たちと一緒に、是非エネルギッシュでグローバルな経験をしてください! 詳しくは、下記のホームページをご覧ください。(右側のニューヨークお申し込みについて)をご覧ください。
http://thebroadwayexperience.com/home-japan/

1605mami02.jpg Photo:Natsumi Tokuyama