ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

アメリカの大統領が変わりました。

これからアート、演劇界にどんな影響が起こるのかみんな不安ですが、自分のことはしっかり守らなければという強いエネルギーで準備をしている感じです。
残念ですね。アートが好きな大統領でこれからが楽しみ、と思えないのが・・・。

tbe2.jpeg

The Broadway Experience(TBE)の代表、ベン・ハートリーとも話していますが、よく保護者の方から「子供にこんなにお稽古事に力を入れて、お金を注ぎ込み、将来プロになれるかもわからないのに、どうでしょう、うちの子は将来性がありますか?」と質問があります。
芸術を学ぶことは大変意義があり、必ず役に立つと私もベンも答えますし、そう思います。

私は、学者ではないので上手く説明できませんが。
現代社会は、ボタンひとつを押せば何でも物を買えて、世界中の資料を一瞬で調べられ、コンタクトもでき、短い時間に簡単に出来る時代になっています。
芸術・スポーツは同じことを継続すること、集中力を保つこと、またはすぐに成功しなくても、(波があるけど)少しずつで出来るようになる感覚、喜びが学べます。
また、一つのことだけでなく、ダンスでもリズム、振り、場所の間隔、スペースの広さ、照明、セット、小道具、衣装、音響との関係など、たくさんのことを瞬時に感じて判断する勉強もできます。コミュニケーションや助け合いも学べます。コンンピューターばかりの将来では学べないことです。
また、発表することで、自分を知ること、見せ方、エネルギーを最高に持っていくこと、本番で落ち着くことを学びます。
これは、他の仕事での面接や営業などでも役に立ちます。

tbe5.jpeg tbe4.jpeg

TBEは、プロになるためにはこれだけ素晴らしい経験ができるけど、大変な事も経験する場所です。皆さんが成長してプロのミュージカルパフォーマーにならなくても、これらの経験をすることによって、人を押し退けたり、でしゃばったりすることでなく仲間を助けること、アピールすることも学びます。
また、そして英語での聞き取りや簡単な自己紹介も学べます。
スタッフ一同世の中が変わりつつある中で将来何に進んでも役に立てばと心から願い指導をしています。

長くなりましたが、答えは、「本人が好きなら、楽しいと思うならお稽古事に力を入れて正解と思います。」将来、パフォーマーとして成功するかはそれぞれのタイミングがあるので、10代で成功する子、あるいは50代過ぎて役についたり、それぞれだと思います。

tbe6.jpeg tbe7.jpeg
mami1702IMG_6812.jpg ブロードウェイのお芝居”Humands”の舞台装置

今回、マシューの新作で『Red Shoes』(赤い靴)が始まりましたが、ほとんどの女性陣は若いので1年前からポワントの稽古をしていました。でも、ミケイラなど経験者は、二人の子供の母で忙しく、家で時々練習していたそうですが、きちんとポワントで立っています。10代、20代で鍛えた体、筋肉が覚えているのだと思います。
もちろん人それぞれで、毎日レッスンしないといけない人もいるでしょうが。
バレエダンサーではなく、ミュージカルやマシューのようなキャラクターを演じるカンパニーは、急にバレリーナ役を、マジシャン役をと言われるので、自分の体を自然に持っていく術を学んでいるのかもしれません。

さて、話は変わりますが、夫が小道具を担当していたトニー賞を受賞した芝居『Humans』を観てきました。
英語のお芝居を観るのはとても好きですが、やはり言葉が100パーセント理解できないので出だしは上手く物語に入れなかった私ですが、だんだん引き込まれていきました。
演出、脚本が素晴らしく、観る人によって解釈が変わりますが、ずっと見終わった後も考えてしまう魅力ある作品でした。
さすがトニー賞を取った作品でした!

mami1702IMG_6791.jpg ”Humands”の舞台装置

千秋楽のマチネには、ヒラリーとビル・クリントンが観劇していらっしゃったそうです。
そして!バックステージに来られて、(私の母がフロリダのケネディー宇宙センターで買った)NASAのTシャツを着ていた夫は「 Tシャツがいいね」とビルから声をかけられたと喜んでいました。

ブロードウェイはたくさんのショーが終わり、新しいショーがスタートします。
TBEアメリカに参加した男の子が主役に抜擢された、『チャーリーとチョコレート工場』、日本でヴォーカル指導されたジュリアン先生が『ハミルトン』のアメリカ西海岸の音楽監督になってリハーサルが始まったり、TBEのもう一人のヴォーカル担当のスティーブンはブロードウェイ新作の『アナスタシア』の音楽監督と大忙しです!

日本で春に開催されるTBEは限定で数名の追加申し込みを受け付けています。日本で受講された方もホリプロさんの『ビリーエリオット』や劇団四季の舞台で活躍しています! 英語でのクラスもあり(通訳付き)、英語でのオーデションの受け方も習えます。
今後にどの仕事についても役に立つ自己アピールも習える素晴らしいプログラムです。
是非、数に限りがありますが、ホームページからお申し込み下さいね。

TBE "The Broadway Experience"
ホームページ
http://thebroadwayexperience.com/home-japan/

mami1702IMG_6807.jpg mami1702IMG_6811.jpg