ニュース

コンクールNews: 最新の記事

コンクールNews: 月別アーカイブ

香月 圭 
[2017.11. 5]

ユース・アメリカ・グランプリ(YAGP)2018日本予選結果&第46回ローザンヌ国際バレエコンクール ビデオ選考結果

ユース・アメリカ・グランプリ(YAGP)2018の日本予選および第46回ローザンヌ国際バレエコンクールのビデオ選考が行われ、YAGP日本予選シニア男性クラシック2位の森脇崇行(小池バレエスタジオ)はローザンヌ国際バレエコンクールビデオ審査を通過し、2018年1月末に行われるローザンヌでの本選参加への切符も手にした。小池バレエスタジオからは、昨年度の第45回ローザンヌ国際バレエコンクールでファイナリストとして健闘した藤本結香(現在はモナコ王立グレースバレエ学校留学中)も学んでいた広島・山口のスクールだ。

YAGP2018日本予選は5日間にわたり審査が行われ、連日、長時間に渡って熱戦が繰り広げられた。同時に審査員によるワークショップも行われた。英語による指導のため、参加者たちは疑似留学体験ができたようだ。言葉が100パーセント理解できずとも、生徒たちは教師の体の動きから教えのエッセンスを汲み取っており、審査員からも子どもたちの吸収力の高さに舌を巻いたとの感想が聞かれたという。審査終了後の講評では、ダンサーの音楽性は審査のポイントの一つであるため、高度な技術を優先して踊りと音との調和が損なわれることのないようにとのアドバイスがあったそうだ。欧米のバレエ団では近年コンテンポラリーの比重が増加しているため、コンテンポラリーのレッスンを受けておくとよいとのことだった。審査員の一人であるパオラ・カンタルポが教鞭を取る学校(カンヌ・ロゼラ・ハイタワー・バレエ・スクール/マルセイユ国立ダンス学校)では、バレエとコンテンポラリーのクラスの比重は同等だという。ニューヨーク・シティでの決戦は2018年4月13日〜20日を予定している。

ユース・アメリカ・グランプリ(YAGP) 2018 日本予選結果
(2017年10月25日〜29日 会場:アルカイックホール)
●シニア部門(15〜19歳) クラシック 女性
1位  河合 宥 Yu Kawai 19歳 Mari Ballet Youth & School
2位  川本 果侑 Miyu Kawamoto 17歳 宮崎バレエスタジオ
3位  太田 彩響 Ion Ohta 15歳 森高子バレエ教室
●シニア部門 クラシック 男性
1位  松浦 祐磨 Yuma Matsuura 15歳 エンドウ・バレエ
2位  森脇 崇行 Takayuki Moriwaki 15歳 小池バレエスタジオ
3位  石井 潤 Jun Ishii 16歳 森中牧バレエスタジオ
●シニア部門 コンテンポラリー  トップ3 (男性・女性)
1位  河合 宥 Yu Kawai 19歳 Mari Ballet Youth & School
2位  立花 乃音 Non Tachibana15歳 Aiko Seaman Ballet Studio
3位  齋藤 十愛 Soa Saito 16歳 Nバレエアカデミー
3位  塚本 響 Hibiki Tsukamoto 15歳 永井与志枝バレエスタジオ

撮影:スタッフ・テス 谷岡秀昌(すべて)
S820-122.jpg 河合 宥(シニア女子クラシック1位)S857-115.jpg 松浦 祐磨(シニア男子クラシック1位)
S820-081.jpg 河合 宥(シニア コンテンポラリー1位)

●ジュニア部門(12〜14歳) クラシック 女性 
1位  中島 耀 Yo Nakajima 13歳 シンフォニーバレエスタジオ
2位  澤野 葵 Aoi Sawano 14歳 梨木バレエスタジオ
3位  後藤 絢美 Ayami Goto 14歳 川上恵子バレエスクール
3位  河合 保希 Homare Kawai 12歳 Mari Ballet Youth & School
●ジュニア部門 クラシック 男性
1位  林 能矢 Toya Hayashi 12歳 C.J.G Ballet Studio
2位  末次 正樹 Masaki Suetsugu 14歳 Aristo Ballet Studio
3位  鈴木 蒼士 Soshi Suzuki 14歳 左右木健一・くみバレエスクール
●ジュニア部門 コンテンポラリー トップ3 (男性・女性)
1位  田中 月乃 Tsukino Tanaka 13歳 YOKOクリエイティブバレエ
2位  川本 真寧 Matoi Kawamoto 13歳 金田こうのバレエアカデミー
位  河合 保希 Homare Kawai  12歳 Mari Ballet Youth & School

J553-109.jpg 林 能矢(ジュニア男子クラシック1位) J333-105.jpg 中島 耀(ジュニア女子クラシック1位)
J331-091.jpg 田中 月乃(ジュニア コンテンポラリー1位)

●プリコンペティティブ部門(9〜11歳) 女性
1位  坂本 夢 Muu Sakamoto 11歳 アビアットバレエスタジオ
2位  田中 杏咲 Azusa Tanaka 11歳 Ray Ballet School
3位  萬矢 にいな Niina Yorozuya 11歳 エトワールバレエスクール
●プリコンペティティブ部門 男性
1位  梨木 玲斗 Reito Nashiki  11歳 梨木バレエスタジオ
2位  利田 太一 Taichi Toshida  9歳 シンフォニーバレエスタジオ
3位  河野 球人 Kyuto Kono 10歳 スターバレエアカデミー

P151-138.jpg 坂本 夢(プリコンペティティブ女子クラシック1位) P176-115.jpg 梨木 玲斗(プリコンペティティブ男子クラシック1位)

●アンサンブル部門
1位  くるみダンスファクトリー “Just Another Day“
2位  シンフォニーバレエスタジオ 『エモーション』
3位 エトワールバレエスクール 『海と真珠』
●パ・ド・ドゥ部門
1位 エンドウ・バレエ/YARITA YU BALLET STUDIO 『パリの炎』よりパ・ド・ドゥ
2位 安田尚子バレエアカデミー 『パリの炎』よりパ・ド・ドゥ
3位 森中牧バレエスタジオ 『パリの炎』よりパ・ド・ドゥ

E909-038.jpg くるみダンスファクトリー ”Just Another Day” E924-005.jpg Endo Ballet / Yarita Yu Ballet Studio
『パリの炎』よりパ・ド・ドゥ

◆YAGP 2018 日本予選 参加審査員など
ジェイソン・ビーチー (ドレスデン・パルッカ・ダンス大学 校長)
パオラ・カンタルポ (カンヌ・ロゼラ・ハイタワー・バレエ・スクール/マルセイユ国立ダンス学校 芸術・教育監督)
キャレン・エリス・ウェンツ (ジョフリー・バレエ・アカデミー ヘッド・オブ・プリ・プロフェッショナル・プログラム)
ジャン・イヴ・エスキュール (オランダ国立バレエ学校 芸術監督)
ルカ・マサラ (モナコ王立グレースバレエ学校 芸術監督)
タデウス・マタチ (シュツットガルト・バレエ ジョン・クランコ・スクール 校長)
リサ・パヴァーン (オーストラリアン・バレエ・スクール 校長)
カリーン・プランタディット (トニー賞候補女優、ダンサー、教師)
クリストファー・パウニー (英国ロイヤルバレエ学校 芸術監督)
マレク・ルーズィツキー (ベルリン国立バレエ学校 副芸術監督)
ミーシャ・チュパコフ (ノース・キャロライナ大学スクール・オブ・ジ・アーツ ダンス科助教授、YAGPリハーサル・ディレクター)
セプティーム・ウェバー (香港バレエ 芸術監督)
ゲナディ・サヴェリエフ (YAGP 創設者/共同芸術監督)
ラリッサ・サヴェリエフ (YAGP 創設者/共同芸術監督)

第46回ローザンヌ国際バレエコンクールへの応募は38か国過去最多の380名(男子83名/女子297名)だった。国籍別では日本が73名と最も多く、アメリカ/韓国54名、オーストラリア48名と続く。ニコラ・ル・リッシュ、エリザベット・プラテル、クレールマリ・オスタら9名が2017年10月26〜29日ローザンヌでビデオ審査し、69名(日本人は女子8名/男子2名の計10名)が選ばれた。
2017年度ユース・アメリカ・グランプリ(YAGP)・ニューヨーク・シティ・ファイナルで4名および2017年8月11〜14日に開催された北京国際バレエ・コンクールで2名がローザンヌでの本選に招待された。さらに10月4、5日ウルグアイのモンテヴィデオで行われた南米予備選考ではフリオ・ボッカらが審査にあたり、3名を選出した。これらの招待者、予備選出者とビデオ審査通過者の合計78名が2018年1月28日から2月4日までボーリュー劇場で行われる第46回ローザンヌ国際バレエコンクール本選へ出場する。
近年、プロ養成のバレエ学校がより若い年齢での生徒の受け入れる傾向にあることから、今年から参加資格年齢が14歳6か月(本選時)まで引き下げられた。17歳未満のジュニア向けには希望するバレエ学校に留学できるスカラシップ賞、17歳以上のシニアに対してはカンパニーで研修を積むためのプロ研修費が授与される。

YAGPおよびローザンヌ国際バレエコンクール両方へ生徒を入賞させることのできるバレエ教室も増えており、YAGPの過去受賞者が次の世代を確実に育成している成功例も散見されるようになってきた。

第46回ローザンヌ国際バレエコンクール ビデオ選考通過者
●ジュニア女子 4名
宇田美久 Miku Uda(森高子バレエ教室) 
大岩 詩依 Shie Oiwa (Yarita Yu Ballet Studio)
立花乃音 Non Tachibana (Aiko Seaman Ballet Studio) 
本多 優衣子Yuiko Honda(メザミバレエ)
●ジュニア男子 1名
森脇 崇行 Takayuki Moriwaki(小池バレエスタジオ) 
●シニア女子 4名
大木愛菜 Aina Oki (ジョン・クランコ・スクール、ドイツJohn Cranko Schule, Germany)
高橋きりか Kirica Takahashi (無所属、英国)
宮原 詩音 Shion Miyahara (国立コンセルヴァトワール舞踊学校、ポルトガル National Conservatory Dance School, Portugal)
長末 春 Shun Nagasue (Yoko Kurata Ballet Studio)
●シニア男子 1名
梯 幹矢Mikiya Kakehashi(バーゼル劇場バレエ学校、スイス Ballettschule Theater Basel Switzerland)

■第46回ローザンヌ国際バレエコンクール ビデオ選考審査員
キャサリン・ブラッドニー (イゴカト・ダンス・アカデミー校長、元ベジャール・バレエ・ローザンヌ プリンシパル・ダンサー)
パトリス・ドゥレ(ジュネーヴ・ダンス・スクールおよびジュネーヴ・ジュニア・バレエ共同校長)
二コラ・ル・リッシュ(スウェーデン王立バレエ芸術監督、LAAC創設者、元パリ・オペラ座エトワール)
レティシア・ミュラー(バーミンガム・ロイヤル・バレエ元プリンシパル・ダンサーおよびゲスト・アーティスト)
クレールマリ・オスタ(LAAC創設者、元パリ・オペラ座エトワール)
イゴール・ピオヴァノ (イゴカト・ダンス・アカデミー校長、元ベジャール・バレエ・ローザンヌ プリンシパル・ダンサー)
エリザベット・プラテル (パリ・オペラ座バレエ学校校長)
シェリー・パワー (ローザンヌ国際バレエコンクール事務局長および芸術監督)
ショーン・ウッド (ジュネーヴ・ダンス・スクールおよびジュネーヴ・ジュニア・バレエ 共同校長)