ニュース

コンクールNews: 最新の記事

コンクールNews: 月別アーカイブ

すずな あつこ  
[2013.05. 8]

第26回こうべ全国洋舞コンクール クラシックバレエ部門速報

先週のモダン・創作部門に続き、「こうべ全国洋舞コンクール」クラシックバレエ部門が神戸文化ホールで5月3日〜6日に開催された。6日の決選は、ゲスト審査員に、薄井憲二、うらわまこと、小山久美、ゆうきみほを迎え、兵庫県洋舞家協会の赤松優、泉ポール、蔵本誠子、田中俊行、馬場美智子とともに審査を行った。
エントリーは、女性ジュニア2部(10歳〜13歳)が389名、女性ジュニア1部(14歳〜18歳)が358名、女性シニア(19歳〜30歳)が101名、男性ジュニア2部(10歳〜13歳)が31名、男性ジュニア1部(14歳〜18歳)が41名、男性シニア(19歳〜30歳)が24名の合計944名。兵庫県内や大阪、京都といった関西圏からの参加が多数を占めたが、一位の顔ぶれを見ると関西だけでなく全国からのダンサーが並んだ。
女性ジュニア2部1位は、『くるみ割り人形』より金平糖のヴァリエーションを踊った若林侑希(13歳・れい美花Dance Studio)、母は元タカラジェンヌだそうで、兵庫県宝塚市からの参加。女性ジュニア1部1位は、北海道から参加した佐々木麻菜(18歳・エス バレエ スタヂオ)、とても個性的な振付で『アルレキナーダ』よりヴァリエーションを踊った。女性シニア1位は愛知県から参加の中村友子(20歳・塚本洋子テアトル・ド・バレエ)。強い調子で『エスメラルダ』よりヴァリエーションを踊り、このコンクール翌日から、Kバレエカンパニーの準団員なると話してくれた。
男性ジュニア2部1位は、兵庫県尼崎市の北口雅人(13歳・北口抄子バレエスタジオ)、まだジュニア2部ながら複雑な技を入れての『ドン・キホーテ』よりバジルのヴァリエーションだった。男性ジュニア1部1位も兵庫県尼崎市からで、『バヤデルカ』よりソロルのヴァリエーションを踊った西川啓輔(17歳・蔵本誠子バレエスクール)。彼は大阪プリ・コンクールのスカラシップで、9月からロシアのワガノワ・バレエ・アカデミーに留学予定なのだそう。男性シニア1位は『ドン・キホーテ』よりバジルのヴァリエーションを踊った井澤駿(20歳・バレエスタジオDUO)。群馬県の実家から青山学院大学に入学とともに上京し、現在は東京でバレエを行っている。プロとしての活躍も目前というように見えた。
グランプリは残念ながら今年も出なかった。

以下にクラシックバレエ各部門1位の喜びの顔写真を掲載。後日、受賞者インタビューや踊りの内容に触れる報告記事をアップ予定。
*詳細順位は、下記、神戸新聞HPを参照
http://www.kobe-np.co.jp/info/youbu/2013/main.shtml

・女性ジュニア2部1位
『くるみ割り人形』より金平糖のヴァリエーション
若林侑希(13歳・れい美花Dance Studio)

・女性ジュニア1部1位
『アルレキナーダ』よりヴァリエーション
佐々木麻菜(18歳・エス バレエ スタヂオ)

・女性シニア1位

『エスメラルダ』よりヴァリエーション
中村友子(20歳・塚本洋子テアトル・ド・バレエ)

・男性ジュニア2部1位
『ドン・キホーテ』よりバジルのヴァリエーション
北口雅人(13歳・北口抄子バレエスタジオ)

・男性ジュニア1部1位
『バヤデルカ』よりヴァリエーション
西川啓輔(17歳・蔵本誠子バレエスクール)

・男性シニア1位
『ドン・キホーテ』よりバジルのヴァリエーション
井澤駿(20歳・バレエスタジオDUO)

130506kobe_01.jpg 若林侑希 130506kobe_02.jpg 佐々木麻菜 130506kobe_03.jpg 中村友子
130506kobe_04.jpg 北口雅人 130506kobe_05.jpg 西川啓輔 130506kobe_06.jpg 井澤駿