ニュース

コンクールNews: 最新の記事

コンクールNews: 月別アーカイブ

関口 紘一 
[2013.01.21]

2012 ダンスサミット in Japan開催
小学生から一般まで5部門のダンスが溌剌と踊り、競い合ったダンス・サミット!!

昨年、12月22日、23日に東京・渋谷の新装オープンしたばかりのヒカリエホールで「2012 ダンスサミット in Japan」が開催された。

2012dsj_05.jpg 一般の部<社交ダンス部門> 写真撮影:SDM

これは学習指導要領が改訂され、すべての小学生・中学生にダンスが必修科目となったこともあり、ボールルームダンスからヒップホップまで、あらゆるダンスのジャンルを集めたコンペティションを行い、ダンスの普及を目指そう、というイベントである。主催はダンスサミット・イン・ジャパン運営協議会。会長はかつて夫君の小野喬とともに東京オリンピックに参加、日本の女子体操に銅メダルをもたらした小野清子元参議院議員。
ダンスを踊る楽しさやチームでひとつの作品を作り上げる喜びを体験してダンスへの関心を深め、グローバルな時代を迎えた日本人のよりいっそうコミュニケーション力と表現力の向上に努めよう。といった大会の趣旨のもと開催された。
全体を創作ダンス、リズムのダンス、日本の民踊、外国のフォークダンス、社交ダンスという5部門に分け、小学生の部、中学生の部、一般の部に区切って審査を行った。審査に当たっては、インターネット上にエントリー作品を公開して投票を行い、投票結果を審査に加味した。結局、全体に93チーム(小学生23、中学生21、一般49))が応募の要件を満たし、決勝には44チーム(小学生14、中学生10、一般20)が進んだ。

2012dsj_08.jpg 小学生の部<リズムのダンス部門> 写真撮影:SDM

こうした様々なジャンルを一同に会して審査するためには、会場もそれなりに対応したものでなくてはならない。今回のヒカリエホールは最新の施設だけに、ホールAとホールBを一体として使用することが可能であり、Aを上演会場、Bをバックヤードとして使用。社交ダンス用にフローリング、そのほかのダンス用にリノリウムが敷かれた会場となった。
会場が、今一番と言ってもいいくらいの人気スポットだけに、開催中に偶然会場の前に足を踏み入れた人が見かけられたが、一般公開されていないために、ちょっと残念そうに去って行った。ダンスは、四角く言えば舞台芸術であるから、本来、直接舞台を観て感じとるものである。インターネットの映像で触れ合うのもいいが、できればこうした偶然の機会を逃さずに親しんでもらいたい、と思った。ぜひ、次回からは公開していただきたい。というのも、ダンスをジャンルを越えて同時に観ることが出来る機会は、非常に少ないからだ。「踊る心」を持ったストリートダンサーは、社交ダンスやバレエを観ても、その時はあるいは違和感を持つかも知れないが、いつかは関心を持ったり、同じダンサーとして学び取ることがあるかも知れない。そしていつかは、社交ダンスとバレエとフラメンコ、ヒップホップのダンサーが競演する舞台が実現するかも知れない(実際そうした試みもある)。
ダンス、ダンスといわれながら、ダンス内のジャンルの交流は意外と忘れられている。私の経験上からも異なったジャンルのダンサー同士の話は、非常に興味深いものがあるので、今後はこの視点からのサミット的な展開にも期待したい。

私もリズムのダンスの審査員の末席に座らせていただいたので、あまりたくさん今回の決選作品を観ることはかなわなかったが、時間が許す限り見せていただいた。
参加対象が、<プロ・アマ・国籍問わず、ダンスを得意とする小学3年生以上・中学生・一般(高校生以上)で、決選当日に出場可能なチーム>だっただけに、玉石混淆かな、と思っていたが、なかなかのレベルである。どのチームも一心に心を込めて創っていることが、しっかりと感じられ充実していた。
そして感じたことは、日本人の独特のリズム感が育ってきている、ということだ。かつてはアフリカンのリズム感や南米の人たちのリズム感は、とうていに日本人には無理、といわれたものだ。しかし、近年では、特に子供たちのリズムの取り方をみていると、独特のものが感じられる気がするのだ。子供たちのじつに可愛らしい社交ダンスのステップ、ロックのリズムで踊るチーム、創作ダンスを創る空間のイメージ、それぞれが日本人らしい溌剌とした独特のリズムを刻んでいるのではないか。今回、様々のダンスに直接触れてみて、そんな感想を持ったのだった。

表彰は「グランプリチーム」には文部科学大臣賞、外務大臣賞、経済産業大臣賞等の賞状および副賞を授与。「ベストパフォーマーチーム」には協賛の団体・企業から賞状ならびに副賞を授与。(部門によってベストパフォーマーに選出される数が異なり、グランプリに該当がない場合もある)
大会審査結果は http://www.dance-summit.com/results/

写真撮影:SDM

2012dsj_01.jpg 小野 清子Dance Summit in Japan 運営協議会 会長 2012dsj_02.jpg 一般の部<創作ダンス部門> 2012dsj_03.jpg 一般の部<リズムのダンス部門>
2012dsj_04.jpg 一般の部<外国のフォークダンス部門> 2012dsj_06.jpg 一般の部<日本の民踊部門>グランプリ 2012dsj_07.jpg 12/22 一般の部 表彰式
2012dsj_09.jpg 小学生の部<社交ダンス部門> 2012dsj_10.jpg 中学生の部<リズムのダンス部門> 2012dsj_11.jpg 中学生の部<社交ダンス部門>
2012dsj_12.jpg 12/23 中学生の部 表彰式
写真撮影:SDM