ニュース

コンクールNews: 最新の記事

コンクールNews: 月別アーカイブ

 
[2015.09.28]

第17回 東京なかの国際ダンスコンペティション<結果>

“ジャンルを超えたユニークなコンペティション”として、1999年に始まった「なかのダンスコンペティション」は、その後名称を変え、「東京なかの国際ダンスコンペティション」として今年第17回目を迎えた。
バレエ、モダンダンス、コンテンポラリー、ジャズダンス、ストリート系ダンス、児童舞踊、民族舞踊など、様々な舞踊がジャンルを問わず募集され、年齢別の6部門に分かれて同じステージで審査された。旧ジュニア部門が小学校低学年、同高学年、中学生、高校生の4部門に分かれての審査は3年目となる。2015年8月9日〜8月16日、なかのZEROにて開催された。
審査の結果は以下の通り。

●創作部門
第1位なかの洋舞連盟賞「反骨」加藤 明志、水島 晃太郎、伊藤 麻菜実、藤井 淳子(柴内啓子現代舞踊研究所)
第2位なかの洋舞連盟賞「Log in」大柴 拓磨、金刺わたる、KATSU、大前 光市(Alphact)
第3位なかの洋舞連盟賞「花」贄田麗帆、鈴木泰介(能美健志&ダンステアトロ21)

2015nakano_01.jpg 「反骨」 2015nakano_03.jpg 「花」
2015nakano_02.jpg 「Log in」

●シニア部門
第1位なかの洋舞連盟賞「Dawn」柿下 さやか(正田千鶴モダンダンスフラグメント)
第2位なかの洋舞連盟賞「孔 雀」久保 愛梨(川名今朝美モダンバレエスタジオ)
第3位なかの洋舞連盟賞「mindrome -蝕まれる自我-」高間 淳平

2015nakano_04.jpg 「Dawn」 2015nakano_05.jpg 「孔 雀」 2015nakano_06.jpg 「mindrome -蝕まれる自我-」
撮影:スタッフ・テス(株)根本浩太郎(上記6点すべて)※クリックで拡大します

●高校生部門
第1位なかの洋舞連盟賞「地雷ではなく花をください」鈴木 泰羽(705 Dance Lab)
第2位なかの洋舞連盟賞「rose adagio」Kim So Jeong(ヒョンイル高等学校)
第2位なかの洋舞連盟賞「アルル-色彩の彼方-」本橋 周子(ダンスセンターセレニテ)

2015nakano_07.jpg 「地雷ではなく花をください」 2015nakano_08.jpg 「rose adagio」 2015nakano_09.jpg 「アルル-色彩の彼方-」

●中学生部門
第1位なかの洋舞連盟賞「クローン」今村 櫻(705 Dance Lab)
第2位なかの洋舞連盟賞「セレナーデ 〜空が泣いた〜」佐藤 彰展(RA ARTS STUDIO)
第3位なかの洋舞連盟賞「時計じかけの記憶」渡邉 瑠莉(伊東みどり・由里ダンスパレット)

2015nakano_10.jpg 「クローン」 2015nakano_11.jpg 「セレナーデ 〜空が泣いた〜」 2015nakano_12.jpg 「時計じかけの記憶」
撮影:スタッフ・テス(株)上野能孝(高校生・中学生部門すべて)

●小学生高学年部門
第1位なかの洋舞連盟賞「我らが海よ」川西 凜空(アルテ・エスペランサ)
第2位なかの洋舞連盟賞「賢治の原っぱ」工藤 陽(ダンス01・バレエクリスタル)
第3位なかの洋舞連盟賞「地下鉄のZazie」武田 珠子(BALLET & DANCE UNO)

2015nakano_13.jpg 「我らが海よ」 2015nakano_14.jpg 「賢治の原っぱ」 2015nakano_15.jpg 「地下鉄のZazie」

●小学生低学年部門
第1位なかの洋舞連盟賞「ショータイム」高橋ひかり(金井桃枝舞踊研究所)
第2位なかの洋舞連盟賞「ねこのうたた寝」石徳 芽依(BALLET & DANCE UN)
第3位なかの洋舞連盟賞「ねぼけの虫」佐藤 若奈(ダンス01・バレエクリスタル)

2015nakano_16.jpg 「ショータイム」 2015nakano_17.jpg 「ねこのうたた寝」 2015nakano_18.jpg 「ねぼけの虫」
撮影:スタッフ・テス(株)中岡良敬(小学生部門すべて)

<特別賞>
●中野区長賞(1組)創作部門 第1位なかの洋舞連盟賞受賞者に贈られる
「反骨」加藤 明志、水島 晃太郎、伊藤 麻菜実、藤井 淳子(柴内啓子現代舞踊研究所)

●チャコット賞(1組) 小学校高学年部門・小学校低学年部門の中の群舞作品の最高位に贈られる
「カエルの遠足無事かえる」野邉田彩、田口陽菜、田島歩果、八木姫乙里(窪内絹子モダンバレエ研究所)

●国際賞・副会長特別賞(1組)海外参加作品の中から副会長が決定する
「蓮の花になって咲くのを・・・」Park Joo Hyun(韓国体育大学院)

2015nakano_20.jpg 「カエルの遠足無事かえる」2015nakano_19.jpg 「蓮の花になって咲くのを・・・」
撮影:スタッフ・テス(株)中岡良敬(左)/スタッフ・テス(株)根本浩太郎(右)※クリックで拡大します

●ヴィジュアル・プライズ 全部門の中から視覚的にすぐれたダンサー作品に贈られる
「depend 〜相互する関係〜」石原 弘恵(石原弘恵ダンススタジオ/清州MDA)
「囀る貝」鳥海 夏椰子(金井桃枝舞踊研究所)
「ガムザッティのヴァリエーション」手塚 喜咲(川﨑みゆきバレエスクール)
「時計じかけの記憶」渡邉 瑠莉(伊東みどり・由里ダンスパレット)

●テクニカル・プライズ 全部門の中から技術がすぐれたダンサーに贈られる
「反骨」加藤 明志、水島 晃太郎、伊藤 麻菜実、藤井 淳子(柴内啓子現代舞踊研究所)
「Dawn」柿下 さやか(正田千鶴モダンダンスフラグメント)
「アルル-色彩の彼方-」本橋 周子(ダンスセンターセレニテ)
「時計じかけの記憶」渡邉 瑠莉(伊東みどり・由里ダンスパレット)
「我らが海よ」川西 凜空(アルテ・エスペランサ)

●キッズ・プライズ(1組)小学校低学年部門の中から贈られる
「まあるい いのち」小林 姫萊(D-Lifeダンススクール)

<ホープ・プライズ>全部門の中から、将来大きな飛躍が見込まれる者に贈られる
「rose adagio」Kim So Jeong(ヒョンイル高等学校)
「コッペリア第3幕よりスワニルダのバリエーション」北畠 美侑(菊地美樹バレエアカデミー)
「我らが海よ」川西 凜空(アルテ・エスペランサ)
「眠れる森の美女よりフロリナ王女のヴァリエーション」葛西 琴望(小林容子ダンスカンパニー'y')

その他の結果は東京なかの国際ダンスコンペティションのサイトへ
http://nakanodancecompetitiontokyo.com/eventcat/なかのコンペ/?post_type=event&order=DESC&orderby=date

なかの洋舞連盟審査員:
会 長 正田千鶴(現代舞踊協会常務理事)
副会長 賀来良江(全日本児童舞踊協会理事)
理事長 小林容子(カンパニー ’y’ 主宰)
相談役 寺村 敏(舞踊評論家)

ゲスト審査員:
片岡康子(お茶の水女子大学名誉教授)
金田和洋(日本バレエ協会常務理事)
立木燁子(舞踊評論家)
坂本秀子(日本女子体育大学教授)
小平浩子(スターダンサーズ・バレエ団)
妻木律子(be off ディレクター)
中野真紀子(聖徳大学短期大学部教授)
(2015年8月9日〜 8月16日、なかのZERO)