発売中
[2017年11月 4日 〜 2017年11月19日]

PARCO Production
「この熱き私の激情〜それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌」

1711parco.jpg

ネリー・アルカンがパリでセンセーショナルなデビューを飾った小説「Putain(「娼婦」の意)」をはじめ、「Folle(「狂った女性」の意)」、 「Burqa de chair(「肉のブルカ」という意味)」、「L‘enfant dans le miroir(鏡の中の子供)」をコラージュし舞台化したのが本作「この熱き私の激情」。
2013年にカナダ・モントリオールのESPAS GOにて、ロベール・ルパージュと長年コラボレートしている演出家であるマリー・ブラッサールの翻案、演出で上演された本作。今回の日本での上演では、松雪泰子、小島聖、初音映莉子、宮本裕子、芦那すみれ、霧矢大夢という女優6名、そしてダンサーとして国内外で活躍する奥野美和というまさにベストキャストとも言うべき女優・アーティストが集結します。
出演者7名(女優6名と1名のダンサー)が異なる立ち位置から、心の襞を、痛みをアレクサンダー・マクスウィーンの音楽とともに語り、描きだしていきます。
懸命にもがき生きた1人の女性の中に渦巻く様々な感情、そして死へと向かうさまが万華鏡のように舞台に照らし出され、それぞれの声、ことばが重なりあい、舞台にこだまします。どうぞご期待ください。

  • Check

■スタッフ
原作:ネリー・アルカン
翻案・演出:マリー・ブラッサール
翻訳:岩切正一郎

■キャスト
松雪泰子 小島聖 初音映莉子 宮本裕子
芦那すみれ 奥野美和 霧矢大夢

■東京公演
公演日程=2017年11月4日(土)〜11月19日(日)
会  場=銀河劇場
前売開始=8月5日(土)
お問合せ=パルコステージ 03−3477−5858 http://www.parco-play.com

他、広島、北九州、京都、愛知にて上演