ホーム > チャコット新体操ニュース > | 新体操トッププレイヤー情報 > 第11期 新生「フェアリージャパンPOLA」団体メンバー発表会及び演技披露レポート

第11期 新生「フェアリージャパンPOLA」団体メンバー発表会及び演技披露レポート

2015年、今回で第11期をむかえる新体操日本代表チーム「フェアリージャパンPOLA」の団体新メンバーと新演技のお披露目が、大勢の報道陣を集め2月3日(火)国立スポーツ科学センター(東京北区)3階の新体操練習場で行われました。

20150203_jiss_01.jpg

冒頭、日本体操協会副会長、国際体操連盟審判員である石崎朔子さんより『スピード感アップで高難度に挑戦する新メンバーによる新演技でぜひとも五輪へのチケットを掴みたい』との力のこもった挨拶がありました。

20150203_jiss_02.jpg

新メンバーの演技にさらに期待がわく中、新体操強化本部長の山崎浩子さんよりコールがあると、新たに4人の戦力を加えた新生フェアリージャパンPOLAの団体チームは、各テレビ局をはじめ多くの報道陣の前に登場。
さっそく一種目めのリボンの演技がスタート!
曲はロシアのオペラ「ルスラン&リュドミラ」。

20150203_jiss_03.jpg 20150203_jiss_04.jpg 20150203_jiss_05.jpg 20150203_jiss_06.jpg
今年は大幅に種目の内容が変更となり、演技の完成度を高めるにはとても難しい種目構成となっています。
このリボン×5も大変難しく、選手一人一人がきちんと手具を操作しないと自分や相手にリボンが絡みついてしまうとの事。

かわって二種目目はクラブ×3/フープ×2の演技。
新体操では珍しくビートルズのメドレーを採用。「ノリノリ」の演技で会場の空気が一気に変わりました。

20150203_jiss_07.jpg 20150203_jiss_08.jpg 20150203_jiss_09.jpg 20150203_jiss_10.jpg

2015年度も引き続きチャコットの手具を多く使用してもらっていますが、最高の演技ができるようにバックアップできればと思います。

20150203_jiss_11.jpg

演技を終え「今年の世界選手権ではリオデジャネイロオリンピックの切符がかかっている、切符獲得だけで満足せずメダルを獲得できるようにチーム一丸となって日々頑張っていくので、応援よろしくお願いします。」と、チームキャプテン 杉本早裕吏さんより力強いコメント。

20150203_jiss_12.jpg

新メンバーを加え、総勢10名の団体メンバー。

20150203_jiss_13.jpg

左から大西亜実、小林秀圭、熨斗谷さくら、畠山愛理、杉本早裕吏、松原梨恵、国井麻緒、横田葵子、竹中七海、鈴木歩佳

20150203_jiss_14.jpg 20150203_jiss_15.jpg

ドイツ・シュツットガルトで9月に行われる世界選手権が、来年のリオデジャネイロ五輪の出場権をかけた大事な大会となり、新生メンバーでこのチケットを勝ち取れるようにあと数ヶ月のあいだ、演技にさらに磨きをかけていくことでしょう。

新たに加わったメンバーをご紹介

20150203_jiss_16.jpg

左から竹中七海、小林秀圭、鈴木歩佳、大西亜実

  • Check

ホーム > チャコット新体操ニュース > | 新体操トッププレイヤー情報 > 第11期 新生「フェアリージャパンPOLA」団体メンバー発表会及び演技披露レポート

キーワード検索
フィード

ページトップへ