令和元年台風 19 号により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

【ユーリ!!! on ICE × Chacott】 衣裳デザインの裏側 <第10回>

ユーリ!!! on ICE × Chacott:衣装デザインの裏側

本格男子フィギュアスケートアニメ「ユーリ!!! on ICE」。
最初にチャコットに衣裳デザイン原案のオファーがあったのは、今年の1月。今回、このアニメのために久保ミツロウさんが描き下ろした作品ということで、私たちも全部のストーリーはまだ知りません。この先どうなっていくのか楽しみです♪
そして、ストーリー以外にもうひとつ。選手が試合で着用する衣裳にも注目してください!
今回、特別企画として衣裳の原案をデザインした佐桐のインタビューを紹介していきます。元のデザインがどのようにつくられ、それがどのようにアニメ化されたのか、ぜひチェックしてくださいね!

― 第10回 (最終回)―
最終回はグランプリファイナル フリースケーティングです。

最後に登場したのは、オタベック・アルティンのフリースケーティング衣裳です。
さっそく聞いてみました。

【ユーリ!!! on ICE × Chacott】 衣裳デザインの裏側 <第10回>

●ショートプログラムに続いて、グランプリ・ファイナルで初めて登場する衣裳ですね。

━はい、フリーの音楽が荘厳な曲ということで、"国を建国しそうな勢い"の壮大さが欲しいとリクエストされました。そこで、重厚感のある素材のベロアを使いました。ポイントはゴールドのカラーです。ゴールドメダリスト(を狙っている)のイメージ、名前を象徴する意味でもこのカラーを選びました。アニメーションで表現するのは少し難しかったかもしれませんね。
ジャケットは無地のストレッチベロアを逆毛で使いました。前回も出てきましたが、逆毛で使っているので色に深味が出ます。ベストとパンツには、2WAYのメタリックベルベットを使いました。
そして、"建国しそうな"というキーワードを表すため、国章(?)をイメージしたモチーフを胸元に付けまることでアクセントにしています。 歌詞からも強いメッセージが伝わるよう、全体的に光り輝いてる衣裳に仕上げようと思いました。

●アニメーションではブルー系の色で、大分印象が違いますが、デザインはほぼ原案通りでしたね。

━そうですね、デザイン画では、衿、肩章、袖口、裾や腰回りにはモチーフを付けました。もともとスパンコールが縫いつけられているモチーフです。スパンコールは引っ掛かりを防ぐために、3点留めされています。

【ユーリ!!! on ICE × Chacott】 衣裳デザインの裏側 <第10回>

●このモチーフはカットされていますが、元はどのような形状なのですか?

━この(写真)ような状態です。これをカットして組み合わせて模様をつくっています!

●面白いですね! この衣裳も3ピースですが、これも一体型ですか?

━はい、上下はセパレートにしていますが、上半身は一体型です。

●では、ジャケットのボタンは留められないんですね。

━はい、ボタンはくるみボタンにしていますが、ボタンホールは刺しゅうで飾りになっています。

【ユーリ!!! on ICE × Chacott】 衣裳デザインの裏側 <第10回>

【ユーリ!!! on ICE × Chacott】 衣裳デザインの裏側 <第10回>

〜〜 編集後記 〜〜
本編に登場した衣裳デザインの裏側をご紹介するのも、この衣裳が最後となりました。
ご愛読いただき、ありがとうございました。

また来年も番外編として衣裳に関する情報を更新する予定です。
ぜひまた覗いてみてください!

さっそくですが!!
先日ダンスキューブ・カフェとチャコット心斎橋店に展示していた
「勇利の衣裳ができるまで」をご紹介する予定です。
こちらもぜひお楽しみに♪
(2017年1月公開予定)

皆さまどうぞよい年をお迎えくださいませ。 来年も引き続き「衣裳デザインの裏側」をよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る