おうち時間のすごし方で差をつける!セルフケアのすすめ

8_recovery_item_ogp.jpg

長引くおうち時間に
身体が重くなったり
ゆるんでしまっていませんか?

おうちの中で過ごす時間は
身体を変えるチャンスです!

セルフケアに挑戦して
次のレッスンで変化を実感してみては?

 

身体のこりを「ほぐす」

おうち時間で同じ姿勢が増えると、気になる筋肉のコリ。
使わない筋肉はどんどんかたくなってしまいます。
かたくなってしまう前に「ほぐす」リカバリーアイテムをご紹介。

ほぐしたい部位にピンポイントに届く<トリガーボール>

012121-0002-88_LL.jpg

ほぐしたいポイント周辺でコロコロ転がすと痛きもちいいかためのボール。筋肉のコリをほぐし疲れを取ります。

トリガーボール ¥1,760(税込)

012121-0002-88_sub03_LL.jpg

ボールの上に軽く背中や腰、お尻を乗せ、前後に転がしてください。

トリガーボール ¥1,760(税込)

012121-0002-88_sub02_LL.jpg

足裏のマッサージに使用しても◎

トリガーボール ¥1,760(税込) 

コンパクトで収納も便利<ウッドローラー>

012121-0001-88_LL.jpg

転がすだけでマッサージができるリカバリーアイテム。木材の突起が足裏やふくらはぎに適度な刺激を与えます。

ウッドローラーミニ ¥1,980(税込)

012121-0001-88_sub02_LL.jpg

ローラーの上に軽く足を乗せ、前後に転がします。軽くコンパクトなので、「ながら」使用にも◎

ウッドローラーミニ ¥1,980(税込)

012121-0001-88_sub03_LL.jpg

ふくらはぎにもフィット。サイドにクッションとしてゴムがついているのでフローリングで使っても安心。

ウッドローラーミニ ¥1,980(税込)

身体全体をほぐすなら<GRIDフォームローラー>

012116-0015-68_LL.jpg

今話題の「筋膜リリース」をはじめるならこちら!"筋膜"をほぐすことで、身体の動きがなめらかになり、疲労回復を早める効果も。

GRIDフォームローラー ¥5,500(税込)

012116-0015-68_sub06_LL.jpg

ローラーの表面の形状はマッサージセラピストの手技を再現するための特殊構造に。
1.手の平のような平らな形状
2.指のようなチューブ形状
3.指先のように突起した形状

GRIDフォームローラー ¥5,500(税込)

\GRIDフォームローラーの使い方/

特に筋肉がコリやすい3部位をご紹介!
使いはじめは結構痛いですが筋膜がほぐれてくると痛みが和らいでいきます。

K_5296.gif

ふくらはぎや膝裏の筋肉は脚をより上げるためにもしっかりとほぐしておきましょう。両手でしっかりと体を支え、お尻を浮かせた状態で前後往復でローリングさせます。

K_5291.gif

腰より上の胸椎と呼ばれる部分は上半身の動きを支える重要な部位です。両手を首の後ろか胸の前で組み、お尻を浮かせた状態で前後往復でローリングさせます。背中をしっかりと伸ばした状態でほぐしましょう。

K_5289.gif

太ももの外側の筋肉は踊る際に横ぶれをコントロールする役割があります。ひじで体を支えながらグリッドフォームローラーの上に太ももの外側をのせます。上の足を前に組み体を支え、上下に往復してみましょう。

 

マッサージ効果を「高める」ーAddElm(アドエルム)ー

パフォーマンス向上を目的に開発されたAddElmパウダーを配合したアイテムを使って、マッサージ効果をより高めてみては?シーンを選ばずお使いいただけるアイテムをご紹介。

"敷いて"疲労軽減

yogamatt_0725_title_logo_02.jpg

マッサージやストレッチをする時に下に敷くと身体を冷やしにくくなるので、疲労軽減効果が高まります。

アドエルムブランケット ¥7,700(税込)
アドエルムマット ¥7,590(税込)

 

"履いて"疲労軽減

re_sandal_1480_1000_01.jpg

インソールにAddElmパウダーが配合されたサンダルでなんでもない時間も疲労軽減の時間に。

リカバリーサンダル ¥6,380(税込)

a1901469743e44ce6d738a95e2cc5d76bc09677d.jpg

「ちょっとそこまで」に履いていつでも動ける身体に。軽い上にシューズの中で足がずれにくいので動きやすいと評判のシリーズ。インソールにはAddElmパウダーを使用。

(左2足)スニーカーTE-LOW ¥15,400(税込)
(右2足)スニーカーTE-HIGH ¥18,700(税込)

疲れにくい身体に「鍛える」

バレエを踊る時に正しく筋肉を使うと余分な力を使わず踊ることができるので、疲労が少なくなったり太くなりがちな足を細くすることもできます。
疲れが慢性化しないためにも正しいポジションで踊るトレーニングを日頃から続けましょう。

正しいアラベスクを身につける!<ダンスバンド>

012121-0210-88_LL.jpg

リング状なので、ストレッチにもトレーニングにも幅広く活用できる優れモノ!

ダンスバンド ¥4,290(税込)

05001_02.jpg

バンドを肩と反対側の足にかけてアラベスクをすることで、美しい姿勢でのアラベスク、パンシェを練習できます。

ダンスバンド ¥4,290(税込)

05001_01.jpg

バンドを後ろから回し両足に引っかければ股関節のストレッチにも。

ダンスバンド ¥4,290(税込) 

 

バレエの基本アンディオールを身につける!<コンプレッションバンド>

img_main_03.jpg

脚の付け根から外旋させる感覚をつかむトレーニングに◎。

コンプレッションバンド ¥4,730(税込)

012121-0209-68_L.jpg

レッスンにも持って行きやすい薄手仕様。肌にやさしい質感です。

コンプレッションバンド ¥4,730(税込)

\コンプレッションバンドの使い方/
最初は床に座った状態で練習してみましょう!

K_5249.jpg

脚の付け根まで巻きつけ(ゆるみが出ないようにぴたぴたに)、バンドを引き上げて長座の姿勢に。

K_5250a.jpg

巻きつけた方の足を、足首・ひざ・脚の付け根を意識し、外側に回転させます。

K_5251b.jpg

続いて、内側に回転させます。2〜3の動きを繰り返し、反対の脚でもバランスよく行ってください。

なれてきたら立った状態でトレーニングしてみましょう

くわしいトレーニング内容はこちら

top_ouchi_bennri.jpg

おうちでもできる!お役立ちグッッズ特集

 

全国のチャコットショップでご覧ください。

 

 

 

ページの先頭へ戻る