【特集】フォリー・バレリーヌ「秘密の旅」

folies_ballerine-1480_600.jpg

この夏いよいよ上演される新たなバレエ公演、フォリー・バレリーヌ「秘密の旅」。
こちらの特集ページでは、その様々な魅力や制作にまつわる様子などをご紹介しています。


ダンスの歓びと音楽に溢れたノスタルジックなレビュー

幾つもの短い音楽にはそれぞれの小さな物語

 7/18(水)・19(木):渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール

<本公演は終了いたしました>



Webマガジン ダンスキューブに公演レポートが掲載されました。

まるで〈大人可愛い世界〉を覗き込んでいるかのような、素敵な舞台写真とあわせてご覧ください。

ワールドレポート コシミハルの魅惑的な音楽とダンスを堪能

  


舞踊・演劇評論家の桂真菜さんに、公演の見所などをご紹介いただきました。ぜひお読みください!


「フォリー・バレリーヌ」シリーズ第一弾『秘密の旅』
バレリーナのレビューは、失われた夢をよみがえらせる

文・桂 真菜(舞踊・演劇評論家)

●パリの華麗なミュージックホールのイメージ

 数百年にわたって人々を惹きつけるクラシック・バレエのエネルギーは、伝統に各時代の香りを加えて育まれます。名門パリ・オペラ座バレエ団でも、新たな試みがレパートリーを耕してきました。一例をあげるなら、2007年にドイツから現代舞踊の振付家サシャ・ヴァルツを招いたベルリオーズ作曲『ロミオとジュリエット』。大きな装置が動く舞台は、クラシックとコンテンポラリー・アートと歌劇が融け合い、見ごたえも聞きごたえも充分でした。現在の芸術監督オレリー・デユポンが初演で主役を務めた同作は、今春も上演されます。
 2018年7月に渋谷で始まる「フォリー・バレリーヌ」シリーズにも、未知の花が咲く可能性が宿ります。複数のカンパニーからバレリーナ8人が集う、シリーズ第一弾『秘密の旅』の芸術監督は音楽家のコシミハル。
 この就任を知ったとき脳裏に浮かんだのは、90年代後半からコシミハルが演出と振付を担った「ミュージックホール」。音楽家とダンサーによる蠱惑的な舞台です。聴きなれた曲がコシミハルの歌と演奏を通して変貌するダイナミズムには、独特の解釈を観客に目から伝える舞踊も貢献。詩情、ユーモア、上品なエロティシズムをたたえた振付には、クラシック・バレエとジャズダンスを学んだ経験も役立ったようです。
「フォリー・バレリーヌ」というタイトルはパリのミュージックホール、フォリー・ベルジェール(Folies Bergère)を想起させます。1869年から続く大人の社交場のポスターは、ロートレックも描きました。マネの「フォリー・ベルジェールのバー」(1882)には、中央に立つ女性の背後の鏡に観客たちが映ります。チャップリンやジョセフィン・ベーカーが立ったステージでは、私が訪れた20世紀末の宵も華麗なレビューが繰り広げられました。
 恋愛ミュージカル映画『フォリー・ベルジェール/邦題:巴里の不夜城』(1956、アンリ・ドコアン監督)の、大階段を使うフィナーレで輝くスター役はジジ・ジャンメール。ボーイッシュな個性を映画でも舞台でも生かした振付家は、公私にわたるパートナーのローラン・プティ。ジジと同じくパリ・オペラ座の出身で、クラシックを学んだ後に多彩なアーティストと交流し、陰影に富む文学的作品も、軽快なエンターテインメントも成功に導きました。
 前者の代表はジャン・コクトー台本『若者と死』(1946)。ルドルフ・ヌレエフが「死神と化す恋人」の役にジジを望んだ映像作品(1966)では、貧しい画家役のヌレエフが椅子を使う動きも素晴らしい。後者の代表はフレッド・アステアとレスリー・キャロンが組んだ『足ながおじさん』(1955、ジーン・ネグレスコ監督)。

●年齢も性別も超えたスタイルを支える、洗練された美意識

 幅広い作品を手掛けたプティを敬愛するコシミハル自身も、型にはまらないスタイルが身上です。本当に好きな音楽を求めテクノ・ポップ、歌曲、ジャズ、シャンソンを探究した歌声は変幻自在。澄んだボーイソプラノ、郷愁を運ぶビッグバンド、甘くささやくクルーナー......。
 超絶技巧が飛び出す『ブン』(1938、シャルル・トレネ作詞・作曲、鈴木創士訳、『シャンソン・ソレール』1995収録)では、時計の針や羊の声、鳥のさえずりに驚かされます。この曲を歌い踊る舞台は、抜群のリズム感で身体を弾ませる振付も相まってスリリング。細いビロードのチョーカーを首に巻き、パリ製コルセットでウエストを締めた華奢な姿態が、リスさながらのすばしこさで跳ね回るのです。
 さて、ここで『秘密の旅』の内容を、少し明かしましょう。コシミハルのオリジナル、ジャズ、シャンソン、フランス近代音楽を連ね、曲ごとに物語がつきます。コシミハルの歌とダンスが披露されるのは『キャラメル・ムー』(意味はフランス風の柔らかいキャラメル、『オートポルトレ』1998収録)。複雑な音の波に乗るパフォーマンスはりりしく、ふとコケティッシュな表情がのぞくと、両性具有の存在に見えます。
 いっぽう、森に立つ廃墟の庭園で双子が遊ぶ『忘却の庭』(『覗き窓』2008収録)は、幽霊が子供たちを操るクレイトン監督『回転』(1961)に似た、ミステリアスな雰囲気。
 アルバム未収録のサティ作曲『最後から二番目の思想』は、コシミハルがピアノを弾きます。大人を真似て戯れる目隠しした姉妹には、サド侯爵の小説の人物や、ピンナップ・ガールのベティ・ペイジの面影が。抑圧された願望もにじむ『秘密の旅』は、観客の胸の奥に潜む思いを解き放つ道でもあるのでしょうか?
 最後に本公演のキーワード「大人可愛い」について。可憐さと怖さを合わせもつ世界を創るアーティストが、芸術監督に選ばれた理由は、おそらくヴァラエティに富む作品群を貫く心意気。そのスピリットは悲しい歌でも感傷に溺れず距離をとる、「いきな表現」の源です。
 どんな痛みも胸に納め颯爽とふるまう強さも、洗練された「大人」の条件。影や毒も含む美意識から生まれる「大人可愛い」ダンスを巡る、『秘密の旅』の開始は目前です!



foliesballerine_b1_180702.jpg

音楽(特にジャズ)、映画、ミュージカル評論の重鎮、瀬川昌久氏より、ご寄稿をいただきました。

<コシミハルのフォリー・バレリーヌへの期待>

瀬川昌久

 天才的な閨秀芸術家コシミハルがバレエの新作『秘密の旅』を8人の若いバレリーナを舞台にのせて制作する。最近のコシミハルは、オリジナル曲を始め、アメリカ・フランス・ドイツなど各国のポピュラーソングを独自のアレンジでノスタルジックな雰囲気に作り変えて魅力的なボイスで歌唱して広い人気を博している。アメリカのスタンダード曲を、フランス語でなめらかに歌いこなすメランコリックなムードは彼女ならではの芸の一端であろう。

 コシミハルはピアノやアコーディオンも操り、シンセサイザーによりオーケストラのリズムやサウンドを創り出し、1930〜40年代のアメリカのボールルームやフランスやドイツのミュージックホールで、バンドや歌手に合わせてダンサーが踊る情景も創出している。彼女自身ダンスをこよなく愛し、ジョセフィン・ベイカーやマレーネ・ディートリヒがコケティッシュなダンスで客を魅了したミュージックホールのレビュー史に詳しいばかりでなく、ステージにバレエダンサーをのせて自ら振り付けて共に踊ることも多かった(コシミハル「ミュージックホール」シリーズ)。ボールルームダンスにも傾倒し、アメリカのハーレムで盛んだったリンディ・ホップ・ダンス(Lindy Hop Dance)に強い興味をもったと語っている。このダンスは、スウイング時代のペアーダンスの一種で、スウイング・ジャズの演奏で踊るジャズダンスの高度の技術を要するが、同時にバレエの基本的な技術も必要とするので、将来の課題としては検討に値すると思う。

 今回の企画はコシミハルが全般の芸術監督と音楽監督をつとめ、自身の選曲による全24曲の音楽を提示する。音楽の種別は多岐に亘り、クラシックの近現代作家3人(サティ、ミヨー、タイユフェール)、アメリカのポップス、シャンソン、コシミハルのオリジナルとヴァラエティに富んだ構成になっている。大部分は器楽曲だが、シャンソンの「J'attendrai」(邦題「待ちましょう」戦前リナ・ケッティと淡谷のり子の唄で大流行した)とダリュス・ミヨーがジャン・コクトーと共作した「Caramel Mou」(「キャラメル・ムー」)の2曲は、彼女自身が歌い、バレリーナが踊る構成になる。1900年代初頭のパリのムーラン・ルージュ風の"ムード"を創生するという。全曲彼女自身が振付の基本を考え、森本京子と林かおりの2人が共同して細部を固める。

 全体的には、3人のセーラー(水兵)服のダンサーがさまざまな世界を旅するイメージで、「秘密の旅」と名付けられた。その秘密の旅は、幾つもの扉や小さな窓を開けたり、覗いたり、その中に入り込んだりして無邪気でいたずらで勇敢な秘密の旅をする。各曲それぞれの音楽にコシミハルは短い物語を付与し、それに副って各ダンサーの踊りを形作っていく。それぞれのダンスに彼女の理想とする芸術美が表現される。サティの曲はピアノの生演奏で、密室で踊る不思議な2人の娘のダンス、、、。総体的にコシミハルが目指すところは、バレエにおけるバレリーナに新しい振付を課して、踊りを更に躍動させ、作品のエンターテインメント性を確立する点にある。本企画が従来からのバレエファンを魅了すると共に、他のジャンル=ジャズやタップ、コンテンポラリーなどのダンス愛好家にも新しいダンスの楽しさを感じてもらい、バレエダンスの一層の発展に寄与するよう期待して止まない。


「新しい時代のリズムとポワントが出会うものを、、、」

芸術&音楽監督 / 特別出演コシミハル氏のインタビューが、SPICE [エンタメ情報メディア] に掲載されました。充実の内容です。ぜひご一読ください。

SPICE [エンタメ情報メディア] コシミハル インタビュー  

 


「男性の方にもぜひ観にいらして欲しい!」とおっしゃるコシミハル氏が、渋谷のラジオにご出演!
舞台の構想や見所を、様々な上演曲をかけながらお話ししてくださいました。

ご出演されたラジオ番組「渋谷のMIKAさん」の放送がこちらからお聞きいただけます。
バレリーナがスピーカーから今にも飛び出してきそうな曲の数々と共にお楽しみください!

渋谷のラジオ ゲスト コシミハル

 


秘密の旅では、3人のセーラーたちが10を超える様々な不思議な世界を巡っていきます!

セーラーの衣裳はコシミハル氏のCD画も手掛けた金子國義氏の所蔵で、映画「ベニスに死す」で実際にタジオ少年が着用したセーラー服がモチーフ。必見です!

sailor_1_180629.jpg

出典:「ベニスに死す」映画パンフレット

sailor_2_180629.jpg

出典:「ベニスに死す」映画パンフレット

sailor_3_180629.jpg

出典:「金子國義の世界」平凡社




芸術&音楽監督 / 特別出演コシミハル氏がすべての音楽を手掛けた三越伊勢丹「this is japan.」。

二十四節気をイメージした可憐な季節のダンスをオニール八菜さんが踊られています!素敵です!

3分、6分、9分台には曲が変わります。
四季それぞれ、お楽しみください。

hannahoneill_thisisjapan_video.jpg


芸術&音楽監督 / 特別出演、唯一無二の世界観を展開し多くの芸術家をも魅了する音楽家 コシミハル氏!
(天才武満徹氏をして「天才」、細野晴臣氏からは「音と詩による美の文学的表現者」と称されるほど。CD画には金子國義氏が手掛けたビジュアルも)

可愛くてちょっとコワい!? まだ誰も観たことのない幸福な世界へと誘います!

2cut2_00097-.jpg

miharukoshi_youdosomethingtorme_video.jpg

 

3_DSC5908-.jpg

4ba233bf8.jpg

 


ヘアメイクは森川丈二氏が担当!

gem代表。資生堂時代よりパリNY東京コレクションに参加。JHA最年少グランプリ他受賞多数。ナチュラル~クリエイティブまで他に類を見ないクリエーション力を発揮し国内外の幅広い分野で活躍。

魔法と称される手から創造される新しい美の世界が今から楽しみです!

himitsu_hairmakeup_3_180628.jpg

  

himitsu_hairmakeup_180628.jpg

himitsu_hairmakeup_2_180628.jpg

 


himitsu_sendenga_180628.jpg

【 「秘密の旅」に、豪華クリエイティブ陣が集結!】

宣伝画を担うのは赤木仁氏!(画家/金子國義に師事し1988年に独立。作品集「AZUCHI」出版等)

味わいに満ちたその表現は、私たちを秘密の旅へと強く誘います。


1A4_VoyageSecret_katamen.jpg

 

ページの先頭へ戻る