Chacott Story Vol.9 ニットウェア

空気を、身にまとう。

next

軽やかなのに、あたたかい。あたたかいのに、ストレスフリー。

ウェアをずらしたり、たぐり寄せたり、腕まくりをしたり。レッスンに集中するダンサーの何気ない動作に着目し、そのストレスの解消を目指して開発されたのが、進化したニットウェア「フローラニット」です。

緩急さまざまな身体の動きをダイレクトにとらえ、流れの中の連続的な動作まで映し出すために、ホールガーメント(無縫製)を採用。一着分の生地を裁断縫製することなく一体型に編むことによって、従来、トップスの袖口やスカートのサイドにあった縫い目をなくし、ニット本来の伸縮性を引き出しました。

また、特に動きの激しい脇下や肩口などの部分は編み目の数や形に変化をもたせて設計。試行錯誤を経てたどりついたオリジナルの仕様によって、ダンサーの動きに付き従い、ストレスフリーな着心地を実現しました。

バレエのウォームアップウェアといえばニット。古くから愛されてきたこの定番アイテムを、これからもチャコットは、もっと軽く、さらに着心地よく、時代とともに進化させ続けます。

ふんわり軽く、やさしい着心地とは?

vol.8 バレエタイツ

Vol.10 スパッツ