HOME

>

チャコットキッズモデル

2016チャコットキッズモデル えりちゃん

2016チャコットキッズモデル&ママにアンケート♪

オーディション二次選考

おしゃれでバレエが大好きな女の子のためのレッスンウェア、チャコットのキッズバレエブランド「Chacott KIDS」。
2016年「チャコットキッズモデル」に選ばれた4人のキッズとママたちに、バレエについて聞いてみました!

区切り

1人目は髙橋絵吏(たかはしえり)ちゃん。オーディションでは1番目だったのですが、緊張する様子もなく、とにかく元気いっぱいでスタッフの質問に答えてくれたえりちゃん。かわいい笑顔をたくさん見せてくれました。

「Chacott KIDS」の新作ウェアはこちら

★バレエをはじめたきっかけ

幼稚園の運動会や発表会で、ノリノリでおどっていたえりちゃんを見て「ぜひバレエを!!」と、感じていたママ。ママ自身も高校生のときにバーレッスンを少し習ったことで、大人になってまたバレエをはじめたいと長年思っていたそう。そこで、まずはえりちゃんをバレエの世界にさそったそうです。

 

3才、はじめての発表会

★はじめてのレッスン

はじめてでもまったく緊張することもなく、レッスンでは音楽に合わせて手足を動かしたりスキップしたり。すべてがたのしそうだったというえりちゃん。
なにより、かわいいレオタードを着た自分のすがたをかがみでみたえりちゃん、最高の笑顔だったそうです。

 

★バレエをつづけてみて、よかったこと

姿勢が良くなり、持久力がついたそう。また、上級生のお姉さんたちがやさしく面倒をみてくれ、あいさつなども自然と身についたことが、ママはとてもうれしいと思っているそうです。

 

★バレエ以外に習っているもの

バレエのほかに、ピアノと通信教育をしているえりちゃん。
ピアノは、集中力が身につき、音楽で自分を表現できるから、と習っているそう。

 

★最近のレッスン(または発表会)

1年生の夏に、発表会で『くるみ割り人形』のネズミとキャンディケーキ、『シンコペイテッドクロック』を大きな舞台でおどり、度胸や自信につながったそう。2年生になってからは、クラスがひとつ上がって、難しいステップやポジションも習うように。おうちでもかがみを見ながら毎日練習しているがんばりやさんのえりちゃんです。

 

油絵と水彩画

 

★えりちゃんはこんな女の子♪

毎年、家族でおそろいのユニフォームを着て、マツダスタジアムに応援にでかけるのがたのしみなカープ女子のえりちゃん♪
パンケーキやおしゃれも大好きだけど、まだまだ家族ごっこも好きなんだとか。えりちゃんがお姉ちゃん役になって、パパを赤ちゃん役にして遊んでいるそうですよ(^-^)

 

2014年の発表会
チャコットの撮影初日
チャコット名古屋店のイベントでシュシュ作り
2016年チャコットキッズモデル
区切り

えりちゃん、チャコットキッズモデルとしての1年間、がんばってくれてありがとう!