講師情報

古閑 彩都貴コガ サツキ

バレエ

古閑 彩都貴

熊本出身 4歳よりタカコバレエスタジオにてバレエを始める。
10才より熊本バレエ研究所に所属。伴征子に師事。
以降、数々の発表会、公演に参加し「くるみ割り人形」ではクララ役を踊る。

2007年、モナコ国立プリンセスグレース クラシックダンスアカデミー留学。
2009年、チャイコフスキー記念東京バレエ団に入団。
同年、バレエ団初演「ラ・バヤデール」にて初舞台を踏む。

2011年から付属の東京バレエ学校にて指導にもあたる。
バレエ団の公演では、子どものためのねむれる森の美女で、のんきの精、赤ずきんちゃん、ベジャール版くるみ割り人形で妹のクロード/プチ・ファウストに抜擢。ジゼルでパ・ド・ユイット。
ギリシャの踊り、春の祭典、ザ・カブキなどのベジャール作品や白鳥の湖、ラ・シルフィード、
くるみ割り人形などの古典作品まで幅広く舞台に立つ。
その他、国内外の公演にも参加。

2015年3月、同バレエ団退団。
2016年、'スタジオ ファーストダンス'を立ち上げる

担当講座

  • オープンクラス
  • 特別講座
  • 定額制クラス
  • 登録制クラス

講師情報一覧

ページの先頭へ戻る