講師情報

本多 実男ホンダ ジツオ

バレエ

本多 実男

東京出身、6歳より高田せい子、山田五郎に師事。モダンダンスを始める。
1973年、東京シティバレエ団入団。同時に「白鳥の湖」を踊る。
1983年、 東京シティバレエ団理事となる
1987年、現代舞踊協会特別新人賞受賞
1988年 、東京シティバレエ団退団。以後フリーとしてスターダンサーズバレエ団、牧 阿佐美バレエ団等に出演し活躍。
1989年、牧 阿佐美バレエ団「ドン・キホーテ」、アザーリ・プリセツキー振り付けの「エスパーダ」、スターダンサーズバレエ団「ベンチ」(厚木凡人振付)、「フォー・テンペラメント」(バランシン振付)等に出演。
1991年、劇団四季のバレエ教師となる。
1996年、チャコットカルチャースタジオ、バレエ教師をつとめる
1997年、谷桃子バレエ団「白鳥の湖」ロットバルト、ピーター・ライト版「くるみ割人形」ドロッセルマイヤーを踊る。
2003〜2005年、新国立劇場ケネスマクミラン版「ロミオとジュリエット」キャピュレット卿を踊る。
2005年、橘秋子賞助演優秀賞受賞。

担当講座

  • オープンクラス
  • 登録制クラス
  • 特別講座

講師情報一覧

ページの先頭へ戻る