講師情報

夏山 周久ナツヤマ チカヒサ

バレエ

夏山 周久

チャイコフスキー記念東京バレエ団入団後、19歳でアリシア・アロンソのパートナーに抜擢され、「カルメン」のエスカミリオ役でデビュー。以降も国内外の公演でエトワールとして活躍。モーリス・ベジャール振付の「ザ・カブキ」初演においては主役の由良之助を演じ、世界の桧舞台で高評価を集めた。現在は東京バレエ団に特別団員として在籍する。また、スタジオ・ミューズやチャコット、エンジェルアール(表参道)、宝塚歌劇団などで講師を務めるほか、日本バレエ協会神奈川ブロックをはじめ数多くの公演で演出・振付を担当し、活躍の場を広げている。

担当講座

  • オープンクラス
  • 登録制クラス
  • 特別講座

講師情報一覧

ページの先頭へ戻る