講師情報

武元 賀寿子タケモト カズコ

バレエ

武元 賀寿子

1959年生、石川県七尾市出身
日本舞踊を小学生より始める。
中村祐子モダンバレエ(金沢)を経て、日本女子体育短期大学舞踊専攻コース(江口隆哉・金井芙三枝に師事)卒業後、助手として6年勤務
■86年文化庁在外研修員(NY 1年)、92年よりフリ―。
■80年現代舞踊協会新人賞受賞、その後 全国舞踊コンクール現代舞踊第一部及び創作舞踊部第1位 文部大臣奨励賞受賞
■99年には 演出振付家として音楽舞踊新聞村松賞 受賞

自在な 肢体と表現力で多数の振付家作品に主演ダンサーとして活躍。
日本舞踊・創作バレエ・現代音楽家・オペラ・フリ―ミュージシャンのライブなど、幅広いコラボレートにより多くの知識を得、身体が"脳"化している自分を見つめることに...

海外は'82年あたりから日本人作家作品にゲスト出演
94年のバグダッド【バビロンフェスティバル】にて現代音楽家との即興が海外初ソロ。
その後、NY、LA、SF、アムステルダム、コペンハーゲン、ソウル、ジョグジャカルタ等海外での自己作品上演も多い中、
シカゴでの梅津和時(SAX・CL)とのデュオ『Song of Memory : GARDEN~Niwa~』で3日間SOLD OUT。
NYで活動のよしこ中馬のコラボレーションメンバーとして'96~99年にツアー参加...等
2003年からはインドネシアのジョグジャカルタへほぼ毎年 フェスに参加

武元のダンスclassに集まるメンバーのユニット名を " DANCE VENUS(ダンスヴィーナス)"
幅広い年代の育成や作品発表、文化向上を意識しつつ、誰をも舞台に立たせ、共存スタジオパフォーマンスでの数多いアーティストとの交流や初めの一歩:会、新たな一歩:会、ダンサーの為の照明の勉強会、スタパフォOB会などプロデュース等を手がける。
DANCE VENUS主宰

【代表作】
『Peace of Mind -安息の川面- 』『Song of Memory:GARDEN ~Niwa~』『石のHA・NA~flower~』『騒ぐにはもってこいの日』『異教の蓮 -Pagan Lotus- 』『Blue ~漂淼~』『PACIFIC ~静かな海~』
なかでも 92年より継続している自主公演 "人と人との関わりをテーマに... "《A・huu・・・・シリーズ》" 、02年『意識する肉体』は照明家が受賞。

担当講座

  • オープンクラス
  • 特別講座
  • 定額制クラス
  • 登録制クラス

講師情報一覧

ページの先頭へ戻る