レッスン・スタジオ情報 Lesson/Studio Information

HOME レッスン・スタジオ情報 お知らせ 【レポート】全てのジャンルのダンサーへ 佐藤昌枝先生『ストレッチ&コンテンポラリーダンス』

横浜スタジオ

お知らせ Information

2017/03/27

スタジオからのご案内

横浜スタジオ 全てのジャンル

【レポート】全てのジャンルのダンサーへ 佐藤昌枝先生『ストレッチ&コンテンポラリーダンス』

  • Check

もっと自由に自分の身体を使いたい!あらゆるジャンルの方に!
佐藤昌枝先生『ストレッチ&コンテンポラリーダンス』

 

 

横浜スタジオがスタートしたのは1996年。
それから約20年間にわたり、自分の意志で自由に身体を動かして、踊りや表現の幅を広げるための本格的クラスを行ってくださった佐藤昌枝先生。3月1日、惜しまれつつレギュラークラスはその長い歴史に幕を下ろしました。

今回は、最終回クラスの模様をレポートいたします。
「コンテクラスって、どんな練習をしているの?」

平日のお昼に開講していたクラスなので、参加できなかったお客さまもたくさんいらした事でしょう。
そんな皆さまからの疑問にお答えするレポートとなればと思います。

 

 

昌枝先生のレッスンは、非常にアカデミック。
でも、「難しい」という意味ではありません。
骨格や筋肉の構造とその効果的な動かし方、呼吸法を熟知する先生の説明を聞きながら、

ゆっくり身体をほぐしていきます。

 

ゴロゴロ・・・。
ふー・・・。
脱力したつもりでも、どこかに力が入ってしまってるのが人間の身体。
まずは、たっぷり時間を使って身体を緩めていきます。

「一生懸命やらなくていいから、心地よいと思うところで動かしてみましょう。」

「頑張り屋さんは、力を抜くことを頑張って(笑)」

とっても気持ち良さそうです。
先生はユーモアを交えながら、動きに合わせた呼吸のタイミングや、骨に沿った筋肉が緩む感覚を言葉で説明してくださいます。それぞれの骨格や筋力の状態に合わせて、効果的にストレッチできるように詳細な解説が入ります。

踊るときのアライメントを意識できるように、背骨、膝、足首、足の裏・・・身体のすみずみまで感じながら、入念にストレッチ。
 

ストレッチに続いて筋トレがスタート。

 

筋トレも、音楽やカウントに合わせるというよりは、自分の呼吸を大事にして、自分のテンポを大切に。
まるで丁寧に楽器をチューニングするように、自分の身体と向き合う時間が過ぎていきます。
集中力は途切れることなく、ストレッチと筋トレだけでもかなりのトレーニング量です。
柔軟で強い筋力をつけ、「自分のイメージどおりに踊る」「自由自在に動く」ために、
頭と身体をつなげるトレーニングが続きます。

 

さあ、いよいよコンビネーション(振付)を練習しましょう。
まずはミドルテンポの音楽に合わせて、スタンディングのプリエから。
上半身・下半身をアイソレーションしながら、しかも全身を繋げて、中心を感じていくのが見えます。
プリエコンビネーションは、上半身をツイスト、コントラクションしたり、ジャンプやピルエットといった「動」の部分を組み入れた複合的な組み合わせ。先ほどまでのストレッチトレーニングを活かした内容です。
呼吸、一歩一歩を大切にした重心の置き方、脱力とストレッチなど、気をつける部分が昌枝先生から詳しく解説されます。先生のお手本も実技の助けになります。
例えば、プリエの説明では分かりやすく二人組みになって、床を押す感覚をチェックしたり。。。
とっても楽しい雰囲気です。

 

 

このプリエコンビネーションだけでも、「踊り」をしている方に大変勉強になる事ばかり!
足の裏の使い方、芯を捉えて自分をコントロールしていく事、、、これって、ジャンルは関係ない部分ですね。
表面だけ「正しく」「振付どおり」踊るのではなく、身体の中心からムーブメントが発生する・・・そんなメッセージが強く伝わります。


 

次は、より大きくスタジオを使うコンビネーション。
初心者でも知っているシンプルな動きを数フレーズ組み合わせ、音楽に合わせて練習していきます。
プリエの時と同じ、床を踏む足の裏の感覚を大切に・・・。
慎重に重心を移動し、呼吸も利用して・・・。

 

 

昌枝先生は、コンビネーションの振り移しで、呼吸のタイミングなども伝えて下さいます。
大きな移動の中で、ジャンプありターンあり、床からのジャンプアップや静止まで。
重心を大きく揺らしながら、さまざまな「動き方」に乗っていきます。
先生の一切無駄がないお手本と足さばきは見ているだけで学べる部分がたくさん。
大きく身体を使って、一歩一歩を確実に。

”身体はつながっている”という事を感じます。


 

何度も踊るうちに、身体になじんでくるコンビネーション。
呼吸を利用して、大きく、自然の流れで動けるように考えられています。
しかも、左右どちらの方向からも練習するので、バランスよくトレーニングできます。


 

「失敗なんて、ないんだよ」

「呼吸が通ると、心地よいよね」

「カタチや音楽にとらわれすぎず、自分の感覚を大事に!」

 

レッスンでは、先生のこんなお言葉が印象的でした。
「ダンスって、なんだろう。。。」
先生とお話をしていると、不勉強な私はこんな事をふと考えてしまう時があります。

巷にあふれるさまざまなダンス・ダンス・ダンス・・・。
それぞれの美や表現を求めて”間違い探し”をする日々。

それも確かにあり。でも、きっとそれだけじゃないですよね、昌枝先生。
ダンスに取り組むさまざまな背景を持つ方が、それぞれの求めるものを表現する為に、
じゃあ、何を基礎トレーニングとしてやっていこうか・・・と考えたとき、
一つの回答になっているのが、昌枝先生のクラスだと思いました。

 

ダンスと向き合う昌枝先生の深い愛情は、初心者からプロフェッショナルまでが
「心と身体を繋げて、自分の身体を自由自在に動かし解放して表現に結びつける」事ができるように、
「身体をいたわって、自分を愛して、踊りを深める」事ができるように、
自然体で楽しく、しかも練り上げられたレッスンとして、20年もの長い間、すばらしいクラスを構築して下さいました。

 

昌枝先生
本当にありがとうございました。


 

昌枝先生の温かいお人柄を慕って、最終回はたくさんの生徒さんが参加して下さいました。
さまざまなジャンルのダンスを踊る皆さんです。
クラスはいつも和気あいあい。
「最後に記念写真を」
とお願いしたら、

「どんなポーズにしよっか!」

と、皆さんでThinking timeです。


そして、最後にこんな素敵なお写真をいただきました。(クリックすると拡大されます)

おっと、もちろん今回も今回もオフショット有りですよ!
こんな素敵な笑顔。


ありがとうございました。

 

check_05
佐藤昌枝先生は、今後も特別講座講師として横浜スタジオでご指導くださいます。
まずは5/4(木)13:50から特別講座
『コンテの扉~難しく考えず、まずは踊ってみようかな~』
を開講いたします。詳細はコチラ
説明も詳しく、初心者の皆さんも安心。あらゆるジャンルの方に、ぜひ取り入れていただきたいクラスです。
クラシックバレエダンサーも、踊りの幅を広げる為にコンテンポラリーを取り入れるのは良く知られています。

「踊りが上手くなりたいなあ。」「いつものクラスではない刺激が欲しい。」
「なんか、今の自分の踊りが窮屈。もっと自由に動きたいなあ」


そんな方はぜひご参加ください。
ジャンルを越え、全ての踊る方の為に。

 

 

チャコット・カルチャースタジオ/ヨガスタジオ 特別講座ライブラリ

関東スタジオ

(渋谷・池袋(バレエ・ヨガ)・横浜・勝どき)

名古屋スタジオ

関西スタジオ

(心斎橋・西心斎橋・神戸)

福岡スタジオ

チャコット・カルチャースタジオのSNS Facebook&Twitter

ジャイロキネシス(R)&ジャイロトニック(R)

ページの先頭へ戻る