新宿店 スタッフブログ

ジャズシューズの選び方って??

様々なジャンルに対応できて人気の高いジャズシューズ

種類がたくさんあって悩まれる方も多いです...

今回はその特徴と選び方のポイントをご紹介いたします


まず1つ目は
ローカットプリーツジャズシューズ

ブログ用ローカットプリーツジャズシューズ.jpg

ソールが分かれている仕様(スプリットソール)で、

つま先を伸ばした時に土踏まずにピタッとフィットしてくれます

つま先部分はプリーツ仕上げになっているため、

足先を伸ばしやすく、ポイントした時のラインがうつくしく見えるところも人気です


ジャズダンスコンテンポラリーダンスモダンバレエなど、

幅広いジャンルのダンスにご使用いただけます。

スニーカータイプと比べてコンパクトにしまえるので、

フィットネスなどで様々なジャンルのダンスをされる方は、持ち運びの際にも便利です


またローカットタイプは、足首周りがスッキリとするため、

軽さや動きやすさを重視される方に特におすすめです



2つ目は
ミドルカットプリーツジャズシューズ

ブログ用ミドルカットプリーツシャズシューズ.jpg

ローカットタイプと比べて、足首のホールド感があり安定感が出ます。
足首が安定することで軸が取りやすく、ピルエット(ターン)もしやすくなるので、

ビギナーの方小さいお子さまにもおすすめです


ミドルカットタイプは見た目もスタイリッシュになるため、ステージ用としても人気です




3つ目は
フルソールジャズシューズ

ブログ用フルソールジャズシューズ.jpg

靴底が一枚に繋がっているフルソールタイプは、足裏への負担が少なく

かかとを上げた時もぐらつきにくいので安定感があります。

サルサ社交ダンスの練習用としてもお使いいただけます




上記3種類のジャズシューズは全て
足裏はレザーソールラバーソールがお選びいただけます

☆★選び方★☆
リノリウム レザーソール
フローリング ラバーソール

お教室の床に合わせてお選びください

またレザーソールは程よく滑るため、滑りにくい床でもピルエット(ターン)がしやすくなります。

ラバーソールはレザーソールに比べて滑りにくいため、

滑りやすい床でも身体をしめて立つことができます。

☆★サイズ選び★☆

履けば履くほど足に馴染む天然皮革は、ジャストフィットがおすすめです

新宿店では、小さいサイズ19cmから大きいサイズ30cmまで取り扱っている種類もございますので、

店頭でぜひお試しください

ページの先頭へ戻る