【公演】パフォーミングアーツ・セレクション2022

日程 2022年9月8日(木)〜12月11日(日)
会場 高知県立美術館ホール、まつもと市民芸術館、いわき芸術文化交流館アリオス、
りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館、吉祥寺シアター、熊本県立劇場、山口情報芸術センター
詳細 https://dancebase.yokohama/event_post/performing_arts_selection2022
※各会場に関する情報は、決定次第、随時更新いたします。

企画・共同製作 愛知県芸術劇場、Dance Base Yokohama 制作協力 Dance Base Yokohama

●高知公演
9月8日(木) 高知県立美術館 ホール
●長野公演
10月7日(金) まつもと市民芸術館 実験劇場
●福島公演
10月15日(土) いわき芸術文化交流館 アリオス 中劇場
●新潟公演
10月30日(日) りゅーとぴあ 新潟市民 芸術文化会館 劇場
●東京公演
11月1日(火)〜11月2日(水) 吉祥寺シアター
●熊本公演
11月27日(日) 熊本県立劇場 演劇ホール
●山口公演
12月11日(日) 山口情報芸術センター スタジオA

PROGRAM 1.「ダンスの系譜学」

DaBY Performing Arts Selection2022-2.jpg

ダンスの歴史に注目し、ダンスを「継承」し、そして「再構築」するという視点からプログラムを構成した公演です。
(初演 2021年10月 愛知県芸術劇場にて)

◎酒井はな
世界中のバレエダンサーが踊り続けてきたフォーキン原作の『瀕死の白鳥』。本公演では日本を代表するダンサーである酒井はなが演劇作家の岡田利規と取り組んだ新解釈バージョンを上演します。白鳥の死因に迫ることで、バレエの様式を解体し、現代のパフォーミングアーツの新たな局面を切り開くことを目指します。

◎中村恩恵
言葉にならなかった声に耳を澄ませた中村の新作『BLACK ROOM』と、ネザーランド・ダンス・シアターのイリ・キリアンが中村のために振り付けた、闇の中から生まれ落ちた新たな生命を想起するような連作。この2作品を合わせて上演します。

◎安藤洋子
宮沢賢治の「春と修羅」をモチーフにした安藤洋子の『MOVING SHADOW』は、オーディションで安藤が見出した2名の若手ダンサーとの約2年のクリエイションを経て誕生した新作です。本作品とともに、フォーサイス『Study # 3』の作品の最後にあたる島地保武との即興デュオを、連続上演します。

PROGRAM 2.「鈴木竜トリプルビル」

コロナ禍でいだいた「わたしのからだはわたしのものか?」という問いへの回答として創作された3作品のうちの 2作品を、新たなダンサーを加えたダブルキャストで上演します。(初演:2021年12月 愛知県芸術劇場にて)

『When will we ever learn?』
演出・振付:鈴木竜 (Dance Base Yokohama)
出演:飯田利奈子、柿崎麻莉子、 鈴木竜、中川賢 / Ikuma Murakami [ダブルキャスト] ドラマトゥルク:丹羽青人 (Dance Base Yokohama)
『never thought it would』
演出・振付・出演:鈴木竜 (Dance Base Yokohama)
出演:柿崎麻莉子 [ダブルキャスト]

詳細・お問い合わせ
https://dancebase.yokohama/event_post/performing_arts_selection2022

DPAS_tokyo_front.jpg

ページの先頭へ戻る