【公演】Ensemble Sonne ダンス公演『緑のテーブル2017』

ensemblesonne2022.jpg

ensemblesonne2022_2.jpg

原作「緑のテーブル」は、ドイツ表現主義舞踊の泰⽃クルト・ヨース振付により1932年に発表され、その後の現代舞踊の発展に⼤きな影響を与えた現代舞踊史の原点に⽴つ作品です。この作品から想を得て振付家岡登志⼦によって創作されたダンス作品「緑のテーブル2017」を上演します。
「緑のテーブル」は戦争に対する強いメッセージ性を持つ作品として「反戦バレエ」とも呼ばれ、今⽇まで世界各地で数多く再演されてきました。本作はそんな激動の歴史に深く関わり受け継がれてきた舞踊作品の「⽣命」に思いを馳せ、ダンス作品を継承するための技術と思想はどのようにあり、またどのようにあるべきかを追求し、原作の振付や⾳楽を⼀切使わずに創作されました。激動する時代の中で、時を超えても変わらないものとは何か、踊りとは何かを問いかけていくダンス作品です。

●日時:
2022年7⽉22⽇(⾦)19:00 開演
7⽉23⽇(⼟)14:00 開演
※受付開始は開演の60分前 ※上演時間約60分
●会場:神戸市・中央区⽂化センター 多⽬的ルーム(2022年7⽉オープン予定)

●料金:⼀般 3,000円 |学⽣2,500円|当⽇ ⼀般・学⽣共3,500円 (全席⾃由)
●チケット取扱
Peatix https://greentable2022kobe.peatix.com/
Stores https://ensemblesonne.stores.jp

WEBサイト https://www.ensemblesonne.com

[構成・振付・演出]岡 登志子
[美術]廣中 薫
[照明デザイン]岩村原太
[特別出演]貞松 融
[出演]
垣尾 優、中村恩恵、糸瀬公二、堤 悠輔(貞松・浜田バレエ団)、桑野聖子、中根千枝、舞羽、秋田乃梨子、松村有実、高橋佑紀、野村王雅、岡登志子

[舞台監督]大田和司
[音響]西川文章
[音楽協力]田村ゆう子
[衣装]牧 和美
[制作]アンサンブル・ゾネ、ゾネオフィス

●お問い合わせ:アンサンブル・ゾネ
メール:ensemblesonne@gmail.com
Tel:0797-38-7335
ウェブサイト http://www.ensemblesonne.com

ページの先頭へ戻る