【公演情報】ワルツ〜カミーユ・クローデルに捧ぐ〜 パフォーマティブアートVol.2

1903VPC01.jpg

世紀末のパリ...二人の女。
女性彫刻家カミーユ・クローデルと彼女に憧れる「私」。

ロダン没後100年を記念して、ロダン彫刻《地獄の門》の前で開催された、若村麻由美が語る物語が映像で映し出され、その前で、生の音楽とパフォーマンスが女性彫刻家の心情を描く。
日本が誇る作曲家・坂田晃一が作曲したテーマ曲『カミーユのワルツ』、挿入歌『MITASORA』は、切なくも美しいメロディーでカミーユ・クローデルに寄り添う。
映像と音楽とパフォーマンスが三位一体となって、新しい創造の世界を作る『ワルツ〜カミーユ・クローデルに捧ぐ〜 パフォーマティブアートVol.2』!!
カミーユ・クローデルに思いをはせる「私」...彼女は幸せだったのか?その思いの真実とは!?女性彫刻家の心情が、今、明かされる!!

<東京公演>
2019/2/20(水)
会場:日暮里サニーホール (東京都)
<大阪公演>
2019/3/16(土)
会場:阪急うめだホール (大阪府)

出演:坂東祐子 / 福田好 / 木村有岐 / 小山恵 / 高木美香 / 浜野千種 / 坂下忠弘 / 大杉光恵 / 安藤梨乃 / 坂田晃一

問い合わせ先 ワルツプロジェクト:080-4406-3638

1903VPC04.jpg

ページの先頭へ戻る