MY CHANGINGO1

MY CHANGINGO1

わたしも気づけばママ7年目
少しずつ変わっているのかも

変化って、そのときよりも、後になって気づくことが多い気がします。モデルとして上京し、「世界ふしぎ発見!」のミステリーハンターとして世界中を飛び回っていたわたしですが、気づけば書くお仕事が増えてきました。当初はいざ取り組もうとパソコンに向かっても操作の仕方が怪しいレベル。それが昨年初めてのエッセイ本「蝶の粉」を発刊。感慨深いです。もともとはサンケイ新聞社の「Kitte!」という隔月刊誌で連載していたものを、休刊後に改めてまとめるというものでした。でもいざまとめようとしたら、書き始めた5年前とは色々とズレがありすぎて。だったら見直しながら、もう一度書いてみることに。結局手を加えず出せたのはたった1話だけでした。思えばエッセイを書き始めた頃は、まだ息子を産んだ直後だったので、おっぱい中心の毎日。それが今では息子も立派におしゃべりをするようになり、わたしも書くという経験値が少しだけ増え……。毎日を精一杯生きてきただけだけど、自分でも気づかないうちに、モノの見え方が変わっていたんだなって思いました。

COORDINATE POINT

スカート見えするチュールのパンツは本当に素敵でした。最近は自宅で過ごす日が増えたので、リラックスウェアの大事さを痛感しています。これは日常をランクアップしてくれる一枚。パンツだから脚を組んだり、どんな格好でも気を使わなくてもいいのも快適。半袖にもなるレイヤードニットも、温度調整がしやすくて便利。

COORDINATE POINT

スカート見えするチュールのパンツは本当に素敵でした。最近は自宅で過ごす日が増えたので、リラックスウェアの大事さを痛感しています。これは日常をランクアップしてくれる一枚。パンツだから脚を組んだり、どんな格好でも気を使わなくてもいいのも快適。半袖にもなるレイヤードニットも、温度調整がしやすくて便利。

MY CHANGINGO2

MY CHANGINGO2

“書くこと”って冒険。
でも難しいから楽しい

一方で変わらないこともあります。それは書くことの難しさ。最近も月に1本くらいのペースで書くお仕事をしていますが、相変わらず書くモードにマインドチェンジするのに苦労しています。今も5行だけ書いた原稿が、3日間も放置されている状態(笑)。わたしの中では喋ることと、書くことはまるで別もの。喋ることは来た球を打ち返す瞬発力が必要ですが、書くことは持久力。掘って掘って掘り続ける。泳いで泳いで泳ぎ続けたら、ふとどこからか流れてきた葉っぱを拾えた!という感じ。ただ以前は子どもが寝た後や、早く仕事が終わったら息子のお迎えまでとか、書く時間帯はまちまちでした。それが最近は子どもの登校後、朝8時から原稿に向き合うように。大した変化はないけれど、前よりはちょっとだけ書くスイッチが切り替わりやすくなった気がします。

COORDINATE POINT

オールインワンって無条件でおしゃれに見えるので大好きです。これはやわらかくて肌触りがよく、どこも締め付けないシルエットで、着ていてストレスフリー。家でもリラックスして着られるし、外にも出かけられるおしゃれさ。インナーに着たノーソーイングのニットも、とにかくすごく伸縮性がいいので、脱ぎ着も楽にできます。

COORDINATE POINT

オールインワンって無条件でおしゃれに見えるので大好きです。これはやわらかくて肌触りがよく、どこも締め付けないシルエットで、着ていてストレスフリー。家でもリラックスして着られるし、外にも出かけられるおしゃれさ。インナーに着たノーソーイングのニットも、とにかくすごく伸縮性がいいので、脱ぎ着も楽にできます。

MY CHANGINGO3

MY CHANGINGO3

わたしがおうち好きになるなんて!
自分の“変化”も新鮮

ルーティンと言えば、旦那も8時から書斎に入って仕事をするのですが、わたしがキッチン横のカウンターで書き始めると、たっぷりとコーヒーを入れて置いてくれる。それを「ありがとう」と言って飲む。わたしは職業柄、仕事は行く時間も行く先もバラバラで、ルーティンとは無縁の日々でした。だから朝決まった時間に書き始めるというルーティンが心地良くて。そして10時くらいから洗濯をしたり、スーパーに行ったり、時にはお花を買いに行ったり……。若い頃はとにかく気持ちが外に向いていて、出かけたくて出かけたくてたまらなかった。すぐに海外にいきたい。友だちと飲みに行きたい。買い物に行きたい。それがコロナのこともあったのですが、今は家の中で過ごすことがとっても心地良く、いかにストレスフリーなのかがわかりました。だけどこれも、いろいろな経験をしてきたからこそ、家の良さが身に染みるというのはあるかもしれません。

COORDINATE POINT

このデニムは伸縮性が素晴らしい。あまりにフィットするので、まるではいていないみたい。骨盤が立つようになっている腰周りのパターン設計も、言われたら「確かにちょっと姿勢が良くなっているかも」と思うくらい、違和感がないのもすごいなと。ボアのブルゾンも、サイドのラウンドカッティングが、カジュアル過ぎずかわいい。

MY CHANGINGO4

わたしは、かわいいおばあちゃんを
目指してます!!

年齢を重ねていく中で、少しずつ変化を感じるこの頃。有難いことに、これまでも身体のトラブルは特になく、今日までモデルを続けて来られました。早朝のロケも何のその!どこでも眠れたし、強い日差しなど過酷な環境下でも肌荒れしらず。だからこそミステリーハンターができたというのもあり、これに関しては親に感謝というよりありません。自分だけは一生老けないに違いない!と、そんな何の根拠もない自信があったわたしですが(笑)、確実に訪れる変化の波には抗えず。最近はフェイスラインのたるみとちょっとチリチリしてきた髪質の変化にショックを受け、真剣に頭皮マッサージを始めたところです。ただ初めて白髪を発見した時も、二の腕のたるみを自覚した時もそうでしたが、最初はガーンとくる。受け入れることができて、そんな自分に寄り添うことで極めて前向きに。今は60代になっても70代になってもすてきな人がいっぱいいるから。シワシワだけどかわいいおばあちゃんになりたい!自分を赦しつつ、変化を楽しんでいけたらいいなと思っています。

COORDINATE POINT

ダウンの色味がありそうでない上品なカラーリング。ポケットが大きなところも、サイドはボタンでスリットが作れるようなデザインがモードな雰囲気に見えます。中に着たダンボール素材のセットアップも、すっきりきれいに見えて、洒落感たっぷりです

紹介したアイテムはこちら!

※掲載商品はすべて総額表示(税込)になります。

PROFILE

浜島 直子さん

(モデル)

NAOKO HAMAJIMA

#18歳でモデルデビュー #一児の母 #保護犬のシーズー:ピピちゃん #絵本作家
2014年に男児を出産。母になった現在も、センスのよいライフスタイルが支持され、女性誌、テレビ、ラジオなど多方面で活躍。日常を包み隠さず切り取ったインスタグラムも公開中。夫・アベカズヒロ氏との共著絵本『ねぶしろ』(ミルブックス)がある。2020年9月には初の随筆集「蝶の粉」を出版し、40代の現在も新しいことに挑戦している。

公式HP: http://hamaji.jp

Instagram: @hamaji_0912

STAFF
MODEL/NAOKO HAMAJIMA
PHOTO/KEIICHI SUTO
STYLING/MAKOTO FUKUDA
HAIR&MAKE-UP/YUMI NARAI
EDIT/YUKIKO TSUKADA

STAFF
MODEL/NAOKO HAMAJIMA
PHOTO/KEIICHI SUTO
STYLING/MAKOTO FUKUDA
HAIR&MAKE-UP/YUMI NARAI
EDIT/YUKIKO TSUKADA