お知らせ一覧

【社員インタビュー】「チャコットにしかできないことを提案しています」<営業の仕事>

トピックス

interview_sunaga_001.jpg

販売一部 販売一課 外商 係長
須長 泰平(31歳)
【出身】日本大学 文理学部 卒


<主な仕事内容>
・都内のバレエ団・バレエ教室への営業
・係員の売上・予算・スケジュール管理

これが私の仕事です

interview_sunaga_003.jpg

チャコットにしかできないことを提案しています

東京都23区のバレエ教室の営業を担当しています。
主な仕事内容としては、お教室の発表会情報などを把握し、それに向けた商品や衣裳の提案をします。

タイツやシューズをご紹介し、バレエシューズやトゥシューズに関しては自分で生徒さんのフィッティングをして1人ひとりに合うシューズを提供します。また、発表会用の衣裳に関しては、お客さまのイメージを伺い、お客さまのためだけの一点を作り上げるフルオーダー衣裳の提案などをしています。

実際に衣裳を製作するのは製作担当者ですが、お客さまのサイズ採寸や簡単なデザインの提案等は私がしています。もともとお付き合いのあるお教室はもちろんですが、チャコット製品をお使いではないお教室へのアプローチもしています。チャコットにしかできないことを常に提案できるように日々努力しています。


係長に昇進してからは上記の業務に加え、中間管理職として現場と経営層の橋渡しができるよう日々務めています。

だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード

interview_sunaga_002.jpg

根気強い営業でお客さまが心を開いてくださったこと

チャコット製品をお使いでないお教室に営業に行ったのですが、新規営業だったこともあり、最初はお話を聞いていただけませんでした。

売上を意識するのではなく、「先生に会うだけでも」という気持ちで暑い日も約束時間前から先生をお待ちし、根気強く会いに行きました。その熱意が通じたのか、徐々にお教室の状況や悩み等をお話しくださり、私自身もその状況に合った提案をするなどして、先生からご注文を頂けるまでになりました。

営業としての自分を受け入れていただけたようでとても嬉しく、衣裳、メイク道具、さらには発表会の記念品のオーダーまで、トータルなご注文をしていただけるまでになったことが印象的でした。
お会いすると親しみをもって接してくださったり、発表会に招待していただいたりすることもあって、それがより仕事の励みになりますね。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由

interview_sunaga_004.jpg

誇りを持って働ける仕事です


私はダンスの経験は全くありませんでしたが、学生時代から趣味として舞台を観ることが好きでした。また、もともと服が好きで、アパレル業界を中心に幅広い視野で様々な会社の会社説明会に参加していたところ、ダンス用品専門のアパレル会社とも言えるチャコットの存在を知りました。

チャコットに入社したら、自分が好きな「衣服」や「舞台」に携わりながら仕事ができると思いました。

また、会社説明会でチャコットについてくわしく知り、バレエ業界のリーディングカンパニーとして自信を持っておすすめできるこだわりの商品をお客さまに提案できることで、自分自身も誇りをもって働いていけると感じたことから、入社を志望しました。


 

これまでのキャリア

2010年4月 入社(営業部門配属)
2017年3月 係長昇進



未来の仲間へメッセージ

就職活動は、学生から社会人へのステップアップの一段階であり、人生の中で最も「色々な会社を見ることができる時期」です。アクティブに行動して様々な仕事と出会い、視野を広げるようにしてください。新しいことに積極的にチャレンジしたい方、チャコットで一緒に働けることを楽しみにしております!


 

ページの先頭へ戻る