インタビュー & コラム

コラム 針山愛美

針山愛美 〜バレリーナのベルリン日記〜 ヨーロッパのダンス事情をバレエダンサー目線でご紹介します。

コラム 針山愛美の記事一覧

3月に入りようやく太陽が戻ってきました。

私達バレエ団の当初の予定では、1月の日本公演の間にドイツオペラにお引越ししてるはずでしたが、私の予想していた通り工事が延びて3月7日になりました。 本当に国立歌劇場の日々を過ごした最後の日々。。。。とても名残惜しかったですが、ついにドイツオペラに移りました。。 2月10日から20日 ベルリン映画祭が開催されました。 今回は1作品しか見ることが出来ませんでしたが、街中がベルリン映画祭の関係者で華や

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2011/03/10掲載

2011年 今年の幕開けは何と言っても日本ツアーでした。

ベルリン国立バレエ団の日本公演の為、90名のメンバーのうち、68名のダンサーとスタッフとで来日しました。 1月12日 日本到着!2階建ての新型飛行機で日本に上陸しました。その後バスでホテルへ。 この日はお休み、私は家族に会いに行きましたが、皆はきっとゆっくり寝たのでは??各自自由行動でした。1月14日 東京文化会館でリハーサル。 クラスの後、久しぶりの通し稽古。オーケストラの演奏で、お客様をお迎

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2011/02/10掲載

2011年 新しい年をベルリンで迎えました。

昨年も一言では言えない位色々なことを学び、体験した1年でしたが、また新しい目標に向かって進んで行きたいと思います。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。 今年は1月新年早々から日本公演という年明け。 嬉しい幕開けとなります。 12月10日 今シーズンの『くるみ割り人形』が始まりました。 <キャスト> ヤナ・サレンコ&ジーヌ・タマズラカウ 12月13日、21日も『くるみ割り人形』の公演。 今年も、

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2011/01/11掲載

11月は、雪が降ったりマイナス18度まで下がったりと本格的な冬がやってきました。

12月は日も短くなり、殆ど太陽を見る日はありませんが、クリスマスマーケットが華やかに街を彩っています。 11月8日 <モスクワ公演> 11月7日のベルリンでの公演『ラ・ペリ』終演後、深夜便でモスクワに。 シラー劇場から空港へ直行し、モスクワ到着は8日当日の早朝6時前でした。 少し休憩し、エストラーダ劇場でのリハーサル。 岩田守弘さん率いる日本のダンサー、ロシアのダンサー、音楽家が集いモスクワでの

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2010/12/10掲載

11月は一年で一番寂しい雰囲気の月です。

月末にはクリスマスマーケットが並び華やかになるはずですが、それまでは少し哀愁漂う雰囲気のベルリンから。。。10月10日 『YMA』という作品をフリードリッヒシュタッツパラストで見ました。エンターテーニングショーです。 歌あり踊りあり、照明や演出、衣装も派手で面白かったです。 その後、佐渡裕 指揮、ベルリン・ドイツ交響楽団のコンサートを聴きに行きました。日本の演奏家による笙の演奏、めったに聞くことの

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2010/11/10掲載

10月に入りベルリンもすっかり冬らしくなってきました。

もう既に9月からクリスマスのお菓子が店頭に並び、気分は年末。。。 コンサートやオペラのシーズンも始まり活気が出てきました。 9月10日、11日 2日続けて、ベルリンフィルハーモニーでコンサートを聞きました。 演目は 作曲Berio Coro for 40Stimmen and 44 Instrumente Strawinsky Pulcinella(バレエ音楽) ストラヴィンスキーのプルシネラは

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2010/10/12掲載

9月。ベルリンは秋を越えて冬のような雰囲気です。

8月末には10度まで気温が下がり、、同じ日に日本のことをインターネットのニュースで見ると35度とありました。。。 今思うと、夏が懐かしい! 8月9日から11日 Yダンスカンパニーで、講習会を無事終えました。 今回はオレクシー・ベスメルトニ氏とポール・ジュリウス氏をお迎えしました。 ポール氏は私も振付をしていただき、8月14日の奈良のコンサートで彼の作品を踊りました。 お二方ともベルリンでお世話に

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2010/09/10掲載

暑い夏からお届けします。

7月はベルリンのシーズン2009〜2010が終了しました。 そして、日本に帰国! 色々ありまして、人生初めて松葉杖を。。。。足を痛めてしまいました。。。 でもそれも数日で松葉杖は使わなくてよくなりました。 7月10〜12日 イスタンブールに行ってきました。 急に行ってきたので、何の予約もせずに飛んでいった感じです。。。。 でも、存分に楽しみました。 二つの、、、いや、それ以上の民族、宗教が交じ

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2010/08/10掲載

7月、ベルリンは日が長く22時位まで明るい日が続いています。

6月19日(22日、7月1日も同キャスト) 『バヤデルカ』の復活公演初日。 <キャスト> ニキア:ベアトリス・クノップ ソロル:ドミトリー・セミョーノフ ガムザッティ:エリザ・カブレラ 今回は、デザインは以前と同じですが、衣装を全部新調しました。新しい衣装で踊れるのは気持ち良かったです。 マラーホフ監督は、全公演を袖からご覧になっていました。 ニキアのベアトリスは情感溢れる素晴らしい演技でしっく

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2010/07/12掲載

国立歌劇場がついに改装のため一時閉鎖に入りました。

私が来てから5年、いつも舞台を共にしてきたステージをもう見ることはありません。。。 本当に寂しいです。 やっと夏日が訪れたベルリンよりお届けします。 5月8日 ダンスサミットが始まりました。 <エイズガラの公演> ウリヤーナ・ロパートキナは今回出演されませんでしたが、それ以外はシーズンの初めに上演されたオープニングガラと内容、プログラムは同じです。 幕開けは「ショピニアーナ」、その後「ソファ」

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2010/06/10掲載

緑が美しい季節になりましたね。

日本はゴールデンウイークも終わり、またいつも通りの日々が始まった頃でしょうか? ベルリンも日が長くなり、夜9時を過ぎても昼のようです。先月で少し触れたロシア公演の続きですが、4月9日 ヤスカラワではガリーナ・ウラノワ フェスティバルの最終日の公演。 ウラノワのポートレイトがステージの真中上に掲げられ、彼女が見守る中、公演が素晴らしい雰囲気で行われました。この劇場の監督は、元ボリショイバレエのスター

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2010/05/10掲載

4月に入りました。

3月は「ラ・ペリ」の公演が計3回。 3月11日 「ラ・ペリ」本番 <キャスト> ペリ:ヤナ・サレンコ ムハメッド:ウラジミル・マラーホフ 当初予定されていたディアナ・ビシニョーワが来られなくなったので、ヤナ・サレンコがマラーホフ監督と踊りましたが、とても似合っていてカップルとしてもとっても良かったです。 ヤナは存在が、妖精そのものでした。 ペリは毎回沢山のお客様が見に来てくださり、満員御礼が続

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2010/04/12掲載

春の気配を感じる3月になりました。

2ヶ月以上雪が降り続き、氷となっていた通りも元通りになりほっと一安心です。2月17日から20日AMZOLYMPが開催されました。 今年で7回目を迎えたこのコンクールが今年も熱気に包まれ素晴らしい若いダンサーの才能を垣間見ることが出来ました。 今年も500人位の参加者がありました。 17日はプライベート学校 18日は国立バレエ学校 19日は民族舞踊グループもしくはソロとモダンに分かれて審査されました

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2010/03/10掲載

寒い日が続くベルリン。

今年に入ってからもずっと雪景色が続いています。道はアイススケートのように滑り本当に危険。 その様な日々が続いても芸術は熱いです。 1月10日、(26日も同キャスト) 『チャイコフスキー』の本番。 この日は、ポリーナのデビュー公演でした。 <キャスト> チャイコフスキー:ライナー・クレンシュテター チャイコフスキーの妻:ポリーナ・セミョーノワ エック:ビアラ・ナテェワ チャイコフスキーの影:イ

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2010/02/10掲載

2010年!!!本年も宜しくお願いいたします!!

今年は1月1日から本番でしたのでゆっくりする時間がありませんでしたが毎年のことですので新年も大晦日も普通どおり過ごしました。まずは12月の話題から。。。 12月11日、15日 本年度の『くるみ割り人形』の公演が始まりました。今シーズンは殆どの公演がドイツオペラで行われます。 <キャスト> マリア:リュドミラ・コノワノワ プリンス:マリアン・ワルター 例年上演していますが、パトリス・バルト版です。

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2010/01/12掲載

2009年も残すところ数週間となりました。

11月12日『EONNAGATA』を見ました。Berliner Festspiele主催の公演。シルヴィ・ギエムがベルリンで公演すると言うまたとない機会でした。ダンサー&振り付けSylvie GuillemRobert LepageRussell Maliphant18世紀のフランス、Chevalier d Eonという人物と歌舞伎のonnagata(女形)をかけて題名になったようです。ところどこ

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2009/12/10掲載

11月はベルリン壁崩壊20周年記念イベントで盛り上がっています。

20年たって目まぐるしく変化を続けるベルリン。 日に日に魅力的な都市に変わりつつあります。 10月10日 エッセンで公演を見ました。 作品名:『Tanzhommage an Queen』クイーン 振り付け:Ben Van Cauwenbergh ステージング:Dimitrii Simkin 衣装:Ben Van Cauwenbergh Aalto-Theater 再演 04.09.2009

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2009/11/10掲載

ベルリンもすっかり秋

ベルリンもすっかり秋。。。秋を通り越して冬のような寒さです。音楽やオペラのシーズンも始まり芸術満載の秋になりました。9月17日、18日、19日デュッセルドロフで、もう既に19回目を数える「Altstaatsherbst」というフェスティバルに出演しました。デュッセルドロフの町中いたる所にポスターが貼ってあり、町をあげての大きなイベント。「Gaikotu」という作品に出演しました。45分の作品で出演

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2009/10/13掲載

ベルリン国立バレエ団2009 - 2010年シーズンがスタートしました。

8月日本では世界バレエフェスティバルを見ることが出来ました。 ベルリンからはポリーナ・セミョーノワとヤナ・サレンコ、そして監督のウラジミル・マラーホフが出演していました。ヤナは夫のマリアンと息子のマレイと共に家族で来日。 モスクワ、ニューヨーク、サンクトペテルブルグ、ハンブルグ、シュツットガルト、ロンドン、など現地でのバレエ団で見たことがあるダンサーたちが、ここ東京に集まって公演するのはバレエフェ

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2009/09/10掲載

今月はベルリンのシーズンは夏休み中!

現在日本に居ますがNYの様子などお届けしたいと思います。7月5日久しぶりのアメリカへ。 ドキドキしながら入国。 何しろ最近入国審査が厳しくなっているのでグリーンカードで入国できるか心配しましたが無事パスポートコントロールを通過し、妹真実の新しい新居へ向かいました。 マンハッタンを一望できるすばらしい景色。。。バカンスに来た気分で妹との再会を楽しみました。 真実の家は3階立ての大きなコンドミニアムに

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2009/08/10掲載

ページの先頭へ戻る