インタビュー & コラム

コラム 友谷真実

友谷真実 〜私の踊りある記〜 アメリカのダンス事情をバレエダンサー目線でご紹介します。

コラム 友谷真実の記事一覧

A HAPPY NEW YEAR!

2008年、今年は私にとって充電の年です。 以前にこの「踊りある記」に書いたように、来年は『Nutcracker!』と『シザーハンズ』のスケジュールが重なるので、私はマシューの作品の『Nutcracker!』を選びました。ですから5月半ば迄『Nutcracker!』です。その後はマシューのカンパニーは『シザーハンズ』のインターナショナルツアーとロンドン公演がありますが、この作品には出演しません。2

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2008/01/10掲載

『Nutcracker!』(くるみ割り人形)のリハーサルが始まりました!

『ザ・カー・マン』のUKツアーが土曜日に終わり、1日休みで次の月曜日から始まりました。『ザ・カー・マン』から参加する私たちには結構きついスケジュールでした。特にUKツアーの間フラットをキープせず、ツアー先からツアー先に動いていた私やケリー、ジェマ、ルークなどは、ツアー中にロンドンのフラットをインターネットや友人を通して探して、日曜日に移動(引っ越し)したので休みという休みがありませんでした。考えて

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2007/12/10掲載

イギリスは冬です!

『ザ・カー・カーマン』のUKツアーも後半に入りました。 舞台はとっても寒いです。 なのに1枚のワンピースを着ただけで裸足で踊らないといけません!私は寒いのが大の苦手なので冬のUKツアーは大嫌いです。 あまりにも寒くて鳥肌が立っているのに夏の演技をしないといけません。 ユニオン(組合)規定の温度になっていない場合、劇場側はヒーターをオンにしないといけません。また、カンパニーはサイドステージにショーが

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2007/11/10掲載

『ザ・カー・マン』のUKツアーが始まりました。

今年のイギリスは夏がほとんどなく、秋から冬に入って来ています。 『ザ・カー・マン』のUKツアーが始まりました。 ロンドン公演中はみんな出来るだけ早く家に帰りたいのでなかなか一緒に飲みに行くことはありませんが、ツアーが始まるとみんな終演後に飲みに行くので仕事以外の話ができるのはとても楽しいです。 そして、みんな『ザ・カー・マン』の次の仕事の話をし始めました。 『ザ・カー・マン』の後は『Nutcra

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2007/10/10掲載

『The Car Man』のロンドン公演1ヶ月が無事終わりました。

『色々な国からプロデュサー、プロモーターの方たちが観に来られていました。 イタリアからはこの『カー・マン』を野外劇場で上演しないか、という申し出があったみたいです。サドラーズ劇場は毎回満員や満員に近い状態でした。 アダム・クーパー(2回も!)やウイリアム・ケンプなどマシューの公演に関わったことのあるダンサーたちはみんな観に来てくれました。 ダンサーたちはアザがたくさん出来ましたが大きな怪我はなくハ

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2007/09/10掲載

「London Studio Centre」の卒業公演を観に行きました。

「London Studio Centre」(ロンドンにあるダンス・スクールの一つです。)の卒業公演を観に行きました。 マシューとスコットも観に来ていました。 最初の作品は『ドン・キホーテ』から、Irek Mukamedov(イレク・ムハメドフ)が振付構成したものです。 みんな素晴らしいのですが、特に日本人の活躍が目につきました。一人のメインの子も日本人でしたし他の日本人の子たちもみんなテクニ

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2007/08/10掲載

『The Car Man』の公演が始まりました。

やはりスタジオで演じるのとは違い舞台ではセット、衣装、照明が入り、特に2幕では血をたくさん使うのでリアリティ、緊迫感があります。週8回公演ですが、1回公演の日は他のキャストのため通しリハーサルをしたので、9回公演をするのと同じでした。毎日午前中から夜の10時、11時まで劇場にいたのでみんな相当疲れています。もちろん、オーバタイムだとその分支払ってもらうのですが、かなりハードでした。 私を含め『シザ

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2007/07/10掲載

やっとアメリカからロンドンに戻って来ました!

昨年の11月以来です。やっぱりBritish Englishの方が私には解りやすいです。 アメリカ公演もいろいろありましたが、ロス公演では、ジョニーデップが家族で観に来てくれ楽屋に私たちを訪ねてくれたことも思い出ですね。彼はとても気さくで、一人一人の目を見て握手をしてくれました。作品を楽しんでくれたみたいです。 正直に言うとアメリカツアーはとても楽しかったので、ケリーとシェルビーと3人でイギ

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2007/06/10掲載

先日、『The Car Man』のミーティングがありました。

その前に誰がどの役をするのかは個別にメールでオファーがあり、そのオファーが自分にとってハッピーかどうかそれぞれが返事をして始めて全員に発表されます。ハッピーでない場合はキャストチェンジあるいはこのオファーを受けないダンサーも出て来ます。 今回マシューがオファーしたダンサーの全員の名前は発表され、マシューは「良いダンサー達が集まってうれしい。」と言っていました。ニューヨークでマシューと何人かのダンサ

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2007/05/10掲載

ニューヨーク(ブルックリン)での公演が始まりました!

メンバーの半分はカンパニーが用意したブルックリンのホテルではなくマンハッタンに個別に予約したホテルやアパートメントに滞在しています。 もちろん私もマンハッタンに3週間滞在しています! ニューヨーカーに混じって地下鉄で劇場に通うのはとても気持ちがいいです。 お客さんの反応はとても良いです。マチネ(昼公演)では普段静かなのですがここでは大きな笑いと拍手がありうれしいです。 ただ、ニューヨークの天気

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2007/04/10掲載

3週間のお休みが終わり、ワシントン公演です。

3週間のお休みが終わり、ワシントン公演です。 ほとんどのメンバーはイギリスに帰りましたが、私は暖かいマイアミとキーウエスト、とっても寒いニューヨークで過ごしました。 ニューヨークではミュージカルを3本とバレエを一つ観て、ジャズバーにも行き寒さに負けず行動を起こしましたが、午前中はアパートメントホテルにずっといました(笑)。イギリスより寒さがハードなのできつかったです。ミュージカルはマシュー振り付

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2007/03/10掲載

『シザーハンズ』のシステムの一端に触れましょう。

アメリカ公演にも慣れ楽しく演じていますが、ここで今回の『シザーハンズ』のシステムの一端に触れましょう。 私たちは週に8回公演があります。 シザーハンズ・カンパニーのメンバーは、全員7回出演し、1回はお休みがもらえるようにキャストが決まっています。『シザーハンズ』は今までと違い、全員が2役から3役はしません。ALTERNATES(ダブルキャスト)として、女性二人(レイチェル・ランカスター、ミカ)と

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2007/02/10掲載

A HAPPY NEW YEAR!

2007年。 世界が平和に向かって行きますよう祈りつつ、『シザーハンズ』はアメリカツアー中です。 エタが2週間出演してイギリスに帰りました。サンフランシスコでは、スタンバイとして他の役を勉強している人たちのリハーサルも無事に始まりました。 このリハーサルの前にカンパニークラスがあります。そのためにホテルからまずは稽古着に着替えるため劇場に歩いて行きます。 この歩く距離は15分~20分ですが治安

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2007/01/10掲載

ミュージカル『EVITA』を観ました。

このミュージカルの曲は好きな音楽の一つなので劇団四季滞在の時もチャンスがあれば何度も観に行っていました。そのため、はじめは頭の中で日本語の歌詞が出て来て英語に集中出来ませんでしたが、解ってくるとかなりイギリスのきついジョークも入っているのに驚きました。 とても素晴らしい舞台であっという間でしたね。 メインのエビータを演じる役者さんは、巻き舌で英語を話すというか歌っていたので、それがアルゼンチンの人

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2006/12/10掲載

バケーションでドイツに行ったときのことです。

エッちゃん(秋谷悦子さん)がパーティーを開き、そこでデュッセルドルフにいる日本人の方たちに会いました。カンパニーに音楽を創ってパフォーマンスをしている方、通訳をしながら大学に行っている方、陶芸家、ピナ・バウシュの学校に行っている若いダンサーの方たち、次の日には駐在人の奥様でダンスのオープンクラスやドイツ語学校に行っている方など、みなさん素敵な方たちで日本では知り合えない方との出会いがありました。特

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2006/11/10掲載

フー、やっとホリデーです!

私は去年の10月からホリデーがなかったのでゆっくり充電をするつもりです。 まずは、この2ヶ月だけカンパニーの友人、エタの家に滞在しています。 エタの子供イザベルは10歳で毎日色々とおしゃべりをしますが、これはとても私の英語の勉強になります。 時々、一緒に夕食を作ったり82歳のエタのお父さんもいらっしゃるので一緒に飲んだり?! 一般の家庭を経験しています! まー、エタの家では『Swan Lake』や

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2006/10/10掲載

夏も終わり、『シザーハンズ』日本公演も終わりました!

暑い中、劇場に足を運んで下さり応援をどうもありがとうございました。 今回はファミリーミュージカルみたいで見やすかったと思いますが、踊りは少ないと思われたでしょうね。特にチャコットさんのホームページを見ている方はダンスが好きな方たちと思いますので。 踊りは少なくても、芝居やジェスチャーでストーリーを引っ張るのにはそうとうなエネルギーと集中力がいるので私たちは毎回終演後くたくたでした。2時間の上演

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2006/09/10掲載

『シザーハンズ』韓国公演中です!

私は2度目ですが前回の『Nutcracker!』の時は風邪を引いていたので、あまり(休演日も含めて)韓国公演を楽しめませんでした。ただマシューが私のクララを観るのも含めて韓国に来た時、日本人の私が主役をしても、舞台に出てすぐに客席から大きな拍手を頂いたのにはビックリしました。 上演中もたくさん笑いと拍手をもらい、とても感動したのを覚えています。 今回は体調万全なので韓国公演をとても満喫しています。

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2006/08/10掲載

6月はホリデーです。

『シザーハンズ』は昨年の10月からお休みがなく今年の5月末までずっと続いていたのでみんなこのホリデーをとても楽しみにしていました。私は梅雨の日本にいました。 8月にある後藤早知子さんの50周年記念公演『Sachiko』のリハーサルのためです。『Sachiko』リハーサル私が一生懸命に共演者の西祐子さん、能美健志さんや高部尚子さんと振りを考えている間にイギリスのカンパニーメンバーから来るメールと言え

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2006/07/10掲載

ここ2週間でミュージカルを2本、コンテンポラリーダンスを1本観ました。

最初はミュージカル「シナトラ」です。 幕が上がると舞台上にとても立派なオーケストラがひな壇のようにいます。 そのオーケストラの舞台が動くと、ダンススペースが出来たり、大きなスクリーンが使われていますが、それ以外は舞台セットのないシンプルな演出でした。 このスクリーンにシナトラの映像が映ったり、ダンサー達の持った傘や風船にも映像が映り、さらに映像からダンサー達が出て来たりというのはとてもおしゃれな感

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2006/06/10掲載

ページの先頭へ戻る