インタビュー & コラム

コラム 友谷真実

友谷真実 〜私の踊りある記〜 アメリカのダンス事情をバレエダンサー目線でご紹介します。

コラム 友谷真実の記事一覧

トニー賞の受賞式をご覧になりましたか?

演劇作品賞でトニー賞を取った"ALL THE WAY" のスタッフさんが夫の友人で、観て来ました。"ALL THE WAY" は、J. F .ケネディが暗殺された後から始まります。ちなみにこのミュージカルの主役、副大統領から大統領になったリンドン・ジョンソンもケネディが暗殺された時、後ろの車に乗っていました。舞台は上手も下手(舞台の両サイド)も2段になったベンチの椅子で、センターにも国会議事堂のよ

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2014/07/10掲載

エタのKNEEHIGHカンパニーの『Tristan & Yseult』(トリスタンとイゾルデ)の公演をシカゴに観に行ってきました!

エタは、イゾルデを演じていました。 このカンパニーについては以前ニューヨーク公演のことをここで書きましたが、本当にユニークな芝居カンパニーです。 この悲劇をこれだけ美しく、面白く、大胆に演出するのは凄いですね!始まる前から役者が生バンドで50年代のケネディー夫人の様な衣装で、ジャズを歌っています。他の役者たちは全員コートとフードをかぶって、記者のような感じで、お客たちと気軽に話しをしたり、ジョーク

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2014/06/10掲載

第2回TBE大阪が無事に大成功で終わりました!!

参加者の中には、2回目の方初参加の方など、南は鹿児島から北は新潟からと、ホステルに滞在し、6日間朝〜夕方までびっしり、ミュージカル(演技、歌、ダンス、シアターダンスなど)を習いました。もちろん大阪近辺で家から通いだった方たちもがんばっていました!11歳〜14歳までのレベル1は、初日のヴォイスクラスでグループに別れて、人前で歌いました。声を出す前に、表現するエネルギーがなく、後でお世話係の方に聞くと

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2014/05/12掲載

日本の皆さん、マシュー・ボーンカンパニーで踊っていたPhilip Willingham (フィル)を憶えていらっしゃると思います。

日本公演『くるみ割り人形』『愛と幻想のシルフィード(Highland Fling)』『シザーハンズ』で来日していました。その後、ニューヨークに移り俳優として映画の仕事を主にしていました。 その彼が、今年の1月に癌で他界されました。私は、昨年11月のニューヨークで『Sleeping Beauty』公演の時に彼に会いました。とっても痩せていて彼自身もなぜ体重が減って行くのか分からない、と言っていました

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2014/04/10掲載

アメリカのコンテンポラリーバレエダンスカンパニー、「CEDAR LAKE」のクラスとリハーサルを見学しました。

このカンパニーは16名のダンサーが所属していますが、男女ともとても強いテクニックを持っていて、時々、女性なのか男性なのか分からなくなるぐらいです。  年齢は20歳から31歳ぐらいまのダンサーたちで、いろいろな国の人がいてとてもインターナショナルでしたし、このまま個性や国が違うダンサーたちでやっていきたいそうです。 カンパニースタジオもとても広く空間が良く、れんが造りの倉庫みたいですが、おしゃれで隣

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2014/03/10掲載

1月から、ミュージカル映画「Fame」(フェーム)で有名になった...

1月から、ミュージカル映画「Fame」(フェーム)で有名になったLaGuardia(ラガーディア)ハイスクールで演劇科の生徒たちにダンスを教え始めました。場所は、リンカーンセンターの後ろ側です。近くにはジュリアード学院もあり、この高校から何人かの卒業生がここに進学しています。ラガーディア高校は公立ですが、一般教科は勿論ですが、他に演劇、ダンス、音楽方面の才能を要求されます。もちろん入学するにはオー

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2014/02/10掲載

明けましておめでとうございます

2014年も皆様にとって健康で新たなワクワクすることがあり、素敵な出会いがある年でありますように。マシュー・ボーンの『Sleeping Beauty』USAツアーが無事に終わりました! 4年カンパニーから離れている間に、ほとんどのカンパニーメンバーがチェンジしていて、なじめるか、あるいは、このツアーをやると決めたことを後悔しなければ良いな。と心配していましたが、とても楽しく、有意義のある期間でした

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2014/01/10掲載

"Curtain Raiser"というのを聞いたことがありますか?

"Curtain Raiser"(開幕劇、前座でのパフォーマンス)というのを聞いたことがありますか?ニューヨークのマシュー・ボーン"Sleeping Beauty"の公演前に行われました。演じたのは、ニューヨークの Frank Sinatra performing arts schoolの生徒さんたちです。内容は、前回「私の踊りある記」でも紹介しましたRe:bourne(リ:ボーン)です! マシュ

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2013/12/10掲載

第2回TBE 大阪が2014年3月25日(火)〜30日(日)まで開催されます!!

ブロードウェイで毎夏行われているミュージカルプログラムの6日間コースです。もちろん、講師たちもブロードウェイと日本、世界で活躍している方たちです。私もアシスタント、講師として参加します。前回は、約40名の10歳〜24歳の方が全国から参加されました。会場の上階にあるユースホステルに宿泊して参加された方が多かったです。今回も食事付で、前回同様、皆さんをお世話してくださる方もいらっしゃいます。あっという

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2013/11/11掲載

New Adventuresカンパニー、 マシュー・ボーンの『Sleeping Beauty』のリハーサルがロンドンで2週間ありました。

New Adventuresカンパニー、 マシュー・ボーンの『Sleeping Beauty』のリハーサルが、ロンドンで2週間ありました。これは、9月から11月までの3か月間のアメリカ公演のためです。 といっても、最初の1週間は毎日2時間半か3時間だけのリハーサルです。相変わらず短い期間ですが、なんとか最後の2回通し稽古に参加出来ました。 ダンサーの一人が、「Mamiは、憶えるのがスーパー早い!」

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2013/10/10掲載

Re:bourne(リ:ボーン)で沖縄と台湾の子供たちと、ショー『THE QUEST』を発表しました

Re:bourne(リ:ボーン)では、一般の子供たちから学校、ダンスの生徒さんたちに、マシュー・ボーンの作品作りのメソッドを使って、一緒に作品やシーンを創ります。普通は3時間で2、3日のワークショプですが、公演も創ります。 私もイギリスの普通の小学校〜大学の演劇科、アメリカのダンススクール、日本の一般募集で集まった方々にこのワークショップをしたことがありますが、ダンスの経験がない、一般の子供たちと

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2013/09/10掲載

マシュー・ボーンの『ドリアン・グレイ』東京公演が...

私とエタは、マシュー・ボーンの『ドリアン・グレイ』東京公演が大成功で無事に終わり、すぐにRe:bourne(リ・ボーン)の仕事で沖縄入りしています! そして私は、 Re:bourne(リ・ボーン)が終わると、次の日にTBEのためニューヨークに旅立ちます!『ドリアン・グレイ』は、マシューが入ってから毎日通し稽古をしました。出演者全員にストーリーの流れに慣れてもらい、マシューのダメ出しの箇所を修正する

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2013/08/12掲載

マシュー・ボーンの『ドリアン・グレイ』のリハーサル2週目が終わって、この「踊りある記」を書いています。

やっと、1幕が全部終わり、2幕の大きなダンスシーンも一つ終わりました。予定では、マシューが来日するまでの来週中に2幕も全部終えます。New Adventuresカンパニーのリハーサルは、日本人ダンサーたちからすると、とてもゆっくりみたいで、早く振りをとにかく欲しい、という方もいたみたいですが、だんだんとその場面を一緒に作っていくのを楽しむ様に気持ちを切り変えた、と言っていました。 でもお芝居のリハ

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2013/07/10掲載

久しぶりにマシューのカンパニーとお仕事を一緒にします!

日本公演の『ドリアン・グレイ』です。 今回は、初めてパフォーマーとしてはなく、リハーサルアシスタント(振付助手)としての仕事です! 昨年の冬に、エタから「日本人ダンサーたちで『ドリアン・グレイ』の公演をする話があるけど、マット(マシューのことを私たちはマットと呼びます。)が、私と真実でやると良い、と言っているけど、興味はあるか」と、メールが来ました。 マシューの作品を全幕、他のカンパニーが演じる

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2013/06/10掲載

The Broadway Experienceが初めて大阪で開催されました!

ニューヨークのブロードウェイミュージカルプログラム、The Broadway Experience(ブロードウェイエクスペリエンス)が初めて大阪で開催されました!全国(鹿児島から仙台)から38名(10歳〜24歳)の参加がありました。 このプログラムは10時から18時までの6日間コースです。ほとんどの参加者が開催されたココプラザ内にあるユースホステルに滞在して、朝から夕方までミュージカル漬けでした。

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2013/05/10掲載

親友の一人であり、ロンドンのカンパニーで一緒だったエタがニューヨークの舞台に立ち、その舞台を観てきました。

親友の一人であり、ロンドンのカンパニーで一緒だったエタがニューヨークの舞台に立ち、その舞台を観てきました。 2年ぶりの再会です。マシュー・ボーンのアソシエイトディレクターですが、今回は俳優としてKNEEHIGHカンパニーの舞台『THE WILD BRIDE』に立っています。 最初は、振付家として参加したそうですが、ディレクターからぜひ出演してほしい、と言われアメリカ公演からの参加です。この作品、な

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2013/04/10掲載

無事に私が振付したピッツバーグ大学のミュージカル『Zanna Don't ! 』がオープンしました!!

なんとこの大学は、ジーン・ケリーが卒業した大学でした! この演目は、オフ・ブロードウェイの作品で、ゲイ、レズビアンの世界で起こる様々な出来事、そこで男の子と女の子が恋に落ち、周りから変な目で見られるけど、主役のZannaがこの二人のために世界を変えるという、奥の深いストーリーです。アメリカの軍当局で実際に使用された規則、「Don't ask Don't tell」(聞くな、言うな)をもじったシーン

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2013/03/11掲載

ピッツバーグ大学の演劇科のミュージカル公演『ZANNA DON'T』の振付を担当しています。

初のミュージカル振付です!もちろん、私です、最初にお話があった時は「NO!」と答えました。全幕振付などの経験がないので。:) でも、再度オファーがあり、友人達も「MAMIなら今までの経験を使って出来る!もし、振付に困ったら、今まで踊ったのを使えば良い!」と‥・そんなことして良いの? と思ったけど、まー、どんな振付家にも最初があり、行動に起こさなかったらいつまでも経験出来ないな‥・と思い、お受けしま

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2013/02/12掲載

新年、明けましておめでとうございます。

2013年も、「踊りある記」ともどもどうぞ宜しくお願いします。 今年も震災の影響を受け、苦しまれている方たちがいることを忘れず、出来ることからサポートしていくのを、心がけようと思っています。 日本、世界が平和で、希望に向かって1歩進む2013年となりますように。さて、2013年の最初の舞台は何にするか、選ばれましたか? 私は、まだ決めていませんが、「踊りある記」には、新年に書こうと思っていた、『W

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2013/01/10掲載

ブロードウェイのミュージカル『エビータ』は、満席のお客様を迫力のある舞台で存分に楽しませていました!

以前この「踊りある記」でも何回か触れました、日本人のプロデューサ、川名康浩さんもプロデュースされている作品です。 私は、エビータの音楽が大好きですが、生のオーケストラと素晴らしい役者さんたちの声で、大満足でした。主役の女性は、第1キャストのElena Rogersがバケーション中で、第2キャストの方が演じていましたが、声が良く、見栄えも美しく、一緒に観に行った友人は、第2キャストの女性の方が好き。

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2012/12/10掲載

ページの先頭へ戻る