ワールドレポート

ニューヨーク

ワールドレポート ~世界のダンス最前線~ From NewYork <ニューヨーク>

ニューヨークの記事一覧

ディアナ・ヴィシニョーワがABT引退公演でマルセロ・ゴメスとタチアナ役を踊り喝采に包まれた

AMERICAN BALLET THEATRE(ABT) アメリカン・バレエ・シアター"Onegin" by Johon Cranko 『オネーギン』ジョン・クランコ:振付2003年に初めてアメリカン・バレエ・シアターに客演として招かれ、その後2005年にプリンシパルとして入団したディアナ・ヴィシニョーワ。彼女が入団して初めてABTで『ドン・キホーテ』のキトリを踊った時のあの驚きと衝撃は今でも忘れ

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/07/10掲載

マーリア・アレクサンドロワがブランカ・リーと踊った『ゴッデセス&デモネセス』

Blanca Li Productions ブランカ・リー・プロダクションズ"Goddesses & Demonesses" by Blanca Li 『ゴッデセス&デモネセス』ブランカ・リー:芸術監督&振付3月3日から4月1日まで、ニューヨーク・シティ・センターで、ブランカ・リー・プロダクションズによる『ゴッデセス&デモネセス』の公演がありました。ブランカ・リーは、振付家、ダンサー、映画

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/07/10掲載

ミスティ・コープランドのエキゾティックな美しい踊りが注目された、ABTの『金鶏』

American Ballet Theatre アメリカン・バレエ・シアター"The Golden Cockerel" by Alexei Ratmansky 『金鶏』 アレクセイ・ラトマンスキー:振付アメリカン・バレエ・シアターの公演から、ABT専属振付家、アレクセイ・ラトマンスキー(Alexei Ratmansky)によるバレエ『金鶏 (The Golden Cockerel)』を見た。このバ

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/07/10掲載

偉大な作曲家、チャイコフスキーの人生と芸術を多彩な表現で描いた、エイフマン・バレエ

Eifman Ballet of St. Petersburg サンクトペテルブルグ・エイフマン・バレエ"Tchaikovsky"by Boris Eifman 『チャイコフスキー』ボリス・エイフマン:振付エイフマン・バレエのニューヨーク公演でもう一つ上演されたのは、『チャイコフスキー』であった。これは音楽で愛されてはいるが、その人生はあまり知られていない偉大な作曲家の生涯をバレエにしたものだ。P

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/07/10掲載

プリマ・バレリーナ、スペシフツェワを題材としたエイフマンの『赤いジゼル』

Eifman Ballet of St. Petersburg, サンクトペテルブルグ・エイフマン・バレエ"Red Giselle" by Boris Eifman「赤いジゼル」ボリス・エイフマン;振付ロシアのバレエ団、エイフマン・バレエがニューヨーク公演を行った。今回は二つのフルナイト・バレエを上演した。そのうちの一つ、ボリス・エイフマン(Boris Eifman)振付の『赤いジゼル』は実存した

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/07/10掲載

映画『ブラック・スワン』でポートマンとダブルで踊ったサラ・レーンとコルネホの素晴らしい『ジゼル』

American Ballet Theatre アメリカン・バレエ・シアター"Giselle" by Jean Coralli, Jules Perrot and Marius Petipa 『ジゼル』 ジャン・コラーリ、ジュールス・ペロー、マリウス・プティパ;振付ABTのジゼルを違うキャストで見た。先日『ドン・キホーテ』の本番中に負傷して、一番の見せ場を飾れなかったエルマン・コルネホ(Herma

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/07/10掲載

エルマン・コルネホ、スカイラー・ブラント、ジェフリー・シリオ、サラ・レーン、ダニエル・シムキンが踊ったABTの『海賊』

American Ballet Theatre アメリカン・バレエ・シアター"Le Corsaire" Choreography by Konstantin Sergeyev, after Marius Peptipa, Staged by Anna-Marrie Holms, after Petipa and Sergeyev 『海賊』 コンスタンチン・セルゲイエフ;振付(マリウス・プティパに基

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/07/10掲載

ボサノヴァとタップダンスを融合したフェリペ・ガルガンニの素晴らしいショー

Felipe Galganni & Company フェリペ・ガルガンニ&カンパニー"TAP & TOM" Felipe Galganni 「タップ&トム」フェリペ・ガルガンニ:プロデューサー、芸術監督、振付、アイデア4月21日、ザ・プレイヤーズ・シアターでブラジル人タップダンサーのフェリペ・ガルガンニ&カンパニーによる"タップ&トム"の公演がありました。世界初演でチケットはソール

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/06/12掲載

スターンズがセオを頭上高くリフトすると、ジゼルの霊が空中を飛んでいるかのように見えた!

American Ballet Theatre アメリカン・バレエ・シアター"Giselle" by Jean Coralli, Jules Perrot and Marius Petipa 『ジゼル』 ジャン・コラーリ、ジュールス・ペロー、マリウス・プティパ;振付ABTの公演から古典中の古典、『ジゼル(Giselle)』を見た。この作品の様に非常によく知られているレパートリーの見どころは、踊るダ

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/06/12掲載

クリスティーン・シェフチェンコと小川華歩が『ドン・キホーテ』デビューを飾った、アメリカン・バレエ・シアター

American Ballet Theatre アメリカン・バレエ・シター"Don Quixote"  by Marius Petipa and Alexander Gorsky 『ドン・キホーテ』マリウス・プティパ、アレクサンダー・ゴルスキー;振付この日はアメリカン・バレエ・シアターの『ドン・キホーテ』公演でソリストのクリスティーン・シェフチェンコがキトリ役、そしてコール・ド・バレエの小川華歩が

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/06/12掲載

コルネホとコチェトコワの素晴らしいデュエット・・・そしてABTの実力を知らしめた見事な『ドン・キホーテ』

American Ballet Theatre アメリカン・バレエ・シター"Don Quixote" by Marius Petipa and Alexander Gorsky 『ドン・キホーテ』マリウス・プティパ、アレクサンダー・ゴルスキー;振付今年のアメリカン・バレエ・シアター(ABT)の春の公演は、『ドン・キホーテ』で開幕した。ABTの見どころは古典作品と、それを踊るプリンシパルの芸術性だ。

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/06/12掲載

「フラメンコ・フェスティバル2017」より、オリガ・ペリセットの現代的なフラメンコ

COMPANIA OLGA PERICET "PISADAS" Flamenco Festival 2017『ピサーダス』コンパニーア・オルガ・ペリセット フラメンコ・フェスティバル2017 オルガ・ペリセット:芸術監督、振付、出演毎年恒例になりつつある「フラメンコ・フェスティバル2017」のメインイベントのフラメンコ公演が、3月9日から12日まで、ニューヨーク・シティ・センターにて行われました。

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/05/10掲載

「フラメンコ・フェスティバル2017」 ヘスース・カルモナ Jesus Carmona インタビュー

4月号で公演をレポートしましたヘスース・カルモナは、私にとって現在、世界一の実力派バイラオールです。クラシック・バレエに慣れている私が心底驚いたバイラオールは、歴史的に滅多に出てこないものではないかと直観しました。おそらく、他のバイラオールとは鍛錬の積み上げ方が違うと思われ、インタビューしました。 ヘスースは、私が観たフラメンコの中では速打ちのスピードが速く音も大きく、迫力があって正確なリズムだと

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/05/10掲載

ディラン・トマスの詩の朗読により力強く明確な解釈で踊られた、クリストファー・ブルースの『Ten Poems』ほか

Scottish Ballet スコティッシュ・バレエ"Sinfonietta Giocosa" by Bohuslav Martinu、"Motion of Displacement" by Bryan Arias、"Ten Poems" by Christopher Bruce 『シンフォニエッタ・ジオコサ』 クリスタファー・ハンプソン:振付、『モーション・オブ・ディスプレースメント』 ブライ

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/05/10掲載

ジュリエットを踊ったロカスとマキューシオの新井誉久が喝采を浴びた、1930年代を背景とした『ロミオとジュリエット』

The Joffrey Ballet ジョフリー・バレエ団"Romeo and Juliet"  by Krzysztof Pastor 『ロメオとジュリエット』 クリストフ・パストール:振付創立者、ロバート・ジョフリーの死後、経営難のためにニューヨークからシカゴに移動したジョフリー・バレエが、移転後20年にして初めてニューヨーク公演を行った。いきなり、リンカーン・センターの、いつもはNYCBやA

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/05/10掲載

坂東玉三郎の演出による鼓童の『打男/DADAN 2017』がニューヨーク公演で喝采を浴びた

鼓童『打男/DADAN 2017』 坂東玉三郎:演出3月1日から4日まで、ブルックリンのBAMで、鼓童の『打男』の公演が行われました。3月11日から25日までのアメリカ公演ツアー(ニューメキシコ州サンタフェ公演は完売)に先駆けての、ニューヨーク公演でした。私が観劇したのは3月2日。休憩を1度はさんで2時間の作品でした。 人間国宝であり、世界的な歌舞伎役者(立女形)としてだけではなく、舞踊家としての

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/04/10掲載

へスース・カルモナの圧巻のサパティアード、フラメンコフェスティバル2017

" GALA FLAMENCA " Flamenco Festival 2017「ガラ・フラメンカ」フラメンコ・フェスティバル2017「フラメンコ・フェスティバル2017」のメインイベントのフラメンコ公演が、3月9日から12日まで、ニューヨーク・シティ・センターにて行われました。ニューヨークでは重要なフェスティバルの一つとされていて満員御礼です。本場スペインからやってくるフラメンコ公演をニューヨー

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/04/10掲載

ニューヨーク・ダンサー=インタビュー:クリスティーン・シェフチェンコ(アメリカン・バレエ・シアター、ソリスト)

クリスティーン・シェフチェンコはウクライナ生まれ。体操からスタートしたダンサーである。家庭の事情で子供の時にアメリカに移住、フィラデルフィアで育ったが、ワガノワ・メソッドでトレーニングを続け、次々とコンクールに入賞、いきなりABTのカンパニークラスのオーディションを受けてパスした。コール・ド・バレエ時代からプリンシパルの代役を踊るなど業績を上げ、この春のメトロポリタン・オペラハウスでの公演では、初

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/04/10掲載

ページの先頭へ戻る