ワールドレポート

東京

ワールドレポート ~世界のダンス最前線~ From Tokyo <東京>

東京の記事一覧

古典バレエとコンテンポラリーな作品が楽しめたラフィネ・バレエコンサート

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchi東京シティ・バレエ団ラフィネ・バレエコンサート 『ラ・バヤデール』より影の王国 安達悦子:再振付、『雨の下の<私たち>』中島伸欣:振付ほかラフィネ・バレエコンサート 2013は、東京シティ・バレエ団の創立45周年記念公演シリーズ III として開催された。古典バレエとコンテンポラリーなバレエ作品によるプログラム構成であ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/06/10掲載

震災からの復興を希求する "コッペリア" の物語が熱く踊られた

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchi松山バレエ団『コッペリア』または『Festival de la Renaissance』清水哲太郎:構想・構成・演出・台本振付松山バレエ団が<『コッペリア』または『Festival de la Renaissance』>新制作し初演した。レオ・ドリーブの『コッペリア』に基づいて、清水哲太郎が換骨奪胎。設定を原典のポーラ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/06/10掲載

吉田都とジョゼフ・ケリーのグラン・パ・ド・ドゥが夢みる時間を輝かせた

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchiスターダンサーズ・バレエ団『シンデレラ』鈴木稔:演出・振付バレエ『シンデレラ』は、心の純粋な少女に奇跡が訪れるという物語が多くの人々に愛されている。同時にバレエの題材としても相応しいし、セルゲイ・プロコフィエフの音楽もまた、多くの人々に愛されている。というわけで、じつに多くの振付家が『シンデレラ』の振付を手掛けている。

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/06/10掲載

オペラ座の底力を感じさせた、洗練されたエスプリとスケールの大きな魅力的バレエ

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchiパリ・オペラ座バレエ団『天井桟敷の人々』ジョゼ・マルティネス振付『天井桟敷の人々』はオペラ座がエトワールだったジョゼ・マルティネスに委嘱して振付られた大作バレエだ。原作とされたのはあまりにも有名なジャック・プレヴェール脚本、マルセル・カルネ監督、ジャン・ルイ・バロー、アルレッティ、ピエール・ブラッスール、マルセル・エラ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/06/10掲載

日本古来の楽器とフラメンコにより鍵田真由美が踊った圧巻の『狂い〜シギリージャ』

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi SekiguchiARTE Y SOLEA desnudo vol.10「鼓童×FLAMENCO」 鍵田真由美・佐藤浩希:出演・振付・演出鍵田真由美と佐藤浩希のARTE Y SOLERAがdesnudoのvol,10として、「鼓童×FLAMENCO」を上演した。鼓童からは吉井盛悟、坂本雅幸、前田剛史が参加して、大太鼓、小太鼓、胡弓、奄美

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/05/10掲載

「時代」を顕著に表現しつつ、ともに踊られていくバランシンとビントレーの3作品

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchi新国立劇場バレエ団「ペンギン・カフェ2013」『シンフォニー・イン・C』ジョージ・バランシン:振付、『E=mc²』デヴィッド・ビントレー振付、『ペンギン・カフェ』デヴィッド・ビントレー振付「ペンギンカフエ2013」はジョルジュ・ビゼー曲による『シンフォニー・イン・C』から始まった。良く知られる若き日のビゼーが17歳の時

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/05/10掲載

熊川哲也と英国気鋭の振付家 リアム・スカーレットが新作を同時世界初演

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi SekiguchiK-BALLET COMPANY『ベートーヴェン 第九』熊川哲也:演出・振付、『Simple Symphony』(世界初演)熊川哲也:振付、『Promenade Sentimentale』(世界初演)リアム・スカーレット:振付・衣裳デザインK バレエ カンパニーの熊川哲也の新作『Simple Symphony』(音楽:

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/05/10掲載

日本のコンテンポラリー・ダンスに可能性を感じさせてくるダンス

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchi新国立劇場バレエ団「DANCE to the Future 2013」『The Well-Tempered』中村恩恵:振付『O Solitude』『Who is "Us"?』中村恩恵:演出・振付、『solo for 2』金森穣:振付中村恩恵は2007年にヨーロッパから日本に活動の拠点を移し、多くの振付作品を発表している

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/04/10掲載

勅使川原三郎がシュルツに触発されて創った、独特の"春"を表わす存在感

ワールドレポート/東京浦野 芳子text by Yoshiko UranoKARAS『春、一夜にして』ブルーノ シュルツ「春」より 勅使川原三郎 佐東利穂子 ジイフ 林誠太郎:出演 あれっ? いつもとなんだか雰囲気が違う。―ブルーノ・シュルツの短編『春』の一節が読み上げられ、まるで曙の空にかかる月のように、白い衣裳をまとい登場した佐東利穂子の隣でぎこちない動きを繰り広げはじめた彼は、やっぱり勅使川

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/04/10掲載

クラシッカルな感覚とコンポラリーのセンスが素敵なバランスをみせた、IBC主宰「Gala 2013」

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi SekiguchiBallet Gala 2013/Iwaki Ballet Company『チャイコフスキー・スウィート』西島千博:振付、『Wings to Fly』小尻健太:振付、『リベルタンゴ』Karina Sarkissova、『海賊』より マリウス・プティパ:振付、『眠れる森の美女』より マリウス・プティパ:振付、『Docto

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/04/10掲載

白鳥の女王としての気品ある踊りを見せたエフセーワ、バレエ協会『白鳥の湖』

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchi日本バレエ協会アレキサンドル・ゴルスキー版『白鳥の湖』マリウス・プティパ/レフ・イワノフ:原振付、アレキサンドル・コルスキー:改訂振付、ワレンチン・エリザリエフ:監修日本バレエ協会が2013都民芸術フェスティバル参加公演として、アレクサンドル・ゴルスキー版『白鳥の湖』を上演した。バレエ協会はかつて、小牧正英、島田廣、コ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/04/10掲載

音楽性豊かなバレエを一流のダンサーが踊った「NHK バレエの饗宴 2013」

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi SekiguchiNHK バレエの饗宴2013『コンチェルト』ケネス・マクミラン:振付 小林紀子・バレエ・シアター『ドニゼッティ・パ・ド・ドゥ』マニュエル・ルグリ:振付 橋本清香&木本全優『春の祭典』モーリス・ベジャール:振付 東京バレエ団『ラプソディ』からパ・ド・ドゥ 吉田都&ロバート・テューズリー『コッペリア』から第3幕 石井清子:

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/04/10掲載

原典を尊重した優美な振付によるクラシック・バレエ、牧バレヱ『眠れる森の美女』

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchi牧阿佐美バレヱ団『眠れる森の美女』テリー・ウエストモーランド:演出・振付(M.プティパによる)牧阿佐美バレヱ団の『眠れる森の美女』はテリー・ウエストモーランド版をレパートリーとしている。このバレエは、フランス ルイ14世時代の宮廷文化を背景に、善と悪、光と闇、生と死の対立を、シャルル・ペローの有名な童話に託して描いてい

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/04/10掲載

傑作の上演でベジャールの普遍性を改めて確認し、ユーモラスなジル振付作品も堪能

ワールドレポート/東京佐々木 三重子text by Mieko SasakiBEJART BALLET LAUSANNE モーリス・ベジャール・バレエ団A:"DIONYSOS(SUITE)" "BOLERO " by Maurice Béjart "SYCOPE" by Gil Roman『ディオニソス組曲』『ボレロ』モーリス・ベジャール:振付/『シンコペ』ジル・ロマン:振付B:"LIGT" by

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/04/10掲載

衣裳、装置、演出、そして音楽と振付が見事に調和して、素敵な「シンデレラ」が誕生した

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi SekiguchiK-BALLET COMPANY『シンデレラ』熊川哲也:演出・振付K-BALLET CAMPANYの『シンデレラ』は、熊川哲也のオーチャードホール芸術監督就任を記して、昨年2月に世界初演された。熊川にとっては9作目にあたるグランド・バレエの演出・振付作品である。この魔法のファンタジーは、ロイヤル・バレエの大先輩のアシュ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/04/10掲載

ナイフによって愛の情念の極北を描いたスペイン舞踊劇の傑作『メディア』

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchiスぺイン国立バレエ団『グリート』アントニオ・カナーレス:振付、『セビリア組曲』アントニオ・ナハーロ:原案、振付、演出、『ホタ〜スペインのオペラ「ラ・ドローレス」より』ピラール・アリソン:振付、『ファルーカ〜フラメンコ断章』フアン・キンテーロ:振付、『ボレロ』『メディア』ホセ・グラネーロ:振付スペイン国立バレエ団が6年ぶ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/03/11掲載

首藤康之が兵士を見事に演じ小尻健太の悪魔が躍動した、中村恩恵振付『兵士の物語』

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi Sekiguchi2012 ART DANCE KANAGAWA No.9『兵士の物語』中村恩恵:振付ART DANCE KANAGAWAの9回目は、中村恩恵が振付けたイーゴリ・ストラヴィンスキー作曲の『兵士の物語』。この作品はストラヴィンスキーがロシア革命によって領地を失い、経済的苦境に陥った第1次世界大戦後に、小規模の楽器編成と小劇

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/03/11掲載

ディアギレフのバレエ・リュスが甦るフォーキンの4作品をNBAバレエ団が上演

ワールドレポート/東京関口 紘一text by Koichi SekiguchiNBAバレエ団『ル・カルナヴァル』ミハイル・フォーキン:振付、セルゲイ・ヴィハレフ:復元『ポロヴェッツ人の踊り』オペラ「イーゴリ公」より ミハイル・フォーキン:振付、セルゲイ・ヴィハレフ:復元(ロプホフ版による)『ショピニアーナ』ミハイル・フォーキン振付、セルゲイ・ヴィハレフ:復元(ワガノワ版による)『クレオパトラ』ミ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2013/03/11掲載

ページの先頭へ戻る