ワールドレポート

東京

ワールドレポート ~世界のダンス最前線~ From Tokyo <東京>

東京の記事一覧

海外で活動する若いダンサーの気持ちが込められた闊達な舞台が印象的、BRIGHT STEP 2018

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi SekiguchiBRIGHT STEP 2018 with FASHION DESIGNERブライト・ステップ今年で4回目の開催となったBRIGHT STEP 2018 with FASHION DESIGNERを観た。この公演は、海外のカンパニーで踊るダンサーたちに、日本で公演する機会を与えることを一つの目的として行われている。そ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/09/10掲載

横浜港の夜景をバックに、野外ステージで踊られた東京バレエ団の3演目

ワールドレポート/東京佐々木 三重子 Text by Mieko Sasaki「Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018」〈横浜ベイサイドバレエ〉:東京バレエ団『タムタム』フェリックス・ブラスカ:振付、『ボレロ』モーリス・ベジャール:振付ほか3年に一度、横浜で開催される日本最大級のダンスの祭典「Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018」が、東京バ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/09/10掲載

『不思議の国のアリス』新『白鳥の湖』『マノン』ほか、英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2017-18がアンコール集中上映される

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi9月14日から19日まで、英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2017-18が集中してアンコール上映される。今シーズンのライン・アップは、『不思議の国のアリス』やリアム・スカーレット版新制作『白鳥の湖』など、満席の回も出た人気作が並ぶ。平野亮一、高田茜の日本人プリンシパルの活躍も際立つ。特に平野亮一は、シェイ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/09/05掲載

マリインスキー・バレエの石井久美子インタビュー「マリインスキーで踊る私を母が見てくれたことが一番嬉しかった」

ワールドレポート/東京インタビュー/梶 彩子----石井久美子さんは、ワガノワを2013年に卒業後、マリインスキー・バレエに入団され、今年で5年目になります。そもそもどのようにバレエを始められましたか。 石井 8、9歳の時に、お友だちにつれられてバレエ教室の体験に行ったことがきっかけでした。 ----プロを目指すようになったのはいつ頃ですか? 石井 マリインスキーに入団してからです。 --

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/08/28掲載

吉田都=公演直前インタビュー「堀内元さんと日本で踊ることができるのは、本当に素晴らしいことです」

ワールドレポート/東京インタビュー/関口紘一日本バレエ界の至宝ともいうべき吉田都と堀内元がともに舞台に立つ公演【Ballet for the Future 2018】開幕直前、超ご多忙中の吉田都にお話を聞くことができた。そして英国ロイヤル・バレエのプリンシパルとして踊り、今、日本の舞台で踊ることの意味、これからの日本のバレエについて心おきなく語っていただいた。また、【Ballet for the

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/08/20掲載

中村恩惠インタビュー 舞踊活動を展開してゆくのはまるで大海原を旅するようなもの「中村恩恵コレオグラフィック・センター」はその港になります

ワールドレポート/東京インタビュー/関口紘一----中村さんはヨーロッパで活動されていた時から、ご帰国されて日本を拠点に活動をされて、おおよそ10年ですね。恩惠 そうですね、私は最初クラシック・ダンサーとしてヨーロッパに渡り、モナコのバレエ団などで踊りました。その後、ネザーランド・ダンス・シアターに移りました。キリアン作品はバレエから発生していますが、ダンスシアターでどんどん新しいものに接していく

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/08/18掲載

気鋭の振付家、リアム・スカーレットが31年ぶりに『白鳥の湖』を新演出した! 英国ロイヤル・オペラ・ハウス2017/18シネマシーズン最後の上映

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi© ROH, 2018. Ph. by Bill Cooper英国ロイヤル・バレエが31年ぶりに新演出の『白鳥の湖』を上演した。プティパ/イワノフの振付に基づいて、アンソニー・ダウエルが演出したものが30年以上経過して、新しいジェネレーションのスタッフが作り、新たなダンサーたちが踊る舞台が必要だ(ケビン・オヘア芸術監

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/08/16掲載

極限的な環境の変化と人類の存在の対比が、ダンスのプリミティヴな動きよって客席に突きつけられた

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi東京芸術劇場 TACT/FESTIVAL 2018『Solstice―-夏至/冬至』ブランカ・リー:振付・演出冒頭に繰り広げられるプロジェクション・マッピングは、実に迫力があった。遠くで人間たちが熔けて行く映像、地球が猛烈な温暖化により燃え尽き、大寒波が襲来して氷河期となりすべてが氷結するまでの極限的変化が映される・

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/08/10掲載

世界バレエフェスティバルの開幕にふさわしいウルド=ブラームとエイマンによる『ドン・キホーテ』

ワールドレポート/東京佐々木 三重子 Text by Mieko Sasaki第15回世界バレエフェスティバル:全幕特別プロ東京バレエ団:『ドン・キホーテ』ウラジーミル・ワシーリエフ:振付第15回世界バレエフェスティバルの幕開けを飾るべく、全幕特別プロ『ドン・キホーテ』(ウラジーミル・ワシーリエフ版)が、フェスティバルに参加する2組のペアを招いて東京バレエ団により上演された。当初は、パリ・オペラ座

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/08/10掲載

中村恩恵、近藤良平、首藤康之と若い3人のダンサーが踊った「3」を廻る三つの物語

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi『Triplet in Spiral』『トリプレット・イン・スパイラル』中村恩恵:構成・演出、近藤良平、中村恩恵:振付中村恩恵の構成・演出による<「3」を廻る三つの物語>というサブタイトルが付された『トリプレット・イン・スパイラル』を見た。これは中村が立ち上げた、Nakamura Megumi Choreograph

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/08/10掲載

セーラー服を着た3人のバレリーナが「秘密の旅」をする・・・コシミハルの魅惑的な音楽とダンスを堪能

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchiフォリー・バレリーヌ「秘密の旅」コシミハル:芸術監督・音楽監督・特別出演作曲、作詞、編曲などの音楽家としてシンガーソングライターとして活躍し、その才能を武満徹や細野晴臣に愛されたコシミハルが音楽を構成し、芸術監督を務めた<フォリー・バレリーヌ>が、東京・渋谷の伝承ホールで上演された。これはチャコットが推進する「バレエ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/08/10掲載

娘とお父さんが踊った心を動かされる素晴らしいダンス、伊藤郁女の『私は言葉を信じないので踊る』

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi彩の国さいたま芸術劇場『私は言葉を信じないので踊る』伊藤郁女:テキスト・演出・振付伊藤郁女の『私は言葉を信じないので踊る』は、フランス、ベルギー、ドイツなどヨーロッパ諸国からカリブ海まで、既に100回も上演されているのだそうだ。今回、初めて日本語版が彩の国さいたま芸術劇場で上演された。photo/Arnold Gro

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/08/10掲載

海外のバレエ団で活動する若いバレエダンサーたちのエネルギー溢れる舞台、「Dance at the Gathering 2018」

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchiダンス・ウエスト「Dance at the Gathering 2018」パリ・オペラ座バレエ/オニール 八菜、マーク・モロー、イングリッシュ・ナショナル・バレエ/加瀬栞、ジョセフ・ケリー他:出演ローザンヌ国際バレエコンクールなどの入賞者を始めとする、海外で活躍するダンサーたちを中心としたガラ公演「Dance at

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/08/10掲載

永遠の命を得る水を巡り、人間の存在と自然の摂理が渡り合う、能『鷹姫』を観る

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi世田谷バブリックシアター「狂言劇場 特別版」能『鷹姫』W.B. イェーツ:原作、野村萬斎:演出<古典芸能という枠にとどまらず「"舞台芸術=パフォーミングアーツ"としての狂言」というコンセプトに基づき2004年にスタートした「狂言劇場」>の特別版と銘打って初めて能の演目『鷹姫(たかひめ)』が上演された。『鷹姫』は、18

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/08/10掲載

世界バレエフェスティバル開幕直前に、東京文化会館の舞台上で開催された記者会見

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi第15回世界バレエフェスティバルの開幕を2日後に控えて、記者会見が東京文化会館大ホールの舞台上で開かれた。リハーサルたけなわの世界バレエフェスティバルに出演するダンサーたちを、一挙にこの記者会見に参加させるのには、最も近く移動が不要の場所、ということがその理由なのかもしれない。しかし、記者たちは普段は眺めている舞台上

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/07/31掲載

小野絢子のオーロラ姫と福岡雄大のデジレ王子のグラン・パ・ド・ドゥが素晴らしかった

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi新国立劇場バレエ団『眠れる森の美女』ウエイン・イーグリング:振付(マリウス・プティパ原振付による)新国立劇場バレエ団は『眠れる森の美女』を再演した。キャストは米沢唯/井澤駿、小野絢子/福岡雄大、池田理沙子/奥村康祐、木村優里/渡邊峻郁の4組による5公演だった。イーグリング版の『眠れる森の美女』は2014年に初演され、

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/07/14掲載

舞踊とドラマが自然に融合した素晴らしい『ライモンダ』、牧阿佐美バレヱ団

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi牧阿佐美バレヱ団『ライモンダ』テリー・ウエストモーランド:演出・振付(マリウス・プティパによる)三谷恭三:改訂演出振付英国ロイヤル・バレエやスウェーデン・ロイヤル・バレエなどで活躍したテリー・ウエストモーランドは、1979年、『ライモンダ』全3幕を牧阿佐美バレヱ団に初めて振付けた。彼はその後、牧阿佐美バレヱ団に『眠れ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/07/14掲載

ブルメイステルの意図を尊重した完成度の高い舞台、東京バレエ団『白鳥の湖』

ワールドレポート/東京佐々木 三重子 Text by Mieko Sasaki東京バレエ団『白鳥の湖』ウラジーミル・ブルメイステル:改訂振付東京バレエ団が、ブルメイステル版『白鳥の湖』を2年振りに再演した。2016年2月にバレエ団として初演し、極めて高い評価を得たプロダクションだが、この時は装置こそ東京で製作したものの、衣裳はこの版を初演したモスクワ音楽劇場から借りたものだった。レパートリー化を確

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/07/14掲載

踊る喜びに溢れるアメリカのバレエの楽しさを教えてくれたNBAバレエの「ショート・ストーリーズ 9」

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi SekiguchiNBAバレエ団「Short Stories 9 ー BALLET INCREDIBLE」『La Vita』佐藤圭:振付、『ケルツ』ライラ・ヨーク:振付、『11匹わんちゃん』宝満直也:振付、『ブルッフ ヴァイオリン交響曲第1番』クラーク・ティペット:振付 他NBA バレエ団の『ショート・ストーリズ 9 ー バレエ イン

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/07/14掲載

ブランカ・リー『Solstice----夏至/冬至』に出演する日本人ダンサー、菅野由衣からのメッセージが届いた

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi東京芸術劇場がTACT/FESTIVAL2018の目玉公演として、パリを拠点に活発な舞台活動を行っているブランカ・リーとそのダンスグループを招聘。昨年9月にパリの国立シャイヨー劇場で発表して多くの話題を集めた『Solstice(ソルスティス)----夏至/冬至』を日本初演する。ブランカ・リーはスペインのグラナダ生まれ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2018/06/28掲載

ページの先頭へ戻る