ワールドレポート

パリ

ワールドレポート ~世界のダンス最前線~ From Paris <パリ>

パリの記事一覧

大喝采の中に幕を下ろした、フランドル・バレエの斎藤亜紀とウィムのガラ『オネーギン』

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet Vlaanderen 「『Onegin』 by John Cranko---Gala 20 jaar Aki & Wim」フランドル国立バレエ団 「亜紀・ウィムの20周年ガラ特別公演」『オネーギン』斎藤亜紀は16歳で入賞したローザンヌ国際バレエコンクールで受賞した奨学金でアントワーペン(現地のフラマン語で

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2014/12/10掲載

10人のオペラ座若手ダンサーがライヒの曲とともに生き生きと踊ったケースマイケルの『レイン』

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団Anne Teresa de Keersmaeke "Rain" 『レイン』アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマケイル:振付2011年にレパートリー入りしたアンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマケイル振付の『レイン』が再演された。2011年と違って

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2014/11/10掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:ジェルマン・ルーヴェ

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURAGermain Louvet ジェルマン・ルーヴェ(コリフェ)昨年のコンクールの結果、カドリーユからコリフェに昇級したジェルマン。その直前にはセ・ウン・パークと共にカルポー賞を受賞し、将来が楽しみな若手ダンサーの一人として注目されている。まだコリフェながら大抜擢され、この年末に『くるみ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2014/10/10掲載

人気のエトワール、デュポンとモロー、プジョルとガニオが競演したフォーサイス『ウーンドワーク1』他

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団Harald Lander " Etudes " /William Forsythe "Woundwork 1" " Pas/Parts " 『エチュード』ハラルド・ランダー:振付、『ウーンドワーク1』『パ・パーツ』ウイリアム・フォー

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2014/10/10掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:ローラ・エケ

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURALaura Hecquet  ローラ・エケ(スジェ)エレオノーラ・アバニャートに代わって、第4回エトワール・ガラに初参加したローラ。ガラでの来日は、2007年の「ルグリと輝ける仲間たち」以来である。 今回、バランシン、ニジンスキー、ロビンス、ヌレエフとスタイルの異なる4作品を踊ることで

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2014/09/10掲載

身体に潜む様々な断片のスケッチを積み重ねて描き出されるピナ・バウシュの世界

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris  パリ・オペラ座バレエ団Pina Bausch "Two cigarettes in the dark" Tanztheater Wuppertalbr 『暗闇の二本のたばこ』 ピナ・バウシュ:振付 ヴッパタール舞踊団パリ・オペラ座バレエ団の新シーズンが、

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2014/09/10掲載

プジョルとルナヴァンが繊細で美しい表現をみせた、ラトマンスキー振付『プシュケ』

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団Défilé du Ballet『デフィレ』/ Jérôme Robbins "Dances at a gathering"『ダンシズ・アット・ア・ギャザリング』ジェローム・ロビンズ:振付 / Alexeï Ratmansky "Ps

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2014/07/10掲載

デュポン、モロー、アバニャートが鮮烈に踊ったミルピエ振付の『ダフニスとクロエ』世界初演

Ballet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団George Balanchine "Le Palais de cristal"『水晶宮』ジョージ・バランシン:振付 /Benjamin Millepied "Daphnis et Chloé"『ダフニスとクロエ』バンジャマン・ミルピエ:振付 世界初演5月のパリ・オペラ座バレエ公演は、バスチーユオペラでジ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2014/06/10掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:セバスチャン・ベルトー

ワールドレポート/パリ大村 真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長) Text by Mariko OMURASébastien Bertaud  セバスチャン・ベルトー(スジェ)この夏の「エトワール・ガラ」のBプログラムで、振付作品がイザベル・シアラヴォラによって踊られることになったセバスチャン。昨年の昇級コンクールの結果、スジェにあがった彼はコレオグラファーでもある。エトワールたちと肩

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2014/05/12掲載

オペラ座のダンサーたちが生まれてくる様子を垣間見せた、オペラ座バレエ学校公演

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoEcole de Danse Spectacle パリ国立オペラ座バレエ学校公演『Concerto en ré』Claude Bessy 『協奏曲ニ長調』クロード・ベッシー:振付 『Napoli-Pas de six et Tarentelle』August Bournonville 『ナポリ』パ・ド・シスとタランテラ オーギ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2014/05/12掲載

パリ・オペラ座バレエ団 2014・2015年シーズンプログラム

ワールドレポート/パリ三光 洋 Text by Hiroshi Sankoバンジャマン・ミルピエ新バレエ芸術監督の第1シーズンだが、プログラムはブリジット・ルフェーブル現バレエ監督による。9月1日に故ピナ・バウシュが創設したヴッパタール タンツテアターの引越公演『闇の中の二つのシガレット』で始まり、2015年7月14日のアシュトン振付『リーズの結婚』とマクレガー振付『感覚の解剖学』で終わる。新作は

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2014/04/11掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:イヴォン・ドゥモル

ワールドレポート/パリ大村 真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長) Text by Mariko OMURAYvon Demol  イヴォン・ドゥモル(コリフェ)公演「若きダンサーたち」が4月18、 19、 22日に開催される。前回は2009年3月だったので、5年ぶりということになる。今回のプログラムは、10月にオペラ座を去るブリジット・ルフェーヴル芸術監督の在任中に創作された11作品で

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2014/04/11掲載

ルナヴァンの涙、デュポン&ル・リッシュのエトワール最後の共演が感動的ドラマを描いた

ワールドレポート/パリ三光 洋 Text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団Agnes De Mille "Fall River Legend" Birgit Cullberg "Mademoiselle Julie" 『フォール・リヴァー伝説』アグネス・デ・ミル:振付、『令嬢ジュリー』ビルギット・クルベ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2014/04/10掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:イザベル・シアラヴォラ

ワールドレポート/パリ大村 真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長) Text by Mariko OMURAIsabelle Ciaravola イザベル・シアラヴォラ(エトワール)2月28日、ガルニエ宮にてイザベル・シアラヴォラが『オネーギン』でアデュー公演を行った。パートナーは5年前のエトワール任命時と同じくエルヴェ・モロー。今シーズンは昨年10月10日にアニエス・ルテステュのアデュ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2014/03/10掲載

忘れ難いシアラヴォラとモロー、パリエロとパケットの『オネーギン』競演

ワールドレポート/パリ三光 洋 Text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団John Cranko "Onéguine"『オネーギン』ジョン・クランコ:振付2月のパリ・オペラ座バレエ団はクランコ振付の『オネーギン』を取り上げた。ロシア19世紀を代表する詩人アレクサンドル・プーシキンが書いた韻文の小説『エフゲ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2014/03/10掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー : エヴ・グリンシュタイン

ワールドレポート/パリ大村 真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長) Text by Mariko OMURAEve Grinsztajn エヴ・グリンシュタイン(プルミエール・ダンスーズ)2月はオペラ座で『オネーギン』のオルガ役と、『令嬢ジュリー』のヒロイン役。その後、3月の日本公演に参加し、『椿姫』でオランピア役とマノン役を踊る。昨年9月のガルニエ宮での公演でも、好評を博したこの二役。

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2014/02/10掲載

ヴィシニョーワ、ラントラートフがラトマンスキー版『ロスト・イリュージョン』を踊った

ワールドレポート/パリ三光 洋 Text by Hiroshi SankoBallet du Théâtre Bolchoï ボリショイ劇場バレエ団 パリ引越公演Alexeï RATMANSKY «Illusions perdues » アレクセイ・ラトマンスキー振付『ロスト・イリュージョン:失われた幻影』2シーズン振りにガルニエ宮にボリショイ劇場バレエ団が戻ってきた。前回2011年5月にはアレク

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2014/02/10掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:バンジャマン・ペッシュ

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURABenjamin Pech  バンジャマン・ペッシュ(エトワール)昨年12月はオペラ座でアンジェラン・プレルジョカージュの『ル・パルク』、そして2月はアニエス・デ・ミルの『フォールリバー伝説』で牧師役と、初役が続くバンジャマン・ペッシュ。7月末には、第4回目のエトワール・ガラで来日する

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2014/01/10掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:レオノール・ボーラック

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURALéonore Baulac レオノール・ボーラック(カドリーユ)11月9日に女性ダンサーの昇級コンクールが開催された。コリフェの2席を目指して参加したカドリーユは18名という高い競争率。結果は1位オニール八菜、2位レオノール・ボーラックで、この2名が来年1月1日よりコリフェに上がるこ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2013/12/10掲載

ピアニストのランランとヒューストン・バレエ団のコラボレーション『魂の音』

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoThéâtre des Champs-Elyséesシャンゼリゼ歌劇場 Houston Ballet ヒューストン・バレエLang Lang Danse Project「ランラン・ダンスプロジェクト」 Stanton Welch "Sons de l'âme" スタントン・ウエルシュ振付『魂の音』ピアノ界の中国人スター、ランラ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2013/12/10掲載

ページの先頭へ戻る