ワールドレポート

大阪・名古屋

ワールドレポート ~世界のダンス最前線~ From Osaka and Nagoya <大阪・名古屋>

大阪・名古屋の記事一覧

観客の心の中へダイレクトに接触を試みるコンタクト・ゴンゾ

ワールドレポート/大阪・名古屋加藤 智美text by Satomi Katoコンタクト・ゴンゾ/ゲスト:梅田哲也、姫野さやか『non title』あいちトリエンナーレ2010愛知県では、大規模な国際展覧会として第1回目となる『あいちトリエンナーレ2010』を開催した。『あいちトリエンナーレ201』の大きな特徴は、パフォーミング・アーツ部門の充実や、美術との境界領域を越えた「複合的」な作品を取り上

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/11/10掲載

うつつか幻か----日常と非日常のあわいに跳ねた鯉

ワールドレポート/大阪・名古屋小島 祐未子text by Yumiko Kojima平山素子 振付・ダンス『Carp with wings,me』あいちトリエンナーレ2010あいちトリエンナーレでは「都市の祝祭」をテーマに掲げ、既成のスペースを飛び出し、街なかでも多彩な発表が行われてきた。そういう企画とくれば、名古屋出身のコンテンポラリーダンサー・平山素子には地の利あり!? 同じく名古屋出身のハー

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/11/10掲載

関西の男性ダンサーたちが中心に石井潤、矢上恵子の新作を踊った

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna演出・振付:石井潤『THE HUMAN TOUCH』、矢上恵子『Mask』PDA(Professional Dancer's Assocation)関西の男性ダンサーは結束が堅いと、東京など他の地方を拠点にするダンサーに言われたことが数度ある。実際に彼らと接していても、先輩後輩のけじめをしっかりつけて、お互いが良

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/10/12掲載

セントルイス・バレエ芸術監督、堀内元 バレエ USA

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna演出・振付:堀内元「堀内元 バレエ USA」兵庫県立芸術文化センター元ニューヨーク・シティ・バレエのプリンシパルで、現在セントルイス・バレエ芸術監督を務める堀内元。バレエファンなら誰もが知っているバランシンに愛されたダンサーだったが、NYCBを止めた後もアメリカで活躍していて、彼の振付作品を日本で観る機会はほとん

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/10/12掲載

森あづさ主宰M・A・Cバレエ

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna振付:森あづさ他1小品集M・A・Cバレエ安積バレエ研究所(現・大阪バレエアカデミー)出身で、ドイツ、バディッシェス州立劇場カールスルーエ・バレエ、エッセナー・バレエでも活躍した経験を持つ森あづさ。彼女は、2002年に大阪府八尾市にスタジオを開設し、現在後進の指導に取り組んでいる。そのスタジオの舞台を観た。 7回目

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/10/12掲載

ガツンと衝撃。新時代を感じさせる日本人アーティスト

ワールドレポート/大阪・名古屋小島 祐未子text by Yumiko Kojima梅田宏明 振付・ダンス『Adapting for Distortion』『Haptic』あいちトリエンナーレ2010海外で評価を上げ、逆輸入的に国内で紹介される日本人アーティストは多い。梅田宏明もそんな存在のひとりだろう。私自身も〈あいちトリエンナーレ2010〉に彼が出品したおかげで、その実力&魅力を知ることとなっ

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/10/12掲載

現代舞踊協会『スペシャルダンスセレクションinひょうご』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna現代舞踊フェスティバル社団法人現代舞踊協会これまで毎年、東京で開催されてきた現代舞踊協会の主要行事「現代舞踊フェスティバル」が、第31回目を迎える今回企画を新たにし、今後は全国各地を巡って開催していくことになったという。その第1回目が兵庫のこの舞台。全国各地から12団体が出演して盛大に行われた。 幕開けは、愛知・

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/10/12掲載

フィリピエワやキエフの仲間たちと京都バレエシアター『白雪姫』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna振付:ヤロスラフ・イワネンコ『白雪姫』京都バレエシアター、寺田バレエ・アート・スクールキエフ・バレエ学校に1年生から留学し、現在、キエフ・バレエで活躍する寺田宜弘。今回の公演も、やはり彼のキエフのつながりを活かしてキエフの仲間たちを招いての舞台。そして、今回は出演だけでなく、オリジナル振付も依頼した。 「子供たち

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/10/12掲載

「死」をめぐる体当たりのソロ、ヤン・ファーブルの日本初演作品

ワールドレポート/大阪・名古屋佐々木 三重子text by Mieko SasakiJan Fabre "Another Sleepy Dusty Delta Day"ヤン・ファーブル『Another Sleepy Dusty Delta Day ~またもけだるい灰色のデルタデ―』:あいちトリエンナーレ2010過激で挑発的なパフォーマンスで常に論議を呼ぶ演出家・振付家、ヤン・ファーブルが、〈あいち

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/10/12掲載

若手を積極的に起用した「バレエ21世紀公演No.14」

ワールドレポート/大阪・名古屋唐津 絵理text by Eri Karatsuフレッシュバレリーナフェスティバル「バレエ21世紀公演No.14」越智インターナショナルバレエ越智インターナショナルバレエが若手ダンサーの育成を目指してスタートした、フレッシュバレリーナフェスティバルも27回目を迎えた。この公演では、積極的に若手にパ・ド・ドゥや古典の演目からアンサンブルなどを踊る機会を与えているほか、コ

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/09/10掲載

高田万里、針山愛美も踊った平城遷都1300年記念バレエミュージカル

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna芸術監督:吉元和彦、振付・構成:稲尾光子 「バレエミュージカル『大和が舞う』〜額田王物語〜」奈良国際バレエ工房平城遷都1300年記念事業の一環として行われたこの公演。『日本書記』の記述によると、奈良は日本ではじめて芸能研究所ができた土地なのだという。推古天皇の時代、百済からの帰化人・味摩之(みまし)が、呉国で学ん

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/09/10掲載

楽しかった深川秀夫振付『〜なぜか真夏のNutcracker!!─くるみ割り人形─』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna演出・振付:蔵本誠子、深川秀夫『パキータ』『〜なぜか真夏のNutcracker!!─くるみ割り人形─』ほか蔵本誠子バレエスクールこのバレエ・スクールからも、近年、良い生徒が何人も巣立っている。今回の舞台を観て、その可能性のあるダンサーが次の世代でも着実に育ちつつあることを実感した。『パキータ』、コール・ド・バレエ

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/09/10掲載

田中ルリ、長田佳世、安川千晶の意地悪演技が印象的だった『シンデレラ』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna芸術監督:涌井三枝子、ワクイバレエ2010記念公演『シンデレラ』ワクイバレエ団ワクイバレエの『シンデレラ』、今回の演出はオーソドックスなものとは違い、1幕と3幕はコンテンポラリー風の動きを主に、舞踏会シーンである2幕とラストをクラシックでとオリジナリティに溢れた構成。タイトルロールを踊ったのは大堀彩香。この教室出

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/09/10掲載

兄妹のパックが活躍した堀内充の『真夏の夜の夢』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna芸術監督:山本紗内恵、振付:堀内充Y.S.BALLET COMPANY(山本紗内恵バレエスクール)Y.S.BALLET COMPANY第3回目の公演は、堀内充振付による『真夏の夜の夢』。メンデルスゾーンの曲にのって、シェイクスピアのお馴染みの物語が展開されるわけだが、今回の演出で大きく違う点は、パックが兄妹の2人

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/09/10掲載

『ドン・キホーテ』から『宮城昇賛歌』まで生徒も楽しんだ宮城昇還暦祝いコンサート

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna芸術監督:薄井憲二、演出・振付:宮城昇、宮城美佐子宮城昇バレエスタジオ世界レベルのダンサーを多く育ててきた宮城昇。2005年にファイナルコンサートを開き、もう舞台は最後としていたが、今年の2月23日に還暦を迎えたことをきっかけに、生徒たちがお祝いをしたいということになり、開かれたのが今回の舞台だそう。プログラムに

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/09/10掲載

『ガーシュイン・モナムール』を踊った将来が楽しみなダンサーたち

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna演出・振付:波多野澄子、深川秀夫波多野澄子バレエ研究所今夏の波多野澄子バレエ研究所の舞台、まず印象に残った1つは、井上勇一郎が自ら振付、踊った『Attain』。このタイトルを日本語に訳すと"達成する"、どうしようもない苦悩も感じさせ努力を重ねる姿が、コントロールされた身体で、ゆるやかな動きを伴って表現されていた。

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/09/10掲載

シンフォニック・バレエから古典名作バレエ、オリジナル作品まで、iSバレエ・アカデミア

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna芸術監督・振付:泉ポール、構成・演出・振付:下森瑞「iSバレエ・アカデミア第10回リサイタル」iSバレエ・アカデミア、泉・下森バレエ団毎回、1人ひとりの出演者を大切に工夫に溢れた構成・演出で楽しませてくれるiSバレエのリサイタル、今年もやはりそれを感じる舞台だった。1部では『ファンタジア・ブラン』というシンフォニ

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/09/10掲載

福岡雄大、山本隆之、佐々木大恵谷彰など豪華キャストの『コッペリア』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna演出・振付:矢上久留美、矢上恵子「クラシックバレエとコンテンポラリーダンスの夕べ」K★バレエスタジオ山本隆之をはじめ、新国立劇場バレエ団で活躍する多くのダンサーを育て、主宰3姉妹の3女である矢上恵子がコンテンポラリーの振付で注目されるK★バレエスタジオ。今回行われた舞台はクラシックが『コッペリア』、コンテンポラリ

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/09/10掲載

東西のダンサーが競演したMRBバレエスーパーガラ

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko SuzunaMRBバレエスーパーガラMRB松田敏子リラクゼーションバレエ12回目を迎えた「MRBバレエスーパーガラ」、松田敏子がプロデュースし、毎年夏に行われている関西を代表するバレエ・ガラだ。初期の頃は関西にゆかりのあるダンサーが中心に・・・といった出演者の顔ぶれだったが、松田と小嶋直也の結婚により最近は、東京、特に牧阿佐

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2010/09/10掲載

ページの先頭へ戻る