ワールドレポート

大阪・名古屋

ワールドレポート ~世界のダンス最前線~ From Osaka and Nagoya <大阪・名古屋>

大阪・名古屋の記事一覧

ポーランド、ドイツ公演も盛況、桧垣バレエ団『TAIKO』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna この秋、ポーランドのワルシャワ国立劇場、ビトム市シレジアン・ダンス・シアター、ドイツのハレ・オペラハウスでの公演も盛況だったという『TAIKO 太鼓「絵姿女房」より』。このバレエ団が良いのは、日本文化の良さをきちんと知った上で、クラシック・バレエの中で違和感なく、その日本文化の良さを活かしていることだといつも思

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/11/10掲載

DANCE BOX 10周年記念祭『Dance Circus100連発!』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna 大阪でコンテンポラリー・ダンスを上演し続けている「DANCE BOX」の10周年。7日の前夜祭では、10年間の活動を振り返り、検証し今後を考察する報告会&座談会+パフォーマンスが行われ、8日には、8分程度のダンスが1ラウンドで9~11組程度、1日5ラウンドに渡って上演された。 私は時間の関係で8日の14:45~

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/11/10掲載

10回目を迎えたバレエスタジオミューズ『秋のコンサート』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna ミューズの秋のコンサートは、大人になってバレエを始めた人から、プロまでもが同じ舞台に立つコンサート。小さな子供の出演はなく、技量や経歴はさまざまでも、出演者はジュニア(高校生程度?)を少し含むものの"大人"ばかりの舞台だ。 今回、幕開けの宗田静子振付の『アマデウス』は、黒と白のチュチュが半々でのクラシックのテク

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/11/10掲載

今岡頌子・加藤きよ子ダンススペース『STAGE 渦』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna 前後左右360度客席のある舞台を使っての、ダンス(ムーブメント)、ピアノ、歌、語りを、合わせて行った公演。演出・振付は、加藤きよ子。 谷川俊太郎の詩をモチーフにした『歩くうた』が、スーッと心にしみ入った。言葉では表せないことを表現する"ダンス"という世界で、"言葉"を取り入れるのは、とても難しいことだと思う。そ

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/10/10掲載

イベントークPart15 ジャパン・ミュージック・コネクション:ジャン・サスポータス&齋藤徹デュオ

ワールドレポート/大阪・名古屋唐津 絵理text by Eri Karatsu ピナ・バウシュのソリストダンサーとして知られたジャン・サスポータスと、奇才コントラバス奏者、齋藤徹によるスペシャル・デュオに、愛知では、特別ゲストとして小鼓の久田舜一郎が加わった、豪華なコラボレーション公演が開催された。 既存のジャンルにとらわれることのない3人ならではの、ジャンルを超えた名作に立ち会った、そんな心地よ

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/10/10掲載

高岸直樹演出振付による、野間バレエ団『くるみ割り人形』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna とても独創的で見応えのある『くるみ割り人形』だった。2004年の野間バレエ団『ドン・キホーテ』で初めて演出振付に挑戦した高岸直樹。二年ぶりに手掛けたのは『くるみ割り人形』。 クララを野間景、王子を高岸直樹が踊り、音楽は稲垣宏樹指揮で大阪シンフォニカー交響楽団。 バレエファンには見慣れたこの物語を、最初から最後ま

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/10/10掲載

愛知県美術館の「愉しき「家」」展関連企画 <息づく家> パフォーマンス

ワールドレポート/大阪・名古屋唐津 絵理text by Eri Karatsu愛知県美術館で開催されている「愉しき「家」」展に合わせて、3つのダンス・パフォーマンスが開催された。展覧会場に設置された異なる3つの家の作品を、ダンサーの動きと音楽が関わることによって、いきいきとした、息づく家へと変貌させようという試みのこのパフォーマンス。入場無料ということもあって、午前、午後それぞれ90分の2回の公演

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/10/10掲載

蔵本誠子バレエスクール40周年記念公演、『ボレロ』ほか深川秀夫作品

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna 1966年、伊丹の地で開設された蔵本誠子バレエスクール。現在、尼崎市の武庫之荘を本部に、着実に良い生徒を育てており、バレエコンクールでの入賞者も増えてきている。いつもは発表会がメインの舞台だが、今回40周年ということで特別に公演が行われた。 最初に『表彰セレモニー』の幕が開くと、真ん中に小さな男の子。可愛らしく

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/10/10掲載

クラシカル・バレエ・シアター第5回公演『ジゼル』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna 田中規子が代表をつとめるクラシカル・バレエ・シアター公演も5回目を迎えた。今回の演目は『ジゼル』。田中は以前、バレエスタジオミューズ公演で、ドレスデン・バレエのディレヴィヤンコ振付による『ジゼル』のベルタ(ジゼルの母親)役をしており、今回その時の経験がよく生きているように見えた。 主役ジゼルを踊ったのは長尾さや

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/10/10掲載

佐々木美智子バレエ団公演『卒業記念舞踏会』ほか

ワールドレポート/大阪・名古屋桜井 多佳子text by Takako Sakurai (社)日本バレエ協会の承認を得て、横瀬三郎の指導、橋浦勇の監修のもと6年ぶりに上演された『卒業記念舞踏会』は、同バレエ団にとても良く似合う作品だ。特に即興第1ソロの佐々木美織が芸達者で、どんな仕種も笑わせる。第2ソロの富田遥も一見大人しそうながら、表情はとても豊か。佐々木のパートナー、秋定信哉の活き活きとした演

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/09/10掲載

Water drops Company "Relationship"

ワールドレポート/大阪・名古屋唐津 絵理text by Eri Karatsu モダン、バレエ、ジャズ、芝居など、様々なフィールドで活動している愛知県の若手ダンサー&パフォーマーたちによるコンテンポラリー・ダンスの公演が開催された。振付は夜久ゆかり、単独公演は初めてであったが、これまでの自身の豊富な活動を反映した充実した舞台となった。 人と人、物と物、時間・空間・流れがつながりによって生まれてくる

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/09/10掲載

カール・パケットが出演した京都バレエ専門学校創立30周年記念公演

ワールドレポート/大阪・名古屋桜井 多佳子text by Takako Sakurai 京都バレエ専門学校が創立30周年の記念公演を行った。同学校は、日本で最初のバレエ専修学校として有馬弘毅・龍子夫妻が1976年に設立。当初からパリ・オペラ座バレエ団との親交が深く、開校2年目からは、歴史的なプリマ、イヴェット・ショビレを名誉校長に迎えており、さらに次期には、パリ・オペラ座バレエ学校元校長クロード・

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/09/10掲載

日本人留学生も大活躍、ジョン・クランコ・バレエ・スクール公演

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna 兵庫県が国内外の青少年の芸術団体を招いて行っている「ひょうごインビテーショナル」。これまで、ボリショイ・バレエ・アカデミーやウィーン・バレエ・アカデミー、カナダ・ナショナル・バレエ・スクールなど様々なバレエ学校がやってきている。今回のジョン・クランコ・バレエ・スクール(シュツットガルト・バレエ・スクール)は二度

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/09/10掲載

関西拠点のプロダンサーを中心に MRBバレエスーパーガラ

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna 関西で、所属を超えてこれだけ多くのダンサーが共に舞台に立つ機会は、今のところこの公演以外にはないのではないだろうか? 今年も海外や東京で活躍する人を含め、多くのダンサーたちが集った。プロデュースは自らも踊ったMRB主宰の松田敏子。 渡辺美咲と恵谷彰の、正確なテクニックと少年少女のような可愛らしさの『パリの炎』の

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/09/10掲載

深川秀夫『3人のキトリによるドン・キホーテ』井上勇一郎振付作ほか

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna「海賊」 夏の生徒公演の楽しみは、初舞台の小さな子供たちの可愛らしさと同じ舞台で、海外からバカンスで里帰りしている出身ダンサーたちのレベルの高い踊りも観ることができる。 幕開けは『エチュード』。さまざまな年代の子供たちが、みんなで踊る生徒公演らしい演目。白鳥の手振りを取り入れたりしながら、子どもの可愛らしさが生か

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/09/10掲載

世界に散らばって活躍する針山ファミリーが集って「夢 CONCERT2006」

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna " Ballet Beauty"と中央に書かれたチャコットの広告 ---白鳥のポーズが美しく印象的なモデルは針山愛美。現在、ウラジミール・マラーホフ率いるベルリン国立バレエ団で活躍する彼女は、芸術家一家の長女。大阪在住の父・憲夫はクラリネット奏者、母・和子はピアニスト、次女・祐美はNYのブロードウェイや劇団四季

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/09/10掲載

豪日共同ダンスプロジェクト『INK』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna 2006年は、オーストラリアと日本両政府が制定した「豪日交流年」。これは、そんな今年行われている、選出された5人のオーストラリアの振付家が、それぞれ日本のアーティストとのコラボレーションにより新作を創り出す「ネオン・ライジング/アジアリンク -日本コンテンポラリー・ダンス交流」の一環。 オーストラリアで数々の賞

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/08/10掲載

Dance Meeting Collection 2006

ワールドレポート/大阪・名古屋唐津 絵理text by Eri Karatsu コンテンポラリー・ダンスカンパニー、ヒデ・ダンス・ラボによる6回目の公演を観た。毎回参加している村越直子に加え、今年はカナダのサーシャ・イヴァノチオコと妻木律子が参加するという、主催者の意欲が汲み取れる内容となっていた。『Noise』は、近藤夕希代、秀奈都代、飯田佳世、秀実希子による共同振付作品。タイトルから推測される

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/08/10掲載

松岡伶子バレエ団アトリエ公演

ワールドレポート/大阪・名古屋唐津 絵理text by Eri Karatsu若手ダンサーの勉強の場として、毎年7月に開催されているアトリエ公演の14回目が開催された。アトリエ公演は、ゲスト振付家が、バレエ団の若手のために新作を振付けることで定評のある公演だが、今年のゲストは日本の創作バレエの草分け、石井潤。 まず、第1部『パキータ』よりマズルカでは、中・高校生らの次代を担うバレリーナの卵たちが多

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/08/10掲載

<9月に愛知で開催される公演&オーディション情報>

ワールドレポート/大阪・名古屋唐津 絵理text by Eri Karatsu<息づく家>パフォーマンス愛知県美術館ロビー&展示室「愉しき家」展 展覧会会場9月10(日)  入場無料(展覧会の入場料は必要です)11:30~13:00 第1回パフォーマンス(各会場30分を連続で)14:30~16:00 第2回パフォーマンス(各会場30分を連続で)美術館で開催する「愉しき家」展に合わせ、展示されている

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/08/10掲載

ページの先頭へ戻る