ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2015.06.10]

爽やかにこころ楽しくゲストとスタジオのダンサーたちが踊った、チャコットのバレエ発表会

Ballet!Ballet !! Ballet !!! Vol.1 〜Harmonie〜
チャコット・カルチャースタジオ 渋谷スタジオ発表会 中島伸欣:芸術監督

チャコット・カルチャースタジオ 渋谷スタジオ発表会「Ballet! Ballet!! Ballet!!! vol.1〜Harmonie〜 」を観た。以前にも様々なジャンルのダンスを縦断した発表会を行ったことはあったが、今回初めてバレエだけの発表会を開催した。総合演出は振付家で東京シティ・バレエ団理事の中島伸欣。日頃、チャコットのスタジオで教えを受けている先生たちの振付・指導により、多くの生徒たちが元気よく舞台に立ち踊った。
当日、会場に近いお花屋さんには順番を待つ行列ができていた。友人たちの晴れ姿に花を贈る、これもまたバレエの文化の中のささやかな一端。
バレエは言うまでもなく西洋で発祥した芸術だが、日本人はそれを受容して日本的なバレエ文化を形成しつつある。会場に入るとあちこちで久しぶり再会を喜んでいる光景を多く見かけた。一度は諦めたバレエを再び習い始めた人が、幼い頃に同じバレエ教室に通った人たちと発表会などで再会するお馴染みの光景は、関係なく傍らでみているだけでも微笑ましい。また、今はもうリタイアした老教師を会場の客席に発見して、優しくいたわる様子、娘がバレエ始めたことを喜ぶ会話などなど、プロフェッショナルなバレエ公演会場とはまた異なった、日本人のバレエを通したこころ温まる交流がしばしば見受けられて、楽しい気持ちにさせてくれる。

tokyo1506e_1148.jpg Photo:株式会社ビデオ tokyo1506e_1694.jpg Photo:株式会社ビデオ

全体は3部構成になっており、第一部は『ラ・シルフィード』第2幕より。ブルノンヴィルの原典に基づいて友田優子が振付けた。 ゲスト出演のシルフィード役石川寛子と東京バレエ団柄本弾のジェイムスが踊った。レーヴェンスヨルドの音楽とともにロマンティック・バレエの幻想的な1景が踊られた。
第2部は小品集として8曲が踊られた。
まず、星出美紀振付の『ミンクス・ア・ラ・モード』。いかにも舞踊曲らしい華やかなミンクスの音楽にのせて、キャラクター・ダンスの味を加えたクラシカルな踊り。つづいて神部ゆみ子振付の2曲。明るく心躍るように「花のワルツ〜くるみ割り人形より〜」、そして「チャルダッシュ〜白鳥の湖より〜』。有名なハンガリーの民族舞踊が、チャイコフスキーの曲にのせて素敵に踊られた。チャルダッシュについては、こちらもご覧ください。
http://www.chacott-jp.com/magazine/dance-library/character/1403chara-ja.html
『Dance dance Carmen』は新進振付家、伊藤範子が振付けた。ファム・ファタールとも言われるカルメンのキャラクターが分身して踊り、アンサンブルを表わす、というとてもおもしろい着想のダンス。ビゼーが作曲した良く知られるスパニッシュの名曲にのせて踊られた。
『夢の花束〜パ・ド・カトルより〜』は末広亜古の振付。プーニの曲によりタリオーニを始めとする伝説的な4人のバレリーナのために振付けられた美しい音楽を使って、3種の花がひとつの花束になっていく情景を描いたもの。

tokyo1506e_2085.jpg Photo:株式会社ビデオ

第2部後半の3曲は、ゲストダンサーを迎えて踊られた。
『海賊』のグラン・パ・ド・ドゥは西田佑子と酒井大。ピンクの衣裳をたなびかせた西田佑子のエレガンスな踊りと酒井大の力強いジャンプが美しく融和した舞台だった。志賀育恵は、石田種生が振付けた『白鳥の湖 第2幕オデットのヴァリエーション』を踊った。楚々とした雰囲気の清潔感のある踊りだった。富村京子と藤野暢央は『くるみ割り人形〜グラン・パ・ド・ドゥ〜』を踊った。名前を聞くのも懐かしいスティーブン・ジェフリーズのヴァージョン。ともに白い衣裳を着けた似合いのカップルの落着いた味のある踊りだった。
第3部では『コッペリア』第3幕「祝宴の場」が踊られた。音楽はレオ・ドリーブ、演出は中島伸欣。それぞれのシーンをそれぞれの舞踊家が担当して振付けた。「時のワルツ」は若生加世子、「あけぼの」は小平浩子、「祈り」は志賀育恵、「仕事」は野本康子、玉浦誠、原中祐健、石井悠和が踊った「戦い」は中島伸欣、「結婚」は友田弘子、「平和」(スワニルダとフランツのパ・ド・ドゥ)は友田弘子の指導で佐伯知香と長瀬直義が踊る、という形である。
ヨーロッパの田園のどかでしかし逞しく敬虔な生活の感情が、時のリズムを刻んでいる姿が爽やかに感じられた。
フィナーレは出演者全員が、スワニルダとフランツの結婚を「ギャロップ」で祝福しつつ幕を下ろした。
(2015年4月29日 渋谷区文化総合センター大和田 4F さくらホール)

tokyo1506e_2013.jpg tokyo1506e_2163.jpg
tokyo1506e_2709.jpg Photo:株式会社ビデオ(すべて)