ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

浦野 芳子 text by Yoshiko Urano 
[2012.09.10]

今年も感動を届けた、オールニッポンバレエガラ2012

オールニッポンバレエガラコンサート 2012
実行委員会/西島千博 伊藤範子 遠藤康行 酒井はな 志賀育恵 島地保武 中村恩恵 山本隆之 森田健太郎

今年で2回目を迎えるこのガラは、東日本大震災の被災地の、バレエなど芸術活動に対する支援を目的とした、有志によるチャリティである。すべてが出演者らによる手作り、すなわちふだんは踊ることだけに集中すればいいダンサーたちが、上演権の取得から衣裳、演出に至るまで自ら行う、手作り公演である。しかも、国境や、ジャンルを超えて活躍している面々。これだけのメンバーが、被災地に心を寄せているというだけでも、前に進む力が湧いてくるような気がしてくる。

3.11―東日本大震災は、人々の価値観にさまざまな変化をもたらすきっかけを作った。
とりわけ、多くの芸術家たちに、芸術の持てる力、役割とは何かと言う問いかけを促したことだろう。
この「オールニッポンバレエガラ」実行委員会のメンバーも、同じだった。そのひとり、西島千傳も、はじめは「被災地に対して、社会に対して自分が何をできるかがわからず、ただ無力感に打ちひしがれた」と言う。しかし、海外で活躍している友人たちから “なんとか力になりたい” という申し出をたくさんもらううち、ダンサーにできることはやはり、踊りで何かを伝えていくことなのだと、再認識し覚悟を深めたという。

tokyo1209e02.jpg 写真:松山悦子

ジャンルを超えたダンサーが集まるゆえ、今年も、クラシック・バレエからコンテンポラリーまで幅広いスタイルの作品が並び、同時にダンサーたちも自分のジャンルを超えて新たな表現にチャレンジした構成になった。
8月15日の東京公演のオープニングを飾ったのは、西田佑子と八幡顕光の『ダイアナとアクティオン』。ふたりの安定感あるゆるぎないテクニックに溜息をついたと思ったら、続いて青木尚哉と柳本雅寛の『シャコタンブルー』。幕が舞台の下1/3ほどを見せる形で上がったまま、ふたりの下半身がユニークな会話を繰り広げるスタートが印象的だった。永橋あゆみと荒井英之の空気のように軽やかな『ラ・シルフィード』、橘るみと黄凱の『ロミオとジュリエット』バルコニーのパ・ド・ドゥ、そしてエンタテイメント性たっぷりに楽しませてくれた西島千博の『ON THE STREET』はうんと楽しませてくれたが、第一部で印象深かったのはやはり、中村恩恵の『ブラックバード』(抜粋)。彼女の身体が発する知的な言葉が、静かにそして力強く空間を支配し、その詩の様な身体の旋律に吸い込まれた。遠藤康行振付の『Mayday,Mayday,Mayday,This is…2012ver.』では、ジャンルを超え集まった12名のダンサーが、個性的で迫力ある表現で魅せた。
第二部は、西島千博の新作『魂の優美』でスタート。佐藤健作の和太鼓に乗せ、西島と志賀育恵が美しいラインを描き出した。『ドリーブ・スイート』を踊った藤井美帆は、曲線を描きながら動く上半身がとても優美で、さすがエレガンスを大切にするパリ・オペラ座の空気の中にいる人だ、と魅入った。伊藤範子と小林洋壱の成熟した『椿姫』、揺るぎ無いテクニックが印象的だった米沢唯と厚地康雄の「黒鳥のパ・ド・ドゥ」、しっとりとした酒井はなとヤロスラフ・サレンコの『白鳥の湖』グラン・アダージオと見どころはたくさん。しかし印象的だったのはカンノケントのパーカッションと一緒に繰り広げられた小㞍健太の『こぼれ落ちる鼓動』の命の律動のように小気味よい表現、そして、小池ミモザ・柳本雅弘寛・遠藤康行による『3in Passacaglia』。三人の身体が、闇の中に浮かび上がる光のラインの中で絡み合いほどけ合いながら複雑に会話する。小池の長い手足が繰り広げるしなやかかつ鞭のような雄弁さが、客席に心地よい緊張感をもたらしていた。
そして、トリを務めた福島より特別参加のジュニア、佐藤理央・加藤三希央の『パリの炎より』グラン・パ・ド・ドゥ。そのフレッシュで透明感に溢れた表現が、客席にポジティブなエネルギーを運んだことについては、きっと誰もが認めるところだろう。曇りのないダイヤモンドのような輝きは、希望の光そのものに思えた。若さの美しさを、思い知らされた。

国境も、カンパニーも、ジャンルも超えてダンサーたちが集まるこのガラ公演は、舞台に立つ人たち、そしてそれを見守る人たちの目も、温かい。震災は辛い爪痕を残したけれど、同時に大切なことを教えてくれた。こうして、さまざまボーダーラインを超えて人々が集まり、心をひとつにするという機会ができるのは、気づきを促し、なにより気持ちいい。
これからも、進化を重ねながら続けて欲しい活動の一つである。

tokyo1209e01.jpg 写真:松山悦子 tokyo1209e03.jpg 写真:松山悦子
tokyo1209e04.jpg 写真:松山悦子 tokyo1209e05.jpg 写真:松山悦子

出演/青木尚哉 厚地康雄 荒井英之 伊藤範子 遠藤康行 大嶋正樹 岡田理恵子 奥村彩 金田あゆ子 吉瀬智弘 カンノケント 小池ミモザ 小㞍健太 小林洋壱 酒井はな 佐藤健作 佐藤美紀 ヤロスラフ・サレンコ 志賀育恵 田島香緒理 橘るみ 田中ルリ 中村恩恵 永橋あゆみ 西島千博 西田佑子 平山素子 ヤニック・ビタンクール 黄凱 福士宙夢 福島昌美 福原大介 藤井美帆 三木雄馬 森真琴 柳本雅寛 八幡顕光 山田勇気 横関雄一郎 米沢唯 渡辺恭子
福島より特別参加/武内ひとみバレエスクール所属 佐藤理央 加藤三希央