ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2011.11.10]

次代を担う若手がメインキャストを務めたアシュトン版『リーズの結婚』

フレデリック・アシュトン 演出・振付『リーズの結婚〜ラ・フィーユ・マル・ガルデ〜』
牧阿佐美バレヱ団
tokyo1111d02.jpg 撮影:山廣康夫

今年はニジンスカ版とアシュトン版の『リーズの結婚〜ラ・フィーユ・マル・ガルデ〜』を、それほど間をおかずに観ることができて幸運だった。
アシュトン版は、リボンやスカーフ、パラソル、横笛などの小道具を巧みに使った演出によって、ダンスの雰囲気をじつに巧みに盛り上げている。第一幕のリーズとコーラスのピンクの可愛らしいリボンに繋がれたパ・ド・ドゥは、二人の気持ちが絡み合ってどこから引っ張られても離れないほど固く結びついていることを、軽いユーモラスな味わいの中に表している。それはやがて、村人みんなで祝う祭りの象徴となるポールを飾る色とりどりのリボンとして舞台の中心に現れる。しかしそののどかな光景は、突然、襲来した嵐によって一変。雨風が降りしきる中、アランが偏愛する鮮やかな赤いパラソルが縦横に動き回って、なかなか見応えあるヴィジュアルを創る。村人たちの明るく良い関係を表すリボンとハチャメチャなアランの存在を表すかのような嵐。見事なコントラストが次の展開への観客の興味を刺激する。
物語の舞台は、鶏も寝ぼけるようなひなびた田舎だが、演出の手法はじつに洗練された都会的なものであることが、このアシュトン版の魅力、と言えるだろう。
一方、ニジンスカ版のアランのお気に入りは補虫網。こちらは珍妙な人物というよりも自然児であり、嵐もシュールではなく日常的な世界の中に捉えられている。ここには自然と人間とダンスが一体となる楽しい魅力的な世界が描かている。

tokyo1111d01.jpg 撮影:山廣康夫

英国ロイヤル・バレエ団の研修から帰国した伊藤友季子が久しぶりにリーズを踊る予定だったが怪我のために、青山季可が2公演ともリーズを踊った。清瀧千晴の初役のコーラスだったが、このペアもなかなか良い。若さがユーモアの中に素直に現れていて、好感が持てて楽しかった。シモーヌ役も今勇也が初挑戦していた。動きの表情が良く捉えられていて役どころを掴んだ演技で新鮮な印象だった。ただちょっとだけテンポが遅い感じ。役柄から言って遅い方が良いのかも知れないが、ほんの少し動きを速くすれば青山リーズとぴったり合うのではないかと思ったりした。アランは篠宮佑一でこちらは2回目。この役を初演したアレクサンダー・グラントから受継がれた演技をしっかりと踊った。トーマス役の本田実男以外のメインキャストは青山季可、清瀧千晴、今勇也、篠宮佑一と、今後の牧阿佐美バレヱ団を背負う若いダンサーたちで、清新な印象を残した舞台だった。
(2011年10月23日 ゆうぽうとホール)