ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

佐々木 三重子 text by Mieko Sasaki 
[2011.10.11]

ステージの境界を超えたルーデンスと加藤訓子の新作公演

岩淵多喜子構成・演出・振付『1 hour before Sunset』
Dance Theatre LUDENS
tokyo1110c01.jpg © Shoko Kashima

岩淵多喜子が率いるDance Theatre LUDENSが、「ヨコハマトリエンナーレ2011」の連携企画として、新作公演『1 hour before Sunset』を行った。今回は、横浜港に面した「象の鼻テラス」という、通常のホールとは異なる開放的なスペースを会場に選んだことと、国内外で多彩に活躍するパーカッショニストの加藤訓子を迎えて生演奏で踊るというので、いつもにも増して注目度は高かった。

とある公園で、閉園時間が「日没の1時間前」と表示されていたのに触発され、「沈み行く太陽、その残照をイメージとして、走り、踊り続ける人の姿」を作品にしたという。公演は午後7時開演だったので、外はすっかり暗くなっていたが、「象の鼻テラス」で公演したメリットは大きかったようだ。赤レンガパークと山下公園の間に位置する「象の鼻パーク」の中に建てられた、多目的の文化的イベント・スペースである。今回は、客席をエントランス側と壁面にL字型にセットし、パークが見通せる総ガラスの窓面をバックにパフォーマンスを行った。おかげで、イルミネーションで飾られた船が港を通るのが遠くに望め、汽笛の音も響いてきて、それがテラス内のパフォーマンスと違和感なく溶け込み、時間と空間の広がりを感じさせたからである。開け放たれたガラスの扉からダンサーが飛び出していったり、パークの中を走るダンサーの姿を遠くガラス越しに見せたりと、ステージの場を屋内にとどめずに屋外へとつなげたことも成功していた。外に広がるパークを、巧みにパフォーマンスに取り込んだともいえよう。

ダンサーは岩淵を含め6人。テラス内のステージを疾走し、追い掛け合い、床を転げ、体を絡ませ合い、アクロバティックな動きを次々とこなしてもみせた。ソロやアンサンブルなど様々な組み合わせで、緩急の変化も自在に展開されたが、眼前で繰り広げられただけに、そのエネルギーとパワーには圧倒された。ステージにダンサーが誰もいなくなる場面もあったが、余韻と余熱で「無」を感じさせなかった。
コーナーに陣取った加藤はマリンバを演奏したが、スティーヴ・ライヒのミニマル・ミュージックを自身が演奏した録音を流しながら、それに生演奏を重ねるといった趣向。打ち合わせ済みだからだろう、ダンサーたちにほとんど目を向けることなく、音楽の世界に浸っているように見えた。ダンサーたちは、繰り返されながら微妙に変化するフレーズを体で聞き、反応するように動いたが、ルーデンスと加藤の組み合わせなら、もう一歩踏み込んで、丁々発止の想定外のやり取りも見てみたかった。
終わり近く、加藤がスティールドラムを2個合わせたようなハング・ドラムという楽器を持ち、たゆたうような繊細な音を奏でながらステージを横切って去ると、そこからは日没後の世界なのか、ダンサーの佇まいも静かで穏やかになり、終息へ向かった。約1時間のパフォーマンスは、新たな時空の広がりを象徴するようで、刺激的だった。
(2011年9月16日 象の鼻テラス)

tokyo1110c02.jpg © Shoko Kashima tokyo1110c03.jpg © Shoko Kashima
tokyo1110c04.jpg © Shoko Kashima tokyo1110c05.jpg © Shoko Kashima