ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2011.08.10]

ルジマトフが震災の復興への特別な想いを込めて『ボレロ』を世界初演

BALLET MASTERPIECES 2011
「バレの神髄 2011」ルジマトフ、フィリピエワ、コルプ、岩田守弘、白河直子ほか

ファルフ・ルジマトフを中心とした「バレエの神髄」公演が、昨年に続いて開催された。昨年はキエフ・バレエ団のプリマ、エレーナ・フィリピエワがルジマトフと『シェヘラザード』を踊ったが、今回は『カルメン組曲』だった。
そして、日本の大震災の復興への想いを込めてルジマトフが踊る『ボレロ』の世界初演が、急遽、追加演目として上演された。ルジマトフからの日本のファンへの特別プレゼントということだった。結局、ルジマトフが『シャコンヌ』『ボレロ』『カルメン組曲』の3曲を踊る贅沢な公演となった。
第1部は、エレーナ・フィリピエワとセルゲイ・シドルスキーが踊る『マルキタンカ』よりパ・ド・シスで幕を開けた。これは『ラ・ヴィヴィアンディエール』というタイトルで初演された、プーニ音楽、サン=レオン振付の1幕物バレエ。題名は軍隊とともに移動する居酒屋のこと。フィリピエワの赤いボディと白いチュチュが愛らしかった。
大島早紀子がサン=サーンスの曲に振付け、白河直子が踊ったのは『瀕死の白鳥』。無音で踊る始まりのシーンがじつに効果的な振付で、白河直子の優れた身体性が、死の荘厳を鋭く表した。
岩田守弘は今回は、キエフ・バレエ団のカテリーナ・ハニュコワと『ラ・シルフィード』よりパ・ド・ドゥを踊った。結婚式を逃れ森にやってきたジェイムスとシルフィードが戯れるように踊る、儚く楽しげなシーン。ジェイムスは軽妙なステップで踊り、跳び回るシルフィードを追いかけるが、夢の中で追いかけているかのようになかなか掴まえられない。そのダンサー同士の距離が的確に描かれたダンスだ。
ルジマトフのソロ『シャコンヌ』は、ホセ・リモンの振付、音楽はバッハ。黒いシャツと黒いパンツの衣裳で、明快な形式のバッハの曲とともに自身の瞑想の世界に入って行くかのような踊り。ルジマトフの集中力によって劇場の空間が引き締まったように感じられた。

第2部では、イーゴリ・コルプが『扉』というソロを映像を背景に踊った。今年5月にノヴォシヴィルスクで初演されたばかりの作品で、ヴェーラ・アルブーゾワ振付、オーラヴル・アルナズの音楽。映像はおそらく旧ソ連時代のサンクトペテルブルクの街だと思う。旧ソ連の解体と関連があるのかどうか、分からないが人生の途中でくぐる様々の扉をモティーフとした作品だ。
そして第2部の最後は、特別プレゼントとして踊られる『ボレロ』。モーリス・ラヴェルの有名な曲に振付けられたソロである。左右にかがり火を焚き、ハーレムパンツに黒いベルト、腰からいくつかの黒い房を垂らし、上半身は裸だが仏像風の飾りを着けているようにも見えた。
曲はクラリネットのメロディが次第にオーケストラに増幅されていく。動きはその形式と呼応して緊張感を高めていく。ルジマトフの震災への鎮魂の祈りが捧げられたのだろうか。
 

tokyo1108e02.jpg

最後の第3部は『カルメン組曲』。1967年、ボリショイ劇場でマイヤ・プリセツカヤがカルメンを踊って初演された作品だ。音楽はプリセツカヤの夫でもあるロデオン・シチェドリンがビゼーの曲を編成し、アルベルト・アロンソが振付けた。闘牛場とその観覧席を半円形にしたセットの中で、カルメンとドン・ホセとエスカミリヨの3人の関係を凝縮して描き、運命を表す黒い牛がその間を行き来する。誇張した動きをゆっくりと見せ、情動を抑えきれない人間を揶揄する表現と、象徴的にデフォルメされた美術とが絶妙なバランスが保っている。初演当時のみならず今日観ても斬新な印象を与える作品だ。
今回上演されたのはアザリー・プリセツキーとアレクサンドル・プリセツキーが改訂演出を加えたヴァージョン。カルメンをフィリピエワ、ホセがルジマトフ、エスカミリヨがコルプ、隊長スニガをシドルスキーという配役だった。抑えた演技で次第に破滅へと追いつめられていくホセを踊ったルジマトフが光った。堂々として自信満々のエスカミリヨをコルプが見事に身体表現によって表した。
そしてルジマトフの日本の復興への祈念を込めた「バレエの神髄2011」は幕を下ろしたのだった。
(2011年7月12日 文京シビックホール)
 

tokyo1108e01.jpg tokyo1108e03.jpg tokyo1108e04.jpg

写真提供/光藍社
※画像をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。