ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2011.01.11]

加藤みや子、笠井叡、伊藤キムが競演した『サンドトポス』

加藤みや子 演出・振付『SAND TOPOS』
加藤みや子ダンススペース
tokyo1101j01.jpg

加藤みや子ダンススペースの「笑う土」プロジェクトのブラジル巡回公演の凱旋公演として、『SAND TOPOS』『笑う土』『日記』が上演された。
『サンドトポス』は、家族で毎朝見た夢の話をする、というモンゴルの風習に加藤みや子がインスピレーションを得て振付け、笠井叡、伊藤キムとともにが踊った。

まず舞台奥から砂の精とおぼしき三人のダンサーが、スモークとともに這い出してくる。舞台前面には天から等間隔に三筋の砂が流れ落ちている。その女一人、男二人の計三人がしばし踊っていると、背後の一段高くなったフロアーに簡素な椅子とテーブルがあり、やはり三人(加藤、笠井、伊藤)の人物が寄り添ってやわらかな照明に浮かび上がった。そこには天から一条の砂が糸のように流れ落ち続けている。
砂の精たちの踊りはしだいにバラけ、家族とおぼしき三人も踊りだして、お互いに絡む。どうやら砂の精は、家族それぞれの守護霊のように、それぞれのダンサーに対応して動いているようだった。三人はごく普通の父親と子と母のようにも見えるが、人類のひとつの祖型ともいえるのだろう。
三人それぞれにダンスのスタイルは異なるが、それがまたいい雰囲気というか、たいへん興味をそそる。特に三人が別々に踊っている時は、いわゆる「絵になる」風にみえ、バランスが素晴らしかった。それぞれが絡むシーンについては、私には論じるのは荷が重く難しい。
終幕では、笠井が全身に緋色の衣裳を着けて激しく踊る。家族のあるいは民族の、祭のあるいは夢のクライマックスをマキシマムにイマジネーションを働かせて踊った。父としてあるいは祭司としてのトランスを表し、勤めを果たしたのだろう。
(2010年12月11日 新国立劇場 小劇場)

tokyo1101j02.jpg tokyo1101j03.jpg

写真提供/加藤みや子ダンススペース
※画像をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。