ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2010.09.10]

海外舞台での経験が花開いた日本人バレエダンサーの競演

バレエ・アステラス2010~海外で活躍する日本人バレエダンサーを迎えて
文化庁・新国立劇場

この公演は、外国のステージで活躍しているバレエダンサーを夏のオフシーズンに一堂に迎えて、日頃の成果を披瀝してもらおうと言うもの。昨年に続いて2回目で、文化庁の主催により新国立劇場が制作している。ダンサーは公募され、谷桃子委員長ほかの選考委員が選定している。
確かに、海外に出掛けてバレエを観ると、日本人がまったく関与していない公演に出会うことはむしろ少ない。最近は韓国のダンサーも以前より増えていると思うが、特にバレエ公演では日本人と遭遇することが多い。海外のカンパニーで踊っている日本人は多い、と漠然と知っているだけでなく、どこかに観測点のようなものができれば、日本のバレエ界にとっても資するところがあるはず。この企画は、近年には珍しく当を得ている、と思われる。

tokyo1009g04.jpg

オープニングは牧阿佐美がグノーの曲に振付けた『ワルツ』を上演。新国立劇場バレエ研修所第6・第7期研修生と予科生(この名前も官僚用語っぽくなくもっと可愛くできないものか、国民に愛される愛称でも募集したらどうだろう)が踊った。
トップ・バッターはバーミンガム・ロイヤル・バレエ団のプリンシパル佐久間奈緒と、ロイヤル・バレエ学校から入団した厚地康雄の『海賊』パ・ド・ドゥ。真紅の鮮やかな衣装でヒロインの存在感を際立たせた佐久間と長身でパワフルな厚地がダイナミックな踊りを披露した。続いて『ジゼル』2幕のパ・ド・ドゥをワガノワ舞踊アカデミーからウィーン国立バレエ団を経てベルリン国立バレエ団に進んだ菅野茉里奈と、ソリストのライナー・クレンシュテッターが踊った。菅野は身長もありオーソドックスなジゼルでクレンシュテッターとも良いパートナーを作っていた。
牧阿佐美バレヱ団の清瀧千晴とオリジナルキャストの小野絢子が踊った『アラジン』2幕のパ・ド・ドゥは、お互いの気持が通い合ってはいたのだが、難しいリフトもあってタイミングが合わなかったところもみられた。しかし、このペアには可能性を感じさせるものがある。
ドレスデン国立歌劇場バレエ団の、法村牧緒に学んだ戸川有香とキエフ・バレエ団から移籍したオレグ・クリミュクは、デヴィッド・ドウソン振付、マックス・リヒター音楽の『オン・ザ・ネイチャー・オブ・デイライト』。リフトを多用した滑らかな動きで流れるようなダンス。アイス・ダンスにすれば、さらに映えるのではないかと思われる作品だった。二人の息もぴったり合って観客の喝采を浴びた。
第1部の最後は香港バレエ団のペア。プリンシパルの富村京子とオーストラリア・バレエ団から再度、香港バレエに入団した藤野暢央が『くるみ割り人形』のパ・ド・ドゥを踊った。名前を見るだけでも懐かしい英国ロイヤル・バレエ団の元プリンシパル、スティーヴン・ジェフリーズの振付だった。これもまた、ガラ公演に相応しいリフトを使った見せ場のあるヴァージョンである。

tokyo1009g08.jpg

第2部は、パリ・オペラ座バレエ学校からパリ・オペラ座バレエ団に入団してカドリーユとして活躍している藤井美帆とスペイン生まれのコリフェ、ヤニック・ビッタンクールの『パスティチオ・ロマンティコ』のパ・ド・ドゥ。オーベールの音楽に元エトワールとして踊り、現在はクラシック・バレエの本来の姿を追求し、振付活動を試みているジャン-ギヨーム・バールの作品。ロマンティック・バレエの時代によく描かれた肖像画からインスピレーションを受けた作品だそうだ。重心を意識した細かいステップと柔らかな身のこなしで優雅な雰囲気のある、最近ではなかなか見る機会の少ない類いの作品だった。
さいとう美帆と芳賀望の新国立劇場バレエ団のソリストコンビは、レパートリーのアシュトン版『シンデレラ』第2幕のパ・ド・ドゥを踊った。そしてボストン・バレエ団からはプリンシパル同士のペア、倉永美沙とジェイムズ・ホワイトサイドが『チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ』。チャイコフスキーの曲をバランシンが振付けた良さが感じられる踊りで、おおらかで伸びやか。舞台いっぱいにチャイコフスキーのメロディがゆっくりと谺するかのような余韻も味わえた。
今回のトリは、アメリカン・バレエ・シアターのソリスト組、加冶屋百合子とジャレッド・マシューズの『ドン・キホーテ』パ・ド・ドゥだった。スリムな加治屋が余裕のあるバランスを見せて、それに応えたマシューズのポーズも見事に決まって会場は大いに盛り上がった。
『グラン・フィナーレ』ではグラズノフの曲にのって全員が登場し、「バレエ・アステラス2010」は華やかに幕を閉じた。この夏が過ぎれば、ダンサーたちはそれぞれ異国の本拠地に戻って、新しいシーズンの舞台を飾ることになる。
(2010年8月1日 新国立劇場 中劇場)

tokyo1009g01.jpg tokyo1009g02.jpg tokyo1009g03.jpg
tokyo1009g05.jpg tokyo1009g06.jpg tokyo1009g07.jpg

撮影:瀬戸秀美
※画像をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。