ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2010.06.10]

断裂と非連続で構成された現実を提出、大橋可也の『春の祭典』

大橋可也 振付『春の祭典』
大橋可也&ダンサーズ

和栗由紀夫の下で踊り、一時は自衛隊に在籍したこともあるという経歴の持ち主で、映像や美術とのコラボレーションも多い大橋可也の新作は『春の祭典』。
素の舞台にランダムに置かれた数脚のパイプ椅子といささか型の古いテレビとミニコンポをおいたセットから始まった。地方都市の二つの家庭とそれを取り巻く人々と訪問者、という設定だそうだ。
数多くのコール・ドが引けると、数名の男女が静止した位置から短い激しい動きをランダムに間断なく乱発する。フロアに倒れ込んだり、でんぐり返ったり、フルスピードで舞台を横切ったり、『春の祭典』の有名なフレーズがリフレインされ、照明が明るくなったりブルーになったり変化して、バラバラだった動きがぶつかりあい反発仕合い、投げ飛ばし蹴りあげ合う。舞台には臨界点に近付きつつあるかのような緊張が漲った。
そして動きの中からスーツの男二人が自ずと選び出され、互い争いついには一方が優位となって、犠牲が明らかになった。犠牲が痛めつけられる中、再び全員が登場してエンディングを迎える。しかしそこには、祭り自体が犠牲なのだという主張も込められている。
リアルな緊迫感があり、独特のムーヴメントは力強く、構成力もあり最近のコンテの中では力作というべきだろう。断裂と非連続で構成された現実をスパッと提出してみせて鮮やかだった。ただ、音楽を分断して使用しているところは少々、気になった。音楽自体の持つ完結性も一考してはどうだろう。
(2010年5月15日 シアタートラム)

tokyo1006h01.jpg tokyo1006h02.jpg

写真:GO
※画像をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。