ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

佐藤 円 text by Madoka Sato 
[2009.11.10]

若いダンサーたちの身体の様々な動きが語る『棲息』

松山善弘:構成・演出・振付『棲息』
COMPANY RESONANCE

日本女子体育大学准教授の松山善弘率いるcompany resonanceの公演『棲息』を見てきた。
女性ダンサー7人が、10のコンテンツを約一時間ほどかけて踊った。

舞台は正面に黒い壁。真ん中に四角い穴が開いている。天井には黒のジョーゼットの様な生地が何本もクロスして張り巡らされている。開演前から暗転した舞台にはダンサーたちが横たわっているようだ。
夜の虫の声のような音が聞こえ、不意に客席も暗転し舞台が始まった。
始まりは「breath(息)」とある。薄明かりと虫の声の中、ダンサーたちは思い思いの姿で床に寝ている。まるで安心して寝息を立てているかのようだ。虫の音に加え、女性の歌声とヴァイオリンらしき弦のメロディが流れだすとゆっくりとダンサーたちが起き上がった。
衣装はショートスパッツにベージュのトップといったシンプルなもの。身体の動きがよく見えるので動きそのものの面白さが伝わりやすいスタイルだ。
すり足を非常に細かくしたようなステップで音楽に合わせて動き出す。上半身と視線は動かさずに足の動きだけでチョコチョコと集団移動していく。全員で足踏みをしながら動くさまは身体が徐々に目覚めていくかのようだ。「活性。Stop searching」というこのパート、単純な動きをもくもくと続けることで観客を楽しませてくれた。
3コンテンツ目は「時間の記憶」。何か鉄製の機械が打ちつけるような激しいノイズが開場に響くと、一人のダンサーが探しものをしているかのようなしぐさをはじめた。手でカードを配るような動きを繰り返すと回りのダンサーたちも加わり、みな何か探しているようだ。
「進む神経」「宿り休む」「fort(要塞)」「みやこ」とコンテンツごとに音楽が変わり、シーンが変化していく。衣装も途中から変化があり、ネクタイとベストを身につけたダンサーや、スーツを着た男性的なスタイルのダンサーと、ワンピース姿の女性的なスタイルのダンサーと半々に分かれた。全体的にストーリー的なものではなく、身体の動きそのものを見せる。
作品の終末、「車輪」ではダンサーたちが手を広げぐるぐると自転する。回るうちにみな気分が高揚していく。音楽はアコーディオンのにぎやかな曲調。見ているこちらの気分も盛り上がってくる。回転が最高潮に達するとだんだんと音楽が静かになり一人二人と回っていたダンサーが減っていく。最初に回りだしたドレッシーなワンピースを着たダンサー最後に残り、だんだんと回転スピードが落ちてゆく。
「共棲」で舞台は終わる。初めにあったようなすり足のようなステップでダンサーたちが集団で移動していく。一人また一人と、躓いて床にたおれ、動きが止まる。
最後にワンピースのダンサーだけが残り、他のダンサーはみな床に寝てしまった。舞台の始まりの状態に戻ってしまったようだ。「共棲」は「breath」ということであろうか。不思議な余韻を残して舞台が終了した。
ダンサーは学生もいたのだろうか、若さにあふれており、非常に能力が高かったように感じられた。能力の高いダンサーたちが、新しく面白みのある身体の動きを楽しませてくれる舞台であった。
(2009年11月1日 アサヒアートスクエア)