ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2009.02.10]

井上バレエ団の関直人版『くるみ割り人形』

 井上バレエ団は関直人版『くるみ割り人形』を、スペイン出身のヘスス・パストールをゲストに迎えて上演した。
パストールは、ナチョ・ドゥアトのカンパニーで踊り、イングリッシュ・ナショナル・バレエ団のプリンシパルとなり、マシュー・ボーンの『白鳥の湖』でス ワンとストレンジャーを踊る。その後、アメリカン・バレエ・シアターのプリンシパルとして活躍したが、現在はフリーランスのダンサー。シルヴィ・ギエムと ベジャールの『ノモス・アルファ』を踊ったほか、ドゥアト、フォーサイス作品などクラシックのみならず、著名な振付家のコンテンポラリーの作品も踊ってい る。

 関直人版の『くるみ割り人形』は、オープニングで紗幕前にドロッセルマイヤーが姿を現し、一瞬、クリスマスツリーの豆電球を点滅させる。幕が開くと、クララ、フリッツ、シュタルバウム家の父親などが登場し、この日に着る華やかなドレスを披露している。
クララがくるみ割り人形をプレゼントされて、パーティがおひらきなるまでのプロローグは、すっきりと爽やかな印象を残す演出である。
雪の女王は、小高絵美子が踊ったが、よく整えられたきれいな踊りだった。
第2幕のデヴェルティスマンは振付にも、それぞれに工夫が凝らされていたが、トレパックが特に楽しかった。けれどもやはり、金平糖の精を踊った島田衣子 が圧巻だった。バランスといい動きの切れといいほぼ完璧。パストールとのコンビネーションもよく、説得力のある踊りだった。
パステル調でロマンティックな雰囲気に溢れているピーター・ファーマーのセットと衣裳は、品が良く美しい。
井上バレエ団の舞台は、クラシック・バレエの繊細で優美な面を大切にしていて、ダンスはもちろん、演出も振付も細やかに配慮が行き届いている。
(2008年12月23日 文京シビック大ホール)