ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2009.02.10]

K バレエ カンパニーの熊川哲也版『くるみ割り人形』

3_01up.jpg

 K バレエ カンパニーの熊川哲也版『くるみ割り人形』を、怪我のため長く舞台に立てなかった橋本直樹のくるみ割り人形/王子と、荒井祐子のマリー姫で観た。
橋本の登場はじつに鮮やかだった。スプリング仕掛けから放たれたように素早い動きで姿を現し、たちまち観客の注目を一身に集めた。ながらく踊れなかった間に蓄えていたエネルギーを一挙に放出する、復帰後初めての本格的主演舞台である
その橋本の活躍もあって、ねずみ軍VS人形軍の激しい闘いは、たいへん迫力があった。
一瞬、ねずみの魔力が弱まって、くるみ割り人形が王子の姿に戻るシーンなどもあり、目まぐるしくシーンが代わり、まるで夢の中でフラッシュバックを観て いるように感じられる、スピード感のある舞台転換だった。クララに扮した副智美も持ち役らしく落ち着いた動きで、前半のクライマックス・シーンを盛り上げ た。

  二幕目の冒頭ではクララが、執拗に追いかけてきたねずみの王からくるみ割り人形が奪った武器で、世界で一番固いくるみを割って呪いを解く。すると、王子は 醜いねずみ顔から凛々しい本来の王子の姿を取り戻し、マリー姫は永い眠りから目覚め、美男美女のカップルが舞台を華やかに飾った。
クララは祝福を受けて、スチュアート・キャシディ扮するドロッセルマイヤーと喜びのパ・ド・ドゥを踊る。
ドロッセルマイヤーは見事な演技で、このドラマをすべて仕切っていて出番は多いが、ダンスシーンはちょっと少ない。観客としては、元ロイヤル・バレエの プリンシパル・ダンサーの出演にしては物足く思えてしまう。気持ちとしては、デヴェルティスマンの1曲くらいは、ドロッセルマイヤーに踊ってもらいたいと も思う。
人形の王国の結婚のお祝いのダンスでは、ロシア人形を踊った荒井英之と長島裕輔が元気溌剌の踊りを見せた。将来が楽しみな若手男性ダンサーたちである。
グラン・パ・ド・ドゥは、とても橋本の本格復帰第1作とは思えないほどコンビネーションが良かった。橋本としては若干スタミナの不安を感じながらの舞台だったかも知れないが、自信を取り戻したに違いない。
荒井祐子はいつもの歯切れのいい魅力的な踊りで観客を魅了。この二人は、さらに踊り込んでいけば、素敵なパートナーシップを築くに違いない。
(2008年12月24日 赤坂ACTシアター)