ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2008.04.10]

内田香が率いる Roussewaltz の『PICNIC』

コンテンポラリー・ダンス・カンパニー、Roussewaltz の内田香の演出・構成・振付・出演による『PICNIC』が初演された。
ピクニックとは、みんなが出会うところであり、心を解放して活発になったり、悩みを打ち明けたり、あるいは心が沈み込んでしまったり、心と感情の様々な 局面が次々と変化して見えるもの。作者はそうみていると思われる。そして、ピクニックに集った若い男と女の集団をスケッチして、そのフラグメンツを女性8 人男性6人のダンサーが縦横に踊った。

オープニングでは、男性ダンサーたちが観客席を動き回り、声を掛け合う。やがて舞台の背景からいっせいに姿を現した女性ダンサーと喜々として呼び合う。 照明は思い切って客席にも振り、あちらこちらの壁面にもダンサーたちのシルエットを映して、劇場全体を楽しいピクニックの現場の雰囲気に包み込む。
男性ダンサーは野山を駆け回るごとく活き活きと動き、女性ダンサーは時折くづおれたり、赤い椅子を使ったダンスがあったり、と様々のバラエティに富んだシーンが流れる。さらに4組のカップルの踊り、光りのラインに浮かび上がったソロなどが展開する。
女性ダンサーは黒のキャミソールだが、途中でダークグリーンのロングドレスに着替えて心象的なイメージも踊る。

ラストシーンでは、男性ダンサー、女性ダンサーが入り乱れて踊り、背後のスクリーンが上がると、豪華でモダンなシャンデリアが現れ、紙吹雪が舞う。軽やかでリズミカルな心浮き浮きするようなエンディングだった。
映像、照明が明るく斬新で自在に使われている。今回はヒールは出てこなかったが赤い椅子が印象的で、女性は美しく男性は闊達。内田の演出・振付は、師匠の金井芙三枝ゆずりの豪華華麗で贅沢な舞台だった。
(3月18日、めぐろパーシモンホール)