ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2008.04.10]

Tokyo Dance Market 2008の三作品

Tokyo Dance Market 2008が開催され、ナチュラルダンステアトル、UESHIMA theater、Dance Company BABY-Qという三つのカンパニーのダンスがA・Bの2プログラムにより上演された。

Bプログラムを観たので、中村しんじ演出、川野眞子脚本・振付による:ナチュラルダンステアトルは『さーかすII』だった。(Aプログラムの『さーかすI』は川野眞子と笠井瑞丈のデュエット)
刺青を露にした川野眞子のダンスに連れて、はぐれ者風の黒い着物のコール・ドが踊る。日本の社会に正面から参加することのなかった人たちの情念に、人間 の本質的エネルギーがあるのではなないか。「どこかにはみ出してゆかねば、生きて行けなかった社会」に、<サーカス>的な世界を対置したダンスである。
Dance Comoany BABY-Qは、昨年、多摩美術大学図書館アートギャラリーで初演された、演出・出演、東野祥子・大橋可也の『9(nine)』を上演した。
まず、大橋が台車に黒い袋を載せて登場。その袋をゴロリと舞台に降ろす。その袋の中には人間が入っていた。袋から抜け出してきた東野が、中原昌也のノイ ズミュージックが流れる中、踊り始める。大橋は、下手手前にパイプ椅子に座って客席を眺め、しばらくすると踊っている東野には目もくれずに引っ込んでしま う。結局、二人はなにも交わし合うことがなかった。お互いにまったく感心を示さない珍しいデュオだった。
UESIMA theaterは、上島雪夫の演出・振付『中心感覚..』。「起きていたいのに眠くてしようがない・・・眠いのになかなか眠れない・・・」そういった現実の中に生まれる幻想をダンスにしたもの。
マクラを抱えて寝間着姿の上島が登場し、眠ろうとするが眠れない中、様々の幻想の中で中心点を求める。中心に位置して世界を感じたらどうか、というある男の試みのダンスだった。
(3月8日、恵比寿エコー劇場)


ナチュラルダンステアトル

ナチュラルダンステアトル

Dance Comoany BABY-Q
ナチュラルダンステアトルDance Comoany BABY-QDance Comoany BABY-Q
UESIMA theaterUESIMA theaterUESIMA theater