ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2008.01.10]

未國による『幻夜ノ戀(まぼろよのこひ)』

「身体、声、リズム、音、そして異形の物語」を創るというグループ未國が『幻夜ノ戀』を上演した。

第一部は「卒塔婆小町」。山田茂樹が扮する落ち武者のような襤褸の鎧を纏った男が、舞台に設えた台座に立っている。アイスホッケーのゴールキーパーの金ぴかの面を付け、傍らにはスティックまで置いている。ここは死の国、冥界に渡る前の踊り場だという。
圧倒的な声を駆使した前川十之朗の謡そして演出・脚本・音楽、前田新奈の振付、大久保智子の謡と三絃、そして太鼓とキーボードが響く。
前川と大久保の謡が、「卒塔婆小町」の物語を語り、山田のソロが凄絶に男、そして純白の襦袢を纏って女を踊る。シェイプアップされた身体が躍動し、落ち武者の扮装が強烈。ホラーな面を付けるまでもなく、この扮装だけで、日本人のアルカイックな心象に充分に訴える。
前川の謡は、「百夜通い」の恋物語だが、素晴らしい声が圧巻。楽隊の演奏は今様だが、和のリズムを紡いだ。ヴィジュアル、リズム、声、ストーリーとどれ にも「プリミティヴな感性」を強烈に刺激された。能をミュージカル化してみせるかのような舞台だったが、今は絶滅してしまった浪曲的な世界の一部に触れた 想いがして懐かしくなった。

第二部は、「歌舞俗謡」。神話や民謡あるいは原初などを題材とした謡と楽隊の曲に乗って、前田新奈振付のダンスが展開する。情念に狂う異形の美をみせる振付が多く、前田と桑原文生の踊りが印象に残った。
(12月8日、六本木 オリベホール)
「卒塔婆小町」