ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2007.08.10]

グルジア国立バレエ団『白鳥の湖』

グルジア国立バレエ団『白鳥の湖』

グルジア国立バレエ団では、ロプホフやチャブキアーニ、コンスタンチン・セルゲイエフなどによる『白鳥の湖』が上演されてきた。その後、アナニアシヴィ リが芸術監督となって、アレクセイ・ファジェーチェフが演出・台本改訂、振付改訂を行った新しい『白鳥の湖』がレパートリーとなっている。
ファジェーチェフ版は、『白鳥の湖』の最終的なリハーサルを行っているスタジオから始まる。コール・ド・バレエのワルツのリハーサルが行われるが、ジー クフリート役のプリンシパルは、自身のヴァリエーションが思うように完成しない。本番で着る衣裳が運び込まれたり、パ・ド・トロワが踊られる。リハーサル を指揮する芸術監督は、プリンシパルの踊りに満足していない。彼は困惑し疲れて、スタジオに床でまどろんでしまう。
そこでプリンシパル・ダンサーは、夢を見てジークフリートとなり『白鳥の湖』の世界を体験する、というストーリーである。
 自由気ままな青春に別れを告げ、王として国を治めるために結婚を迫られるジークフリートの苦悩を、バレエダンサーの芸術的苦悩に変え、観客に白鳥の舞う 幻想の世界へ入りこんでいく通路を与える、演出である。導入部以外の物語は同じだが、芸術監督はロットバルトとなって彼の夢の中に現れる。
ラストシーンでは、プリンシパル・ダンサーがスタジオで目覚めると、オデットの姿が目に映る。それは現実のバレリーナなのか夢の中の白鳥なのか・・・というエンディングである。
なかなか洒落た設定ではあるが、愛と裏切り、というような展開は、夢の中で体験するにはあまり相応しい出来事とはいえないのではないか、という印象は持った。
見所は、やはりニーナとウヴァーロフが踊った黒鳥のパ・ド・ドゥだろう。アナニアシヴィリの踊りは、安定感、スピード、華やかさ、どれも衰えを知らない 見事なものだった。ウヴァーロフは柔らかいステップと気品のある動きで、手際よくまとめていた。
(7月22日、東京文化会館 )