ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

佐々木 三重子 text by Mieko Sasaki 
[2007.08.10]

東京バレエ団『ラ・シルフィード』

東京バレエ団がロマンティック・バレエの傑作、『ラ・シルフィード』(ラコット版)を上演した。ダブルキャストのうち、近年、海外での活躍が目覚ましい吉岡美佳と、ジェイムズは初役という木村和夫のペアを観た。
シルフィード役の吉岡は、コケティッシュな印象はそう強く押し出さず、しっとりとした輝きを漂わせていた。木村は、意固地で、いかにもストレートに感情 をぶつけてしまう青年といった役作りで、ジャンプにも硬質な感触が見てとれた。婚約者エフィー役の西村真由美は、喜びや戸惑いなど、揺れ動く心を自然体で 素直に表現していた。
エフィーとジェイムズの間にシルフィードが割って入るパ・ド・トロワは第1幕の見せ場だが、ジェイムズと踊りながら相手の素振りに不自然さを感じるエ フィーと、彼女に気付かれないように用心しながらジェイムズの気を引くシルフィードと、二人の間で揺れ動くジェイムズと、それぞれの心の内が微妙なバラン スでダンスに織りなされ、実にスリリングだった。ただ、木村のジャンプは、この場面では少々力強すぎたかもしれない。
うっそうとした森の中が舞台の第2幕では、吉岡がふわりとしたジャンプやバランスに一層の安定感を見せ、木村も思い切りのよいジャンプで心の高揚を伝えていた。木村は、もっと踊り込めば、足先の細かな表現も自然に備わるだろう。
ほかに、高村順子と古川和則が柔らかな足さばきで第1幕のパ・ド・ドゥを踊った。魔法使いのマッジは平野玲が演じたが、第2幕では空気を揺らさんばかり の気迫のこもった動きでジェイムズへの激しい復讐心を表出し、舞台を引き締めた。繰り返し上演してきた作品だけに、手堅く卒のない展開で楽しめた。
吉岡美佳、木村和夫吉岡美佳、木村和夫、西村真由美
(6月29日、ゆうぽうと簡易保険ホール)