ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

佐々木 三重子 text by Mieko Sasaki 
[2006.04.10]

〈ユカリューシャII〉:セルゲイ・フィーリンを迎えた『ジゼル』

「ユカリューシャ」の愛称で親しまれている東京バレエ団のトップ・プリマ、斎藤友佳理が、ボリショイ・バレエ団のダンスール・ノーブルとして評価の高いセ ルゲイ・フィーリンをアルブレヒト役に招いて『ジゼル』(ラヴロフスキー版)を上演した。ジゼルは彼女の当たり役だが、今回は演技に一層の磨きがかかり、 フィーリンとの息遣いもしっとりと合い、東京バレエ団の好演もあいまって、平成16年度の芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した記念公演の第二弾にふさわし い、充実した舞台になった。 

斎藤はアルブレヒトへの想いを全身で表す。彼の元に近づきたいと思いながら、つま先立ちでこらえて恥らいを見せるといった細やかな演技を積み重ねて繊細 な心理を伝え、彼への恋心を次第に強く募らせていく。その柔らかなジャンプからは、ジゼルの優しさや恋する喜びが伝わってきた。正気を失うところも自然 で、彼女が受けた衝撃が共感できた。ウィリになってからの姿は宙に漂うようにはかなげで、アルブレヒトへのしのばせた愛を漂わせて悲しみを誘った。フィー リンは、すらりと伸びた美しい脚、柔軟な動きで魅了した。斎藤の動きの一つ一つに反応し、彼女を優しさで包み込む。身分を隠した後ろめたさを、ジゼルへの ストレートな恋心で押し切ってしまったという感じだ。それだけに、幸せ一杯の斎藤との前半のデュオと、魂が共振するような幻想的な後半のデュオの対比が生 きていた。特に、フィーリンが後半で見せた律動的な跳躍は絵画的で印象に残った。

木村和夫はヒラリオンの役をすっかり手中に収めたようで、踊りの切れも鋭く、ジゼルへの燃える純朴な想いを直截に表現してドラマを築いた。ミルタ役の井脇 幸江は、二幕冒頭のソロで、ウィリとなった哀しみを全身に滲ませて秀逸。ウィリたちを従える後半の峻厳さとの対比が際立った。跳躍や回転技を織り交ぜた四 組の男女による「ペザントの踊り」(ここはワシーリエフの振付)やウィリたちの群舞は、バレエ団のレベルの高さを示すもの。総じて完成度の高い公演だっ た。
(3月22日、ゆうぽうと簡易保険ホール)


※画像をクリックすると拡大写真がご覧になれます。